「南北インドとカレーの店」カテゴリーアーカイブ

カレーの店「デリー」で蔵のある町の黒塗りの蔵にあの有名店の看板を見付けたら

delhi松本といえば、新宿からあずさ号に乗って行く所な気がしてる。
昨夏にサントリー白州蒸溜所へと小淵沢を訪ねた時と同じく、JR新宿駅の中央本線特急のホーム、10番線あたりからスーパーあずさ号に乗り込めば、ちょうど2時間半ほどの旅程になる。
都内に降雪の心配もあった冬の或る日。
席を得たのは中央本線特急の一番電車、スーパーあずさ1号。
偶数号車の「あずさ2号」は残念ながら新宿発の下りではなく、松本始発の通勤特急になっているらしく、新宿発8時ちょうどの特急は、スーパーあずさ5号である。
そんなことをポチポチ調べながら、列車は一路、松本へと向かうのでありました。

小淵沢あたりは雪景色なのかと思っていたら、
予想は外れて塩尻あたりでやっとこ風景に白が占めてくる。
降り立った松本駅は、吹く風はキリリと冷たいものの、
豪雪の地とはまた違う。
どうやら余り雪が多い土地柄ではないみたい。

ちょうどひる時となったあたりで、
いつぞやお邪魔した「源智のそば」のある、
髙砂通りをふたたび歩いてみる。delhi01まったく雪のないシーズンもあると聞く松本だけど、
この日は道の両脇にしっかりと雪が残ってる。
尻餅搗かないように気をつけながら、
辺りを束の間の散策と洒落込みます。

髙砂通りからぐるりとして、
中町通りという通りに回り込む。
中町通りを歩けば成る程、
“蔵のある町”のキャッチフレーズが頷ける街並みだ。

有名そば店の筆頭に挙げられる、
「野麦」の表情でも拝もうと歩みを進めると、
ちょうど「野麦」のある筋との角で蔵造りの建物が目に留まる。delhi02何気なく近づいて小さな突出看板をみるとなんと!
カレーの店「デリー」と書いてある。
あの”デリー”が松本にあるなんて噂でも訊いたことがありません。

「野麦」で手打ちの蕎麦を啜る筈が、
気がついたら蔵の中のカレー専門店にいた(笑)。
どこぞの喫茶店のようにすっきりとした店内です。delhi03カレーメニューは〆て7種類。
マイルド、中辛、辛口と例によって唐辛子マークが附されています。

お願いしたのは中辛の人気メニュー「インドチキンカレー」。delhi04カレーを湛えた器にはチキンな具がその身を潜めていて、
なんとなくジャバジャバな右の本格派のインドカレーの気配も漂う。

どうなんでしょうと考えつつ、
小さめのお皿から零れないように一気にライスの上へと注ぎかける。delhi05ジャバジャバかと思ったカレーには小麦粉の表情もしっかりあって、
「デリー」に連想するエッジの利いた味わいではない。
簡単に云うと、とっても普通に穏やかなカレーなのでありました。
まぁ、辛いから刺激的だから、本格的だとか美味しいだとか、
そんな風には思わないのだけどね。

松本の蔵のある町、中町通りの角地に建つ、
黒塗りの蔵にカレーの店「デリー」がある。delhi06明治時代の蔵を利用したカレー専門店は、
1970年(昭和45年)の創業であるらしい。
一応、念のため、訊いてみた。
湯島のデリーとは関係ないのですよね(笑)?

