「築地情緒そして月島」カテゴリーアーカイブ

石臼碾きそば「つきじ 文化人」で雲丹の冷かけ牡蠣せいろ豆腐蕎麦に芹蕎麦もいい

bunkajin何時誰がそう呼び始めたのかは不明ながら、裏築地と呼ばれるエリアがある。
表通りからは離れた裏っ側なイメージは、築地七丁目辺りがその呼び名に一番相応しいかもしれません。
そんな裏築地・築地七丁目。
魚料理「はなふさ」と同じブロックにあったのが、石臼挽き二八蕎麦「土星庵」。
手挽きの旨い「もり」や綺麗にひかれた出汁の「冷やかけ」がイケていた「土星庵」の蕎麦。
ちょこちょこ通おうと思いつつ暫くしたら、いつの間にかなくなってしまっていた、それは幻の蕎麦店なのでありました。

そんな「土星庵」が名前を変えて、
築地の別の場所で営んでいると知る。bunkajin01「布常更科」の暖簾も程近い、
松竹スクエアとコンワビルの間の道の歩道に、
「手打ちそば」と謳うスタンド看板が見付かりました。

潜った暖簾の右手には、
大きくてがっしりした捏ね鉢を据えたテーブルがある。bunkajin02その脇に綿棒が纏められているところをみると、
この場所で蕎麦を打っているのでありましょう。

お好きな処へどうぞと促されつつ、
正面のカウンターの一席へ。bunkajin03頭上の下がり壁には、
その日打った蕎麦の産地が掲示されています。

陽射しギラッとしたある真夏のおひる時。
いただいたのはなんとも贅沢な「雲丹の冷やかけ」。bunkajin04bunkajin05冷やかけの汁に「土星庵」のあの夏の日を思い出す。

明礬の気配なき雲丹の甘さと滋味漂う手打ちの蕎麦の風雅に、
細やかに刻んだ海苔の香りが追い掛ける。bunkajin06bunkajin07どっしりした器にも何気ない拘りを感じさせて、
美味しさを更に後押ししてくれます。

季節は移ろい深まった秋の或る日のこと。
店先の品書きでお薦めの「旬のそば」には”牡蠣”の二文字。bunkajin08お願いしていた「牡蠣せいろ」のお膳が目の前に届きました。

頭上に貼られた短冊を見上げると、
富山県南砺産の秋新そば十割とある。
仄かに翠がかった端正な蕎麦が美しくも美味しそう。bunkajin09bunkajin10雅にして高貴な鉄色の椀には、
自慢の出汁の汁に浮かべたぷるふるの牡蠣。
さあ目を閉じて味わいましょう(笑)。

年明け早々、4日のひるに築地に行ってみた。
休場の明けない築地は当然のように閑散としていて、
営業している店がほとんどない。bunkajin11試しにと「文化人」の前の道を覗くと、
「新そば」の幟が新年の風にはためいてる。
なんだか救世主がここに!みたいな心持ちになりました(笑)。

その時にいただいたのは、
こちらのスペシャリテのひとつ「とうふそば」。bunkajin14緩くあんのかかった汁の上に浮かんだ、
お豆腐は自家製のものだという。
硬めにニガリを打ったお豆腐は、
北海道産の大豆の魅力がそのまんま活きている感じのする。
途中から添えてくれた黒七味で風味を増してみる。
これもまたお供にして呑めそうな、
そんなお蕎麦の器で御座います。

そして、春の気配も忍び寄り始めた今日この頃。
これまた旬の蕎麦をいただきに足を向けました。bunkajin15bunkajin16例のお椀の蓋を外せば目に映るのは、鮮やかな緑色。

一面にそして綺麗に載せられたのはそう、芹の緑色。bunkajin17「芹そば」と云えば、
ご存じ「泰明庵」の根っこ入り「せりそば」が有名処。
野趣の押し出し具合ではやっぱり「泰明庵」のそれにやや軍配なるも、
此処でもたっぷり春の息吹を感じさせてくれました。

