「南北インドとカレーの店」カテゴリーアーカイブ

Restaurant Bar「馬酔木」でさらさら粒子のコクが旨い馬酔木カレーに出会う

ashibi京葉線に乗って千葉みなとまで下って、そこからモノレールでとことこ千葉駅まで。
タウンライナーと呼ばれる千葉都市モノレールに乗るのは果たしていつ以来のことかまったく思い出せない。
でも、初めてではないような気はする。
そこから外房線の高架に沿うように進むと、それ相応の賑わいのあるエリアを通ることになる。
千葉駅周辺の繁華街というのはこの辺りになるのだろうかと考えなら足を運ぶと、千葉街道と標識のある通りに出た。

交叉点を渡ったところでふと振り返ると、通りの向こうに大きくて無機質な三越の立体駐車場棟が目に映る。ashibi01その並びの木立の陰に、なにやらどこかの洋館のような煉瓦色の建物が覗いていました。

横断歩道を戻って正面に立ってみると、成る程フェイクでない煉瓦を積んだ建物には、周囲と一線を画すようなちょっとした風格がある。ashibi02意外や中央の階段の奥は「大将軍」という焼肉店のようですけれど(笑)。

左右にシンメトリーに設けられた地階への階段を覗くと、煉瓦の壁とカラフルな硝子を填めた窓辺が見える。ashibi03中央の階段の真下に地階のお店の入口があるようです。

煉瓦で囲んだ地階のアプローチを入ると、なにやら木彫りの御仁が迎えてくれる。ashibi04御仁が跨った樽の前のプレートにはこうある。
この像は、ガンブリヌスといい、ヨーロッパで“ビールの王様”と云われています。
彼が実在の人物であったかどうかは定かではありませんが、16世紀にそれまで薬草で香りをつけたグレートビールに代わって、ホップをつかったビールの普及に力を尽くした。
このガンブリヌスの像をみていると、心からビールを愉しんでいる様子が伝わってきます。

入り込んだ店内はやや暗く、しっとりした雰囲気のバーカウンターが目に留まる。
案内に従ってさらに奥へと進んで窓際のテーブル席へ。ashibi05改めて様子を窺うと、スピーカーやスポットライトの吊るされた辺りにアップライトピアノが置かれてる。
ちょっとしたライブも催されるのかもしれないね。

窓辺のテーブルには、外から眺めたカラフルな硝子の色を受けて、グラスが虹色を帯びる。ashibi06なんだか綺麗じゃんとオジサン、独りごちる(笑)。

「馬酔木」のランチメニューは、特選和牛ハンバーグステーキ、ドリア、シーフード、パスタなど日替わりを含めて8種類ほど。ashibi07セットの南瓜のポタージュスープには、出来合いのものとはちょっと違う、そんな美味しさが漂います。

ランチメニューから選んだのは、店の名を冠した「馬酔木カレー」。ashibi08ヤングコーンやサヤインゲン、皮目に包丁の細工のある茄子、パプリカといった素揚げ野菜のトッピングの向こうにしっかりした色目のサフランライスが顔を覗かせています。

やおらスプーンを動かすとこれが、意外といっては失礼なほど上等に美味しい!ashibi09さらさらとしつつ、しつこくないコク。
油脂の重たさがない代わりに、丁寧に炒めたであろう小麦粉やスパイスの粒子が旨味を孕んで優しく迫る。
いやはや、いままで食べた中でも特に印象に残る、旨いカレーだ。
千葉駅近くの街角の、専門店でもないレストランで、こんなカレーに出会えるとは思ってもいませんでした。

千葉街道と外房線の交差するあたりの煉瓦造りの洋館に、
レストラン・バー「馬酔木」がある。ashibi10何気なくWebサイトを眺めて愕いた。
こちらの創業者は、昭和40年に市場町にて「喫茶馬酔木」を夫婦二人でオープンし、昭和47年には螺旋階段のある店として有名となった2号店を新町に開き、千葉県下では初のジガーバーをもオープンしてしまう。
昭和52年に開いたシブい風情の酒場、串揚処「馬酔木亭」に続いていよいよ、ニューイングランド風と謳うこの煉瓦造りの洋館に移り、喫茶、ビアレストラン、バーの3つの異なった空間を供していたらしい。
今は焼肉店となっているところももしかしたら「馬酔木」の一部だったのかもしれませんね。

