「渋谷恵比寿中目エリア」カテゴリーアーカイブ

琉球チャイニーズ「TAMA」で 黒胡麻酢豚沖縄そばのチャンプルー

tama青山学院大学の敷地の西側に沿って弧を描く、
青学の西門の接する通りは、
“老舗フレンチ「ラ・ブランシュ」のある通り”として、
すっかり刷り込まれています。
そして、その通りの中程にもう一軒、
ずっと気になっているお店がありました。
そのジャンルを示すショルダーネームに、
どっちやねん!とツッコミを入れざるを得ないのが、
琉球チャイニーズ「TAMA」です(笑)。

TONさん含むsepp先生と仲間達が集ったのは、お店中央の大きなテーブル席。
やや背の高い椅子に腰掛けて振り返れば、オープンな厨房は既に大忙し。tama01壁面のキャビネには、ワインボトルがずらっと並んでいます。

tama02ちょっと使い込まれた感じの手書きメニューにも、
ずらずらっと料理酒肴が並んでる。
如何にも沖縄料理っぽい品名の間に時々中華風の名前が顔を出す。
そんな感じのメニュー構成になっているようです。

当然ながらの「オリオン」なぞで乾杯をして、
まずは、これまたTHE沖縄の「海ぶどう」から。tama03粒々に放つ煌きはやっぱり、気分を彼の地に飛ばす魅惑を含んでいます。

「自家製腸詰」は、云わずもがなのチャイニーズ系お惣菜。tama04ぷちっと噛めば、凝集した旨味と脂の甘さ、そして五香粉を思わすほの香りが弾けます。

「オリオン」を程々にして、「請福」に切り替える。tama05彼の地でも内地でもこの泡盛が定番になってます。

収穫の時期にはまだまだ早いけど、「もずく酢」も欲しくなる。tama06これをいただくと、石垣のダイビングショップ「KATSU」の船上で食べたもずくを思い出す。
出汁を利かせたもずく酢がとっても美味しかったのでありますよ。

「請福」のグラスを手に、
ちょいと変化球でと「さつま芋のスティックフライ」。tama07太めに切るその加減が絶妙の歯触りを生んでいます。

オイチャン、最近はこんなものも注文するようになったんだよと(笑)、
「パクチーサラダ」のお皿を迎えます。tama08こんな風にざっくり刻んで、葱と合わせると益々美味しくいただけます。

「そーめんチャンプル」を頼んだら、素麺の在庫が尽きてるらしく、
相談の結果「沖縄そばチャンプルー」をお願いすることに。tama09平打ちのやや縮れ麺は、チャンプルーするにも適したヤツで、
油に馴染んだソーメンもいいけれど、
それよりももしかして正解だったのじゃないかと秘かに思ったりいたします。

真っ黒で一見なんだか判らないのが、「黒胡麻の酢豚」。tama10黒酢と擂った黒胡麻のあんに絡めてコックリ迫る豚さんが中にいた。
振り掛けられているのは、白胡麻だね。

優しく〆てしまおうかと、「アーサーそば」。tama11アオサの香りふくよかにして鮮やか。
石垣「のりば食堂」の「島アーサー&三枚肉そば」を思い出しつつ、
美味しく平らげるのでありました。

青学沿いに弧を描く裏通りに、琉球チャイニーズを標榜する「TAMA」がある。tama12沖縄系と中華系とが混在するメニューには、まだまだ気になるフレーズが残ってる。
少々沖縄系メニューに寄り過ぎてしまった今回の反省を踏まえ(笑)、
次回は、ワイングラス片手に調理の様子を眺めつつ、
「琉球麻婆豆腐」に「キラマンギン」、「アボカド島豆腐」あたりをいただきたいな。

口 関連記事:
  ふらんす料理の店「ラ・ブランシュLa Blanche」(06年10月)
  味処「のりば食堂」で 島アーサー&三枚肉そばうこん入り黄色麺(09年07月)

「TAMA」渋谷
渋谷区渋谷