「デリー」
松本市中央2丁目4-13 [Map] 0263-35-2408

column/03657

カレー店「Achchha Khana」で定番キーマ豚バラキャベツにハーフカツ中庭テラスの

achchhakhanaタワーマンションが林立し、居住地としての人気鰻登りの最たるエリアと云われる武蔵小杉に対して、二子玉川駅周辺は企業誘致を含めた再開発によるホットスポットなのでありましょう。
二子玉川ライズが全面開業したのは、この5月辺りの出来事で、その後品川シーサイドにいた楽天が引越しして賑やかさを堅持している模様。
蔦屋家電は妙に混み合っているし、週末のシネコンは予約がし難かったりもする。
一風堂はまだしもマクドナルドにまで空席待ちの列があるのをみると、なんだかゲンナリなのが正直な感想でありましょか。

対して、玉川通りを渡った髙島屋側は、
以前のままの賑やかさ。
マツコが忌み嫌うハイソな空気も変わらない(笑)。
でもまぁ、偶にはお邪魔してもいいでしょう。

スクランブル交叉点を髙島屋の方へと斜めに渡り、
植栽に囲まれた髙島屋脇の側道を往くと、
正面に「つばめグリル」のサインが見えてくる。
そのまま「つばめグリル」に突入するような、
そんな流れで歩みを進めるも、
ちょっと手前で左に折れる。
目的地はそう、髙島屋裏手のカフェ「フーケ」の並びにある、
カレーの店「Achchha Khanaアッチャカーナ」なのであります。

「フーケ」の左脇を入ると、
ウッドデッキの中庭のような設えになっている。achchhakhana01achchhakhana02陽射しの照らす、ギンガムチェックのクロスのテーブルで、
心地よくグラスのビールを。
中庭の中央にあるシンボルツリーに沿って見上げた空は、
雲のない快晴でありました。
奥の壁はカフェの並ぶヨーロッパの並木道の写真を、
およそ全面にプリントを貼り込んでいて、
一瞬そんな街角のテーブル席にいるような錯覚が過ぎります。

中庭のオープンエアでいただいたのは、
メニュー筆頭の「キーマカレー」。achchhakhana03素揚げした乱切り茄子のトッピングがまず嬉しい。

べたつくことなくホロホロとした挽肉の具合も、
やや甘めの味付けも好みの路線。achchhakhana04選べる麦ご飯のパラッとした食感も良く似合います。

或る春のおひる時には、こじんまりしたカウンターの店内へ。achchhakhana05カウンターは中庭を背にして座るレイアウトではなくて、
カウンターに座ると厨房を挟んで中庭を臨むカタチになっている。

その時季の定番メニューであるらしい、
「豚バラとキャベツのカレー」を。achchhakhana06achchhakhana07とろんと煮崩れそうな豚バラ肉と、
春のキャベツの柔らか甘い歯触りのコンビが、
成る程いい感じ。
毎年この時期のこの味を愉しみにしているひと達が、
少なからずいそうで、
そのメンバーの一員になってしまいそうです(笑)。

ちょうど目の前の業務用炊飯器の上が、
盛り付けも済んで運ばれるまでの一瞬の経由地になっている。achchhakhana08所作を繰り返すうちにそこが坐りのいい場所になったのだろうなと、
立ち昇る仄かな湯気を眺めながらそんなことを想うのでした(笑)。

盛夏のおひるにはふたたび、中庭のウッドデッキの上に。
揚げ物気分手伝っての「カツハーフ」を註文しました。
狭い厨房でしゅわしゅわ揚げている様子を想像しながら、
しばし出来上がりを待ちましょう。

揚げ立てのカツは勿論、サックサク。
カレーがかかっていても、サックサク。achchhakhana09野菜・果物のエキスで甘さを伝えつつ、
じわじわと辛さも追い駆けるカレーに、
じんわりと額に汗を滲ませます。

そして、ショットグラスに用意してくれた、
口直しのブラン・エ・ノワールのすっきりした苦味が、
ほんの少しだけ辛さに痺れた舌と脂とを、
すっきりと洗ってくれます。achchhakhana10ご馳走さまでした。

玉川髙島屋の裏手に隠れ家のように潜みつつ、
秘かに安定した人気を博すカレーの店「アッチャカーナ」。achchhakhana11「アッチャカーナ」とは、
ヒンズー語で”美味しい食べ物”という意味であるそう。
ミニマムに囲まれた中庭のようなテラスも、
人気の理由のひとつなのでありましょう。