「馬酔木」
千葉市中央区富士見2-5-5 B1F [Map] 0432-22-3838
http://www.ashibi.co.jp/

column/03564

メインダイニング「THE FUJIYA」で花御殿の佇まい素敵なコンソメ優しきカレー

thefujiya1_00お正月休みに箱根に行こう。
そんな良案を具体化しようと随分とご無沙汰の箱根界隈についてガイドブックなんぞを手にしてみる。
ページを捲っていると、ずっと以前に箱根へゴルフに行った時のことを思い出した。
それは確か、12月の初旬くらい頃。
箱根園だったか、湯の花高原だったか。
曇天の雲の下到着したゴルフ場は既に冷蔵庫の真っ只中。
頬を切る風に震えながらティーオフしたものの、
まさにゴルフどころじゃない感じ。
地面から深々と冷え、小雪がはらはら舞う中でひと息つけると飛び込んだ休憩小屋が、まるで雪山の避難小屋のような光景だったことを妙に鮮明に憶えています(笑)。

その帰り道だったか、芦ノ湖方面からの寄り道だったか。
宮ノ下を通りかかった時に横目にみた、
老舗ホテルの佇まいも妙に脳裏に残ってた。
そんなこんなで結局、数ある箱根のお宿の中から選んだのは、
「富士屋ホテル」でありました。

予約を入れようとしてはたと気づいたのは、
正月の箱根といえば駅伝があるってこと。
駅伝を絶対に見たいならまだしも、実は駅伝には全く興味がない(笑)。
駅伝で交通規制が敷かれて、かつ沿道にひとが集まるところへノコノコ出掛けていくことは避けて、復路が通り過ぎて落ち着いた頃ならよかろうと、宿泊の予約を入れたのでした。

6月に開通した圏央道で高尾山の下を潜り抜け、スイスイと海老名まで。
海老名のJCTでちょっと滞ったもののそのまま小田原厚木道路に抜けて快調に進む。
オダアツでは真っ白に化粧した冨士山が雄大な顔を覗かせる。
実にすんなりと箱根湯本の駅を通り過ぎ、早川に沿っての山登り。
母親らを乗せた車は、無事ホテル前にと到着しました。thefujiya1_01富士屋ホテルは今、国際興業グループの一員なのですね。

登ってきた、国道一号線から踏み入った小さな太鼓橋から見上げるのは、明治24年(1891年)建造の本館のファサード。thefujiya1_02thefujiya1_03左手を仰げば、あの日眺めた和装の建物が冬の凛とした空気の中に佇んでいました。

その名を花御殿。thefujiya1_04昭和11年(1936年)に建てられた建物は、
登録文化財にして近代化産業遺産。
寺社建築を思わせる千鳥破風付きの入母屋と校倉造りを模した壁を特徴とする建物で、海外からの客人たちにも「フラワーパレス」として親しまれている、という。

本館のフロントで手にした部屋の鍵には、
大きな木製のキーホルダーがついている。thefujiya1_05そこには、少々立体にもみえる梅の木の絵が描かれてる。
これだけのサイズがあれば、そうそう失くすことはできないね(笑)。

梅の木の絵のある扉を押し開けた客室は、
古風な中に老舗の風格を滲ませるもの。thefujiya1_06長押の額にも梅の木の絵が飾られています。

開け放った窓からは、紅い手摺りの向こうに本館、
そして食堂棟が臨める。thefujiya1_07えっと、冨士山はどっちの方向かな。

富士屋ホテルは、増築を繰り返して今の姿になったそうで、他にも西洋館、フォレスト館、カスケードルームといった建物があり、通路・廊下で繋がっている。
花御殿から本館方向へと進む廊下には、嘗てホテルを訪れた著名人たちのモノクロ写真がパネルにして飾られている。thefujiya1_081932年の日付とサインのある、テニスラケットを手にしたチャーリー・スペンサー・チャップリンやオノ・ヨーコ、ショーンと一緒のジョン・レノンの姿などなど。 ヘレン・ケラーは手形を残している。

