Mussel & Seafood「Aotea Rangi」

aotea.jpg以前から気になっていた”Mussel”の「アオテア・ランギ」へお邪魔です。濃緑色なテント下のテラス部分は、すっかり囲われて寒さ対策が施されていました。一番奥の赤いソファーの据えられたテーブル席へ。サーバーから注がれた「ギネス」で乾杯してから、早速”Mussel”をいただきます。Steamedタイプから「にんにく香草バターソース」、Bakedタイプからグリーンマッスルの「香草パン粉焼き」を各人ひとまず2個づつ、お願いしてみる。アルミの手鍋からムール貝を引き揚げて、両手でさらに開いてからフォークを身と殻の間に差し込みガッシを引き剥がす。これがなかなか容易に剥がれない。あんまり力んで貝を飛ばしてしまってもなんだしぃ…、専用のカトラリーがほしいなぁ…、などと云い合いながらガシガシと、そしてペロリと食べてしまう。全然足りないや、と追加した「アマトリチャーノソース」は、辛味を加えたトマトベースのソースが旨味を上手に引き出してくれるようで、さらにウマイ。グリーンマッスルは、落とした照明の店内でこっそりライトを当ててみると、確かに緑色をしているのが分かります。酸味の後から蜂蜜を仄かに思わせる甘味が届く、リースリングの「Omaka Springs Marlborough Riesling 2003」あたりをお供に、本じこう、赤はつ茸、なら茸、くり茸、鹿の舌と聞き慣れないキノコの名が並ぶ「新鮮!原田さんの採ってきた野生のきのこの蒸し焼き」や「ニュージーランド産フレッシュ・オイスター」も平らげる。そうね、ムール貝は沢山食べれそうだというのが分かったので、今度はバケツで貰おうと思います(笑)。 「Aotea Rangi」 渋谷区恵比寿1-21-18 03-3447-1496 http://www.unitedf.com/aotea_rangi/
column/01674

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*