「アッチャカーナ Achchha Khana」
世田谷区玉川3-17-1 玉川タカシマヤ 1F [Map] 03-3708-5038
http://le-cafe.co.jp/achchha/

column/03626

カレー専門店「パピー」元住吉店でチキンカレーとナポセットカツカレーもいい

papyこの数ヶ月、時折新川崎に赴く機会が何度となくある。
武蔵小杉でも横浜でもない、その間の操車場に造られた駅、新川崎。
川崎駅の代替駅として云々とかスカ線だとか列車番号のM、S、Eとかについては、sepp先生の解説を待ちたいところ(笑)。
操車場であったことからも、周囲にはなかなか広大な敷地が残されていて、
タワーマンションも建ってはいるものの、駅周辺は開発途上といった趣きがいたします。

それ故、駅から離れた線路沿いで、
おひる時を迎えるととっても困る。
住宅地の中に奇跡的に見つけた、
食堂「末広」にふたたびお邪魔するか、
いっそ川崎駅か武蔵小杉方面に戻ろうかということになります。

小倉陸橋なるバス停から乗り込んだバスで元住吉へ。
綱島街道から駅前に入り込んでお食事処を物色します。
何度か歩いたことのある、
その名もブレーメン通りを漫ろ歩き。
ランチタイムのあるお店はそう多くない中から選んだのは、
「かつや」二階の黄色いテントが目を惹く、
カレー専門店「パピー」です。

狭い階段を上がり、
硝子戸を開けばそこは、
如何にも喫茶店を居抜きで借りた佇まい。
なんだか落ち着いてしまいそうです。

腰掛けたテーブルの脇の壁には、
トッピングセットなるメニューもアピール。papy01カレーばかりかと思ったらなんと、
ナポリタンまであるではありませんか。

きっとナポちんはもう味わっているのだろうなと思いつつ、
ここはやっぱり「ナポリタン」と「チキンカレー」とを組み合わせたセットといたしましょう。

同僚と喋りながら暫く待っていると、
普通サイズのお皿のカレーがやってきた。
えええ?
もしかして、このサイズのカレーに同じサイズのナポリタンもやってくるの?と驚いた。
慌ててお店のおネエさんに訊いたらば、配膳の間違いでありました(笑)。

ということで、恐縮しているおネエさんを宥めつつ、
受け取ったお皿は想定通りの居住まい。papy02右にチキンカレー、左にナポリタンであります。

ナポリタンは、よく炒められた気配はするものの、
およそ茹で立ての麺のイキもよく、
油断するとシャツに飛ぶかも系。papy03ナポちんは、どんな感想だったかなと紐解けば
あ、ご注文までもがカブってました(笑)。
粉チーズがひと仕事してくれそうです。

たっぷり広がるカレーの海は、
コク味しっかりなるも、
リズムよくどんどこいただけるタイプ。papy04意外と手間が掛かっているのかもしれません。

またまた元住吉で、おひる時。
今度は、セットメニューではない、
基本形のメニューを眺めます。papy05「ハヤシライス」なんて手もあるのかと思案しつつ、
選んだのは「ロースカツカレー」。
前回と同じ中辛でお願いしました。

衣と豚肉が異論なく密接した、
お行儀の良いロースカツが、
カレーソースにその身を沈めようとしています。papy06 papy07衣の歯触りとと豚の脂や身の甘さにカレーのコクと香ばしさ。
誰が一体全体最初にカツカレーを考案したのか、
改めて褒めてあげたい気分になりました。
トッピングのカツが実は、
階下の「かつや」のカツである、
なぁんてことはありませんよね(笑)。