裏築地の「土星庵」から転じて「文化人」と名乗る、
石臼碾き蕎麦の店が築地の一角にある。bunkajin18Webページによると、
店名”文化人”の由来は、「文化と人が集まる場所」。
ここで云う”文化”とは、
“そばという食文化、和の文化”のことを指すという。
頑なな求道系蕎麦店ではなく、
拘りの加減が粋にしてちょうどよい、そんな安心感がいい。
旬のつまみとお酒、そして旬の蕎麦。
そんな愉しみ方も勿論、ですね。

「つきじ 文化人」
中央区築地1-12-16 プレミアム銀座イースト1F [Map] 03-6228-4293
http://www.bizserver1.com/bunkajin/

column/03660

洋食とんかつ「小田保」で牡蠣混合生姜焼き焼豚玉子に鮪刺身カツ咖喱に牡蠣混合

odayasu中国人観光客の多寡によって混雑の度合いが変わっているような気もする築地場内、魚がし横丁。
想像を超える長時間に亘って行列のひととならないとカウンターに辿り着けないことでも有名な「寿司大」を擁する6号館前の通路や、そこからふた筋向こうの8号館前の通路は、飲食店の並ぶ場所ゆえに時に大混雑の様相を呈することが少なくない。
築地市場移転までが一年を切ろうとしていることもその混雑に拍車を掛けていることでしょう。

市場橋門から入り込み、
冷蔵庫棟の脇を抜けてゆく。odayasu01いつもの場所にターレが停まっている、
こんな何気ない風景もいずれ失ってしまうのかと思うと、
それはそれで寂しさと儚さを感じざるを得ません。
新しい市場では、いまと同じように、
ターレが近くを走るような環境になるのかもよく判りません。

このところちょこちょこ寄せてもらっている店のひとつが、
魚がし横丁6号館の洋食「小田保」。odayasu02左手に小さなテーブル3卓があり、
右の壁に向かってカウンターが設えてあります。

季節が神無月となってすぐには、
こいつを目指して足を運ぶ。odayasu03いまや小田保名物のひとつと呼ぶひともいるであろう、
ご存知「カキミックス」。
カキフライのみの定食として、
一本気であることを示そうと試みるも、
カキバターの魅力にも抗えず、
必ず「カキミックス」となってしまう(笑)。
ああ、秋の深まりと忍び寄る冬を知らせるに、
もっとも相応しき滋味とその手練。
大きすぎないこの時季の牡蠣も好物なのであります。

やっぱり気になるのが、
Gigner師匠もずっと以前に召し上がっておられた「生姜焼き」odayasu04わらわらっと重ねられた薄切り豚ロース肉たち。
縁取りのよく焼け部分の芳ばしさが妙に誘う食べ口。
細かく刻んだキャベツが生姜タレに浸って、
それもまた妙に美味いのです。

ちょっと懐かしい気分も誘うのが、
ご存知「チャーシューエッグ」。odayasu05odayasu06その厚みや蕩け具合で定番となっているであろう、
「八千代」のそれのドドーン!という威容とは、
また違う佇まいと表情のヤツ。
崩した玉子と渾然となった焼豚の美味さに文句なし。
ハムの代わりに厚切りチャーシューを使いました、
というそんな意味での正統派を思うのでありました。

そうそう「小田保」の入口ドアには、
小さな貼紙でこんなことが示されている。odayasu07“NO-Sushi”。
寿司はありませんとわざわざ断っておかないと、
何で寿司がないのかと席に収まってから云い始める輩が、
少なからずいるということなのでしょう。

そんな”No-Sushi”にして、 洋食・とんかつの店「小田保」にあっては、
少々特異なメニューもあったりする。odayasu08odayasu09それは「マグロ刺身定食」。
厚切りのビントロあたりがドドンと盛られてなんだか嬉しい。
「小田保」で「マグロ刺身」は、
決してシュールではありません(笑)。

カウンターの一番の奥に席を得たおひるには、
「カツカレー」の気分になる。odayasu10「小田保」でとんかつを食べたことが、
今までなかったことに今頃気付く。
やや油の温度の高目を思う揚げ口が、
濃度たっぷりのカレーと相俟ってジャンクな旨さ。
なんだかちょっとクセになりそう。