それらを覗き込んでから、
白い壁、赤い絨毯の廊下をずずいと歩み往きます。thefujiya1_09

ちょろっと覗いた本館の階段もなかなかの風格。thefujiya1_10決して華美ではないところにグッときます(笑)。

フロントの前を通り過ぎて進むは、食堂棟のアプローチ。thefujiya1_11欄干の飾る板の間の通路で向かうレストランなんて、
そうそうあるものではありません。

富士屋ホテルのメインダイニングルーム「THE FUJIYA」のランチは、
カレーコースが軸になっている。
ビーフにチキンにシーフード。
伊勢海老カレーに鮑カレーなんてのまで用意がある模様(笑)。
素直に「ビーフカレー」のコースをお願いしましょう。

麦酒の小瓶をいただいて、届いたコンソメは深い琥珀色。thefujiya1_12誤魔化しの片鱗もない真っ当な美味しさを思う、
素敵なスープなのであります。

コンソメに映っていたランプの煌きに誘われるように頭上を見上げる。thefujiya1_13チーク材を多用したメインダイニングルームの高い天井には、
高山植物が描かれていて、花御殿との連なりを想わせます。

サラダのお皿を平らげたところへ、
ソースポットとライスのお皿がやってきました。thefujiya1_14ポットに覗くカレーには奇を衒わない、
丁寧な仕立てがなんとはなしに滲みます。

ええーいとライスに流しかけたカレーから、
ゴロゴロっと、それでも品のいいサイズの角切り牛肉が顔を出す。thefujiya1_15thefujiya1_17フォークに載せたカレーを口に含むと、
野菜や果物由来と思しき優しい甘さがふわっと広がる。
小麦粉を炒め、油脂を含んだルーが齎すカレーの世界とは、
一線を画くような仕立てが嬉しい。
地味ながらも何気に贅沢な材料と手間暇をかけた、
そんなカレーなのかもしれません。

6種類の薬味の載ったトレーは、寄木細工のもの。thefujiya1_16寄木細工は、箱根の伝統工芸であるらしく、ホテル内の売店にも、懐かしの秘密箱やオルゴール、財布や万年筆等々が売っていました。

デザートは、フランボワーズのシャーベット。thefujiya1_18使い込まれた銀器にもまた脈々と続く饗応の時間を想います。

富士屋ホテルのメインダイニング「THE FUJIYA」でランチタイム。thefujiya1_19ランチ所望の旨を通路の奥のコンシェルジュに伝えると、番号を記したチケットが手渡される。
そしてなんと、テーブルの準備が整った番号が扉の前の電光掲示板に表示されるというシステム。
昭和5年(1930年)に建造の登録文化財にも何気に馴染むチーク材の筐体に収めた掲示板は、名前をアナウンスすることなく、席を待つロビーとダイニングとの距離があることに対応する苦肉の策なのかもしれませんね。

「THE FUJIYA」
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359富士屋ホテル [Map]
0460-82-2211
http://www.fujiyahotel.jp/restaurant/thefujiya/index.html

column/03512

スポーツバイク専門店「Mile Post Cafe」で 豆カリーと隅田川テラス

milepostcafe何気に滔々と流れる隅田川。 その隅田川を新川から渡るのが永代橋。 通りを永代通りと呼ばせているのは、 勿論この橋を通るルートであるが故でしょう。 新川二丁目から鍛冶橋通りを辿り、 永代通りとの合流点を目指して、 ちょっと足を伸ばします。