元住吉駅前のメインストリート、
ブレーメン通りにカレー専門店「パピー」はある。papy08キャッチフレーズが、♪カレーにパピ〜!であるかどうかは、
まだ確認が取れていません(笑)。
上野毛には嘗てヒロキエさんが通っていた「パピー」の上野毛店があったのだけれど、今はどうなっているのでしょう。

「パピー」元住吉店
川崎市中原区木月1-22-6鶴田ビル2F [Map] 044-433-7339
http://www.curry-puppy.com/

column/03592

Restaurant Bar「馬酔木」でさらさら粒子のコクが旨い馬酔木カレーに出会う

ashibi京葉線に乗って千葉みなとまで下って、そこからモノレールでとことこ千葉駅まで。
タウンライナーと呼ばれる千葉都市モノレールに乗るのは果たしていつ以来のことかまったく思い出せない。
でも、初めてではないような気はする。
そこから外房線の高架に沿うように進むと、それ相応の賑わいのあるエリアを通ることになる。
千葉駅周辺の繁華街というのはこの辺りになるのだろうかと考えなら足を運ぶと、千葉街道と標識のある通りに出た。

交叉点を渡ったところでふと振り返ると、通りの向こうに大きくて無機質な三越の立体駐車場棟が目に映る。ashibi01その並びの木立の陰に、なにやらどこかの洋館のような煉瓦色の建物が覗いていました。

横断歩道を戻って正面に立ってみると、成る程フェイクでない煉瓦を積んだ建物には、周囲と一線を画すようなちょっとした風格がある。ashibi02意外や中央の階段の奥は「大将軍」という焼肉店のようですけれど(笑)。

左右にシンメトリーに設けられた地階への階段を覗くと、煉瓦の壁とカラフルな硝子を填めた窓辺が見える。ashibi03中央の階段の真下に地階のお店の入口があるようです。

煉瓦で囲んだ地階のアプローチを入ると、なにやら木彫りの御仁が迎えてくれる。ashibi04御仁が跨った樽の前のプレートにはこうある。
この像は、ガンブリヌスといい、ヨーロッパで“ビールの王様”と云われています。
彼が実在の人物であったかどうかは定かではありませんが、16世紀にそれまで薬草で香りをつけたグレートビールに代わって、ホップをつかったビールの普及に力を尽くした。
このガンブリヌスの像をみていると、心からビールを愉しんでいる様子が伝わってきます。

入り込んだ店内はやや暗く、しっとりした雰囲気のバーカウンターが目に留まる。
案内に従ってさらに奥へと進んで窓際のテーブル席へ。ashibi05改めて様子を窺うと、スピーカーやスポットライトの吊るされた辺りにアップライトピアノが置かれてる。
ちょっとしたライブも催されるのかもしれないね。

窓辺のテーブルには、外から眺めたカラフルな硝子の色を受けて、グラスが虹色を帯びる。ashibi06なんだか綺麗じゃんとオジサン、独りごちる(笑)。

「馬酔木」のランチメニューは、特選和牛ハンバーグステーキ、ドリア、シーフード、パスタなど日替わりを含めて8種類ほど。ashibi07セットの南瓜のポタージュスープには、出来合いのものとはちょっと違う、そんな美味しさが漂います。

ランチメニューから選んだのは、店の名を冠した「馬酔木カレー」。ashibi08ヤングコーンやサヤインゲン、皮目に包丁の細工のある茄子、パプリカといった素揚げ野菜のトッピングの向こうにしっかりした色目のサフランライスが顔を覗かせています。

やおらスプーンを動かすとこれが、意外といっては失礼なほど上等に美味しい!ashibi09さらさらとしつつ、しつこくないコク。
油脂の重たさがない代わりに、丁寧に炒めたであろう小麦粉やスパイスの粒子が旨味を孕んで優しく迫る。
いやはや、いままで食べた中でも特に印象に残る、旨いカレーだ。
千葉駅近くの街角の、専門店でもないレストランで、こんなカレーに出会えるとは思ってもいませんでした。