年を改めたところでふたたび、
「カキミックス」が食べたくなる。odayasu11odayasu12牡蠣の身が幾分かぷっくりして、
もう十分に花開き実を結んでいる。
齧って弾ける磯の旨味に濁りなし。
やっぱり、旨いや(笑)。

魚がし横丁6号館の真ん中に、
肉と魚介と揚げ物とフライパン料理の「小田保」がある。odayasu13「エビ丼」「ふぐカツ丼」「穴子丼」に、
「メカジキバター醤油」「帆立オムレツ」「焼肉」などなど。
まだまだ、いただきたいメニューが目白押し。
市場の移転までに間に合うでしょうか(汗)。

「小田保」
中央区築地5-2-1 築地市場 魚がし横丁6号館 [Map]
03-3541-9819

column/03653

季節料理「魚竹」で秋の魅惑いくら丼と銀鮭の親子秋茄子煮含む鰹のアラの汁

uotake築地警察署の斜め向かいにある、エメラルドグリーンのファサードが印象的なバー「PASTIS」。
そこで、温泉玉子トッピングの「インド風チキンカレー」をいただいた帰り道。
そろそろかなぁなんて考えながら近づいた「魚竹」の暖簾の脇に「生いくら丼始めました」の貼紙を見つけました。

その週明けのおひるに早速、築地警察の通りにいた。
いつも以上に足が急くのは何故でしょう(笑)。

「生いくら丼」の貼紙を改めて確かめてから、
その日の品書きが載るスタンドを横目にして、
暖簾を払います。uotake01前の週の暖簾は、涼やかな白の絣の暖簾であったものが、
藍染の暖簾に代わっていました。

ちょうど空いていた一席に滑り込んで、
銀鮭焼きと生いくら丼のセットをお願いします。
去年は鯖塩とのコンビだったけど、
今年はとうとう鮭の親子膳と洒落込むのです。

いくらを収めた硝子容器の蓋を回し開け、
丁寧に仕込んだであろういくらを匙で掬い、
大振りの茶碗によそったご飯の上に大胆に鏤める。
いくらの上に細かい短冊に刻まれた海苔を添えて、
小鉢をお盆に揃える。
大将のそんな所作を眺めるのも愉しいひととき。uotake02煌く宝石の如きいくらのどんぶりが、
眼前にやってきました。

やおら、ご飯ごと箸に載せ、
大き目の口を空けて、口腔に含み、歯を動かす。uotake03期待通りにぷちと弾けて、
期待通りに澄んだ旨味と風味が炸裂する。
ああ、至福の瞬間でありますね(笑)。

どっこい端正に焼き上がった銀鮭も、
いくらに負けない魅力でじわっと迫る。uotake04塩辛いだけの新巻を喰わされて、
鮭が嫌いになるひとがいるとかいないとか、
そんなことを聞くこともあるけれど、
これを口にすれば、
そんな呪縛から開放されること請け合いだ。

週末を跨いでふたたび築地警察の通りにいる。uotake05カウンターの隅に座れば、
耳元の品書きが、夜にもおいでよと囁きます(笑)。

この日もまた秋らしい膳「秋なすとかつおあら煮」。uotake06煮染めるたかつおのアラの身を、
骨からこそげるようにして齧り喰らう。
アラの煮汁を吸った秋茄子はとろんとして、
はちきれんばかりにふっくらと汁を湛えてる。

そっと噛めば溢れるエキス。uotake07鰤大根の大根に負けない、
秋の主役がここにもありました。

季節を追うようにして美味しい魚をまっしぐらにいただける、
ご存知「魚竹」ここにあり。uotake08場内で妙な行列に加わるくらいなら、
ここを目指すのが数段潔い、なんて思ってしまう。
寒くなるにつれ、
魚介の魅力がもう一歩またもう一歩と増してくると、
「魚竹」の魅力も深まってくるって、
どうやらそんな寸法になっているようです。