スカイブルーに塗られた永代橋の躯体。 滑らかな公算曲線を描くアーチの、その端部の表情もまた佳い。 塗料に塗り込められたリベットの頭が連なり、 所々に錆が浮いている。milepostcafe01永代橋では、朝夕の渋滞の緩和のため、 リバーシブルレーン(可逆車線、中央車線変移)が実施されている。 アーチの下に5つの丸ペケ信号が並んでいるのは、 そのための可変標識板なのです。

対岸の門前仲町に向かって右手を望めば、 佃島のタワー群が見渡せる。milepostcafe02ケーブルが放射状に伸びているのが中央大橋だ。

左手を振り返れば、川面の向こうにスカイツリー。milepostcafe03日本橋橋上ほどではないけれど、 この景色に高速道路はいらないね(笑)。

そこからさらに左手手前を眺めると、 白いフレームの橋があり、何艘かの船が繋留されている。milepostcafe04その護岸の上にちょっと覗いている硝子の囲いが、 今日のおひる処なのであります。

雑居ビルの裏手に廻ると、木立の先に立つ建物。 そこにはなんともカッチョイイ自転車たちが並んでる。milepostcafe05milepostcafe06ロードバイクやMTB等々の販売、修理などを行っている、 「Mile Post Pro Cycling Shop」の店先だ。

そしてその左手の壁には小さく「Cafe」のサイン。milepostcafe07黒塗りの硝子扉が、Shopの二階にある「Mile Post Cafe」への入口になっています。

階段を上がった二階では、 カウンターと同色の厚手の木の大テーブルがお待ちかね。milepostcafe08そのテーブルの一角でも充分居心地よく過ごせそうですが、 そこはやっぱり、隅田川に面したテラスへと進みましょう。

川に正対するかたちでカウンターが設えられている。milepostcafe09足元に小さな電気ストーブも用意されているけど、 なくても大丈夫な晴天が嬉しい。

右手を見れば、さっきの永代橋のスカイブルー。milepostcafe10水上バスの竜馬号が河口へ向けて下ってゆきます。

milepostcafe11 ランチメニューは、4種類のカリーセット。 散々悩んで、「お豆カリーセット(中辛)」をお願いしました。milepostcafe12届けてくれたトレー越しに、また別の水上バスが墨田川を溯上してく。 麦酒を呑みたい気分をじっと堪えます(笑)。

焼き立てのナンに添えていただく、カリーは右の本格派。milepostcafe13辛さほどよく、過ぎるスパイスの風味にさらっとしたコク味。 そこにお豆あれこれの甘さが零れる。

ナンの下からは、サフランライスがこんにちは。milepostcafe14カウンターの中にインド系の料理人おふたりの姿を認めていたので、 なんだか納得の美味しさです。

milepostcafe15ご馳走さまをして、先程眺めた白い橋の方へと寄ってみると、 その橋は、中央区民文化財であるところの豊海橋(とよみばし)。 現在のものは、昭和2年(1927年)に竣工したもので、 梯子を横に倒したような外観のデザインは珍しく、 フィーレンディール橋と呼ばれる様式であるらしい。milepostcafe16日本橋川を渡る梯子の間から隅田川への流入部辺りを眺めたら、 その先にぽっかりと月が浮かんでいました。

スポーツバイク専門店に附帯のカフェにして、 隅田川を眼前に臨むテラスも自慢の「Mile Post Cafe」。milepostcafe17ちなみに、テラスから眺める永代橋は、元禄11年(1698年)に、 江戸幕府5代将軍徳川綱吉の50歳を祝して架けられたもので、 文化4年(1807年)には、深川富岡八幡宮の12年ぶりの祭礼日に詰め掛けた、 寄せる群衆の重みに耐え切れず、死者・行方不明者は実に1400人を超す、 歴史的な落橋事故を起こしたという。 落語にもその事故を題材にした「永代橋」という噺があるみたい。 国の重要文化財(建造物)に指定されている現在の橋は、1926年(大正15年)、 関東大震災の震災復興事業の第一号として再架橋されたもののようです。 そうそう、隅田川はフランスのセーヌ川と友好河川の提携してるそうですよ。