千葉街道と外房線の交差するあたりの煉瓦造りの洋館に、
レストラン・バー「馬酔木」がある。ashibi10何気なくWebサイトを眺めて愕いた。
こちらの創業者は、昭和40年に市場町にて「喫茶馬酔木」を夫婦二人でオープンし、昭和47年には螺旋階段のある店として有名となった2号店を新町に開き、千葉県下では初のジガーバーをもオープンしてしまう。
昭和52年に開いたシブい風情の酒場、串揚処「馬酔木亭」に続いていよいよ、ニューイングランド風と謳うこの煉瓦造りの洋館に移り、喫茶、ビアレストラン、バーの3つの異なった空間を供していたらしい。
今は焼肉店となっているところももしかしたら「馬酔木」の一部だったのかもしれませんね。

「馬酔木」
千葉市中央区富士見2-5-5 B1F [Map] 0432-22-3838
http://www.ashibi.co.jp/

column/03564

メインダイニング「THE FUJIYA」で花御殿の佇まい素敵なコンソメ優しきカレー

thefujiya1_00お正月休みに箱根に行こう。
そんな良案を具体化しようと随分とご無沙汰の箱根界隈についてガイドブックなんぞを手にしてみる。
ページを捲っていると、ずっと以前に箱根へゴルフに行った時のことを思い出した。
それは確か、12月の初旬くらい頃。
箱根園だったか、湯の花高原だったか。
曇天の雲の下到着したゴルフ場は既に冷蔵庫の真っ只中。
頬を切る風に震えながらティーオフしたものの、
まさにゴルフどころじゃない感じ。
地面から深々と冷え、小雪がはらはら舞う中でひと息つけると飛び込んだ休憩小屋が、まるで雪山の避難小屋のような光景だったことを妙に鮮明に憶えています(笑)。

その帰り道だったか、芦ノ湖方面からの寄り道だったか。
宮ノ下を通りかかった時に横目にみた、
老舗ホテルの佇まいも妙に脳裏に残ってた。
そんなこんなで結局、数ある箱根のお宿の中から選んだのは、
「富士屋ホテル」でありました。

予約を入れようとしてはたと気づいたのは、
正月の箱根といえば駅伝があるってこと。
駅伝を絶対に見たいならまだしも、実は駅伝には全く興味がない(笑)。
駅伝で交通規制が敷かれて、かつ沿道にひとが集まるところへノコノコ出掛けていくことは避けて、復路が通り過ぎて落ち着いた頃ならよかろうと、宿泊の予約を入れたのでした。

6月に開通した圏央道で高尾山の下を潜り抜け、スイスイと海老名まで。
海老名のJCTでちょっと滞ったもののそのまま小田原厚木道路に抜けて快調に進む。
オダアツでは真っ白に化粧した冨士山が雄大な顔を覗かせる。
実にすんなりと箱根湯本の駅を通り過ぎ、早川に沿っての山登り。
母親らを乗せた車は、無事ホテル前にと到着しました。thefujiya1_01富士屋ホテルは今、国際興業グループの一員なのですね。

登ってきた、国道一号線から踏み入った小さな太鼓橋から見上げるのは、明治24年(1891年)建造の本館のファサード。thefujiya1_02thefujiya1_03左手を仰げば、あの日眺めた和装の建物が冬の凛とした空気の中に佇んでいました。

その名を花御殿。thefujiya1_04昭和11年(1936年)に建てられた建物は、
登録文化財にして近代化産業遺産。
寺社建築を思わせる千鳥破風付きの入母屋と校倉造りを模した壁を特徴とする建物で、海外からの客人たちにも「フラワーパレス」として親しまれている、という。

本館のフロントで手にした部屋の鍵には、
大きな木製のキーホルダーがついている。thefujiya1_05そこには、少々立体にもみえる梅の木の絵が描かれてる。
これだけのサイズがあれば、そうそう失くすことはできないね(笑)。