「魚竹」
中央区築地1-9-1 [Map] 03-3541-0168

column/03617

築地バー「PASTIS」でランチカレーはインド風チキンとホルモンの薬膳サラサラ系

pastis市場通りの築地三丁目信号から築地警察署前を経て、昭和通りの銀座東二丁目信号へと抜けていく通り。
「築地木村家」の前を通って、鉄板焼「Kurosawa」の路地を覗き、「紅蘭」の草臥れた紅い看板を確かめる。
宮川食鳥鶏卵の看板建築を眺めながら信号が変わるのを待って、つきじ「宮川本廛」を横目に横断歩道を渡り切る。
ご存知「魚竹」から漂う気風を感じつつ、「新三浦」築地本店向かいの東京チャイニーズ「一凛」のファサードを一瞥。
築地警察署が近くの角地にあるのが、築地バー「PASTIS」であります。

水垢にひと皮覆われた昼間の「PASTIS」。
くすんでなお目を惹くエメラルドグリーンの壁が印象的です。pastis01仕事帰りに寄り道した図書館の帰りには、
橙の灯りを点したバーの佇まいに、
ちょろっと惹かれていたりした。

ランチはどうなのだろうと店先の黒板を屈み込んで読む。pastis02黒板には「インド風チキンカレー」と「ホルモンカレー」の、
ふた品のみが示されています。

横手の入口から入ると、
正面にふたたびふたつのカレーメニューを書き込んだ黒板が待つ。pastis03短髪の兄さんがひとりで切り回している様子ゆえ、
セルフサーブル前払いの必然の構えでありましょう。

窓際の席に佇めば、
硝子越しに築地警察署の建物が見える。pastis04呼ばれてから腰を上げ、
オーダーしていたお皿を受け取ります。

ありそでなさそな「ホルモンカレー」に、
オプションのサラダを添えてみた。pastis05平皿に広がったカレーは成る程、
サラサラとしていそうな、そんな湖面の表情をしています。

スプーンに掬って口に含んだカレーは、
見た目通りのサラサラ具合。
バシャバシャではなくサラサラだと思わせるのは、
そこにスパイスの粒子を感じさせるから。
新鮮な鶏ガラからとったというスープに、
薬膳ちっくに幾つかのスパイスを織り込んで、
小麦粉主体のカレーとは、
当然のように異なる食べ口になっている。

そんな湖面に適宜浮かぶは、小腸あたりのザ・ホルモン。pastis06ホルモンが苦手なひとには、
スパイシーな風味があれどもウムムとなりそな、
直球系のホルモンな味もする。
それが醍醐味だと思いましょう(笑)。

別のおひるには、
「インド風チキンカレー」を所望する。
温泉玉子をトッピングしてみましょう。pastis07それは、王道チキンカレーのひとつとして素直にいただける。
辛さにばかり着眼した、ヒーヒー系ではなく、
食べ終える頃からじんわりと熱くなる加減もいい。

名店「デリー」のさらさらカレーと比べたりすると、
スープの出来も、粉っぽさの熟れ具合も、
引けを取るのかも知れないけれど、
なんだか時々、思い出しては食べたくなりそうな、
そんなカレーで御座います。pastis08肉大盛りに千切りキャベツを添えたりなってこともありました。

ランチとは別の黒板を眺めると、
いい感じに揃ったバールメニューが並んでる。pastis09その日のグラスワインもしっかり提示されています。

築地警察署斜め向かいに、
ランチはカレーの築地バー「PSTIS」がある。pastis10パスティスといえば、
水に割ると白濁するあのリキュール。
アブサンabsintheの代替品として作られたことで知られるもの。
外壁を彩るエメレルドグリーンはもしかしたら、
アブサンの緑色をモチーフとしたものなのではなんて、
思ったりしています。

東京都中央区築地1-8-1 泉ビル [Map] 03-5565-9365
http://tsukijipastis.seesaa.net/

column/03607

中華「やじ満」で手作り焼売に牡蠣や浅蜊の季節らーガッツリ豚の生姜焼き丼もいい

yajima築地場内、魚がし横丁が大賑わいしているおひる時。
おおよそどこのお店の前にも行列が出来ていて思案顔になる。
そんな時につきじろう師匠も選択肢のひとつとしているのが、10号館にある「磯野家」の二階の方。
ここは比較的観光客比率が低くて、間がよく数席の空席が見つかる確率が高かったりします。
そしてその「磯野家」の次あたりに思い浮かべるのが、「米花」「髙はし」や「かとう」「鮨文」に並ぶ8号館の中華「やじ満」だ。