「Mile Post Cafe」
中央区新川1-20-6 [Map] 03-5542-7072
http://www.milepost.jp/
column/03485

食堂「玄氣」で げんきカレーしょうゆラーメン自然な優しい美味さ

genki.jpgとある日のおひる時。 皇室御用達の中華ちまきとビーフンの店「ビーフン東」の角を折れて、一本裏手の筋へと足を向ける。 突き当たる正面に植木鉢の緑と葦簀の並びに掛かる芥子色の暖簾が目に留まりました。 トタン庇の上に円く切り抜いた板には、食堂「玄氣」。 漂う匂いは、カレーのそれそのものです。

枯れた木の両開き戸を開けると、店内もまた木目基調の設え。genki01.jpg左手に円卓がひとつあり、右手に向けてカウンター。 ゴトゴトと木造りの椅子を引いて腰掛けます。

genki02.jpgメニューには、6~7つのカレーと「カレー定食」。 有機野菜の煮物・炒め物のおかずを盛り合わせた「野菜定食」なんてのもある。 店の名を冠した「げんきカレー」を牛肉トッピング、辛さ普通でお願いしました。

そこそこお時間掛かりますの前言通り、そこそこ待ってやってきたソースポット。genki03.jpgブラウンなソースにブロッコリーや絹さやの緑が映えています。

ソースポットをお皿の真ん中目掛けて傾ければ、 あっと云う間にライスを通過するしゃばしゃば具合。 そして、スパイスの匂い香りがさらに辺りを包んできます。genki04.jpgスパイスそれぞれが順繰りに顔を出そうとしながらしゅっと全体が纏まって、 それ相応にひりっと辛い。 心配した薬膳チックな傾倒もみられず、うんうんと一気呵成にスプーンを動かします。

別のお昼に今度は「キーマカレー」を所望しました。genki05.jpgメニューには、能勢の特選ひき肉と平飼い卵を使用と書いてある。 挽肉の脂のコクと香味野菜や果物の甘さを丁寧に慎重にスパイスで仕立てた感じ。 これまた女性受けしそうな一品です。 辛さを茹で玉子で中和しながらいただく手もありですね(笑)。

レンジフードに貼り紙されていたメニューをいただきに改めて。 カレー屋さんのラーメンとは如何にと気になるところです。 「海老だし塩ラーメン」か超あっさり「しょうゆラーメン」か悩ましい。genki06.jpg届いた「しょうゆラーメン」のドンブリは一見、中華そば「伊藤」のそれのよう。 国産小麦を使っているというストレート麺は、さすがに自家製ではないそうだけれど、 魚介、地鳥等の動物系、野菜のトリプルスープに古式製法の三年熟成醤油を合わせたスープによく馴染む。 脂の強さもキメキメの塩分もペーストが齎す濃厚さもないラーメンに一瞬覚えた物足りなさは、 すぐに素直な気持ちへと切り替わって、美味しくいただき終えることとなるのでした。

西天満の裏道にカレーな食堂「玄氣」がある。genki07.jpg20年程前にカレー専門店「ルーデリー」としてオープンしたのが出発点らしい。 小麦粉や油脂を多く含んだものとは対極の、 身体に優しい自然な美味しさに手を掛けてくれている様子が窺えて、いい。 今度は、「野菜定食」で癒されようかな。

口 関連記事:   皇室御用達「ビーフン東」で 新橋でお馴染みビーフン中華ちまき(13年05月)


「玄氣(げんき)」 大阪市北区西天満4-3-13 河合ビル1F [Map] 06-6365-8436
column/03428

Curry Bar「LATINO」で ドライ欧風にカシミールにマーボーカレー

latino.jpg新川の居酒屋・喫茶「かんかん」。 今は並びにあった中華料理店「明華楼」が拡張して、 寂しくももう「かんかん」は跡形もない。 その並びには、何故か入れ替わり内装工事と開店閉店を繰り返す、飲食店にはげんのよくない場所に、 新店「串粋」がオープン。 その先の「バンコック ポニー食堂」の上階には、 いつの間にか和食処が出来ている。