梅の木の絵のある扉を押し開けた客室は、
古風な中に老舗の風格を滲ませるもの。thefujiya1_06長押の額にも梅の木の絵が飾られています。

開け放った窓からは、紅い手摺りの向こうに本館、
そして食堂棟が臨める。thefujiya1_07えっと、冨士山はどっちの方向かな。

富士屋ホテルは、増築を繰り返して今の姿になったそうで、他にも西洋館、フォレスト館、カスケードルームといった建物があり、通路・廊下で繋がっている。
花御殿から本館方向へと進む廊下には、嘗てホテルを訪れた著名人たちのモノクロ写真がパネルにして飾られている。thefujiya1_081932年の日付とサインのある、テニスラケットを手にしたチャーリー・スペンサー・チャップリンやオノ・ヨーコ、ショーンと一緒のジョン・レノンの姿などなど。 ヘレン・ケラーは手形を残している。

それらを覗き込んでから、
白い壁、赤い絨毯の廊下をずずいと歩み往きます。thefujiya1_09

ちょろっと覗いた本館の階段もなかなかの風格。thefujiya1_10決して華美ではないところにグッときます(笑)。

フロントの前を通り過ぎて進むは、食堂棟のアプローチ。thefujiya1_11欄干の飾る板の間の通路で向かうレストランなんて、
そうそうあるものではありません。

富士屋ホテルのメインダイニングルーム「THE FUJIYA」のランチは、
カレーコースが軸になっている。
ビーフにチキンにシーフード。
伊勢海老カレーに鮑カレーなんてのまで用意がある模様(笑)。
素直に「ビーフカレー」のコースをお願いしましょう。

麦酒の小瓶をいただいて、届いたコンソメは深い琥珀色。thefujiya1_12誤魔化しの片鱗もない真っ当な美味しさを思う、
素敵なスープなのであります。

コンソメに映っていたランプの煌きに誘われるように頭上を見上げる。thefujiya1_13チーク材を多用したメインダイニングルームの高い天井には、
高山植物が描かれていて、花御殿との連なりを想わせます。

サラダのお皿を平らげたところへ、
ソースポットとライスのお皿がやってきました。thefujiya1_14ポットに覗くカレーには奇を衒わない、
丁寧な仕立てがなんとはなしに滲みます。

ええーいとライスに流しかけたカレーから、
ゴロゴロっと、それでも品のいいサイズの角切り牛肉が顔を出す。thefujiya1_15thefujiya1_17フォークに載せたカレーを口に含むと、
野菜や果物由来と思しき優しい甘さがふわっと広がる。
小麦粉を炒め、油脂を含んだルーが齎すカレーの世界とは、
一線を画くような仕立てが嬉しい。
地味ながらも何気に贅沢な材料と手間暇をかけた、
そんなカレーなのかもしれません。

6種類の薬味の載ったトレーは、寄木細工のもの。thefujiya1_16寄木細工は、箱根の伝統工芸であるらしく、ホテル内の売店にも、懐かしの秘密箱やオルゴール、財布や万年筆等々が売っていました。

デザートは、フランボワーズのシャーベット。thefujiya1_18使い込まれた銀器にもまた脈々と続く饗応の時間を想います。

富士屋ホテルのメインダイニング「THE FUJIYA」でランチタイム。thefujiya1_19ランチ所望の旨を通路の奥のコンシェルジュに伝えると、番号を記したチケットが手渡される。
そしてなんと、テーブルの準備が整った番号が扉の前の電光掲示板に表示されるというシステム。
昭和5年(1930年)に建造の登録文化財にも何気に馴染むチーク材の筐体に収めた掲示板は、名前をアナウンスすることなく、席を待つロビーとダイニングとの距離があることに対応する苦肉の策なのかもしれませんね。

「THE FUJIYA」
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359富士屋ホテル [Map]
0460-82-2211
http://www.fujiyahotel.jp/restaurant/thefujiya/index.html

column/03512