カウンターに空いた丸椅子を見つけて腰を下ろすと、
カウンターの懐が狭いので両膝が幕板にぶつかって、
おのずと両足を開く格好になる。yajima01yajima02両隣にお客さんがなければいいけれど、
そうでないとひとりで両脚広げて場所とっていられないので、
膝を幕板に押し付けて前のめる感じになります。
これもまた間口の狭い場内の店ならではのことだと、
ちょっぴり愉しくなる瞬間です。

開口一番で註文するのはやはり、
やじ満名物と謳う「手作りジャンボ焼売」。
一人前4個に対しての二個載せの「半個」でいくのが常。
オバちゃん、時にオネエさんが奥の厨房に、
ゆっくりと大きくハキハキとした口調で、
シューマイハンコ、とオーダーを通してくれます。

崎陽軒のそれと比べれば、三倍容量はあろうかという、
成る程、やや大振りのシューマイ。yajima03芥子醤油をちょん漬けして口に含むと、予想以上の柔らかさ。
粗挽き肉で肉々しさをというよりは、
緩めに仕立てたあんを愉しむ焼売でありますね。

店先に吊るした紙には、創業67年の味とある。
豚肉と玉葱のみの優しい味ともある。
余計なものを仕込んでいない素朴さが真骨頂なのであります。

「手作りジャンボ焼売」半個のお供といえば例えば、
シンプルに「中華そば」。yajima04鶏ガラや野菜由来かと思しきスープに醤油の利いた、
細麺似合う屋台ちっくなドンブリがいい。
結局コレでいいんですよと、そんな感じの一杯だ。

冬場にここに来たなら冬季限定「カキらーめん」。
ぷっくりした牡蠣の身とニラとがたっぷり載った塩仕立て。yajima05人気No,1と謳う「ニラそば」の派生系とも思う自信の一杯は、
なかなか滋味深いスープになっている。
広島産と訊くこの日の牡蠣は、たまたまなのかアカン海域の味がした。
それがちょっと残念でもありました。

そんな、冬場の「カキらーめん」の時季が過ぎると、
季節は「あさりらーめん」のものとなる。yajima06同じベースのらーめんではあるものの、
ぐいとくるカキらーめんに対して春めいた装いなのは勿論、
牡蠣と浅蜊のキャラの違いによるものなのでしょう。
生姜の風味もそっと利いている、
「あさりらーめん」にはバターを足すのが吉であります。

黄色が目立つ品札のひとつで、
ガッツリ行こうよ!と誘うは「豚の生姜焼き丼」。yajima07ドンブリになった生姜焼きってのも面白いなぁと註文すると、
それは成る程、ラーメンどんぶりにしっかり盛られたガッツリ仕様。
しかも、オバちゃんからご自由にどうぞと手渡されるのは、
大振りな業務用のマヨネーズ。
隠れマヨラーとしてはどうしても、
これまたたっぷしドンブリに注入してしまうじゃありませんか(笑)。

そしてそんなマヨネーズが辛めに味付けた豚肉に絡んで、
最高のマリアージュを演じ出す。yajima08思えばこれも「焼売」に同じく、豚肉と玉葱のみ。
かっ喰らうよな生姜焼きが場内にあるってGingerちん知っているかなぁ。

“味の開発”と前のめりの副題がついていたのに挽かれて註文したのが、
「塩ニラやきそば」。yajima09麺は同じ細ストレート麺。
ウスターソースどっぷりの焼きそばよりも、
断然好みのタイプなのだけど、
もうひと声ニラの加勢が欲しいとも思うところ。
でもまた註文んでしまうかも(笑)。

なんだかとっても落ち着く場内の中華といえば、
魚がし横丁8号館の「やじ満」のこと。yajima10新富町「松し満」、木挽町「小や満」と同様に
矢島さんちの屋号が「やじ満」となったとお見受けするところ。
また来る時季には「カキらーめん」の味を確かめにお邪魔します。

「やじ満」
中央区築地5-2 築地市場 魚がし横丁8号館 [Map] 03-3541-0729

column/03605