そんな変わりゆく八重洲通り沿いの新川にあって、 日々そこにある安心、安定感をみせてくれているのが、 マンションの一階に並ぶ三軒のテナント、 「中国屋台十八番」「LATINO」「がんぎ」だ。latino01.jpglatino02.jpgその真ん中に位置する「LATINO」へと横断歩道を渡れば、 テイクアウト用に開け放った小窓からマスターの姿が覗きます。

latino03.jpg 「LATINO」のカリーメニュー上段には、定番の4品が並ぶ。 カウンターの隅に腰掛けていただくは、「ドライカリー」。latino04.jpglatino05.jpg適度にしっとりとして、それでいてほろほろとする肉肉しさをスパイスで包み込み、 硬めに炊いたライスが甘く美味しくいただける。 ふと、西新宿にあったカフェ「ハイチ」を思い出しました。

二行目に控えるは、「ポークカリー(欧風)」。latino06.jpgエスニック志向の「LATINO」にも欧風のカリーもスタンバイ。 玉葱由来と思しき甘さを含んだ円やかな、比較的明るい色合いのカレーソースに、 何気に香る複層のスパイスがいい。

もうひとつの定番欧風カレーが、「ビーフカリー(欧風)」。latino07.jpg一見、ザ小麦粉バターなブラウンソースを思うも、 玉葱のさらさらとした甘さに唸る仕立てでございます。

HOT!と但し書きのついた「カシミールカリー」。 湯島「デリー」やご近所「新川デリー」では、 激辛仕様につき端から対象外としてきている「カシミール」。 だからなんだか挑むような気構えが必要になってきます(笑)。latino08.jpgカレーポットからライスの上に注ぐカリーは、 しゃばしゃばで赤くも黒くもない浅い黄色。 どれどれとちょっと窺うようにスプーンを動かすと、 うんうん、刺すような責めるような辛さではなく、 爽やかで柔らかな辛さが嬉しいぞ。

以上のお品書き筆頭4種に対して、日替わりのカリーも日々スタンバイ。 あれこれある中で、おおお、これはこれはと妙に感心しちゃったのが、 印度スパイス&中華スパイスの「マーボー・カレー」。latino09.jpglatino10.jpgパクチーを添えたカレーポットには、お豆腐を含んだ具材が溢れんばかり。 急くようにスプーンを動かすと、 印度系と踏まえるベースのスパイスと発酵系の調味料や八角あたりの風味とが、 行ったり来たりする。 豆腐とカレーとの組み合わせにもまったく違和感がないという。 超魅惑の無国籍カレーと謳うのが、愉しくも美味しいカリーでございます。 マスター、やるなぁ。

新川に根付いて早18年目を数えるという、 Curry Bar & Esnique「ラティーノ LATINO」。latino11.jpgカリーには、タイ風「グリーンカリー」や極辛注記の「ベンガルカリー」なんかもある。 合い盛り志向のひとには、2種類のソースを組み合わせられる「アベック」とか、 さらには、3種類のソースによる「トレスコンボ」という手もある。 そして、カリー以外にもエスニックなランチメニューや冬場には焼きカレーあれこれもある。 メキシコ料理続々の夜のお品書きも気になるところだけど、 引き続き、エスニックなランチメニューから紐解いていこうかな。

口 関連記事:   居酒屋「かんかん」で かんかんの定年大盛りナポもまた思い出(11年09月)   タイ料理「バンコック ポニー食堂」で 大好物かもゲーンキョーワン(13年03月)   ハイチ料理とコーヒーの店「cafe HAITI」新宿二号店(05年10月)   インドカレー「デリー」新川で コルマにインド辛さ加減と玉葱使いの妙(09年11月)


「LATINO」 中央区新川2-7-7 クレール八重洲通り103 [Map] 03-3206-2726
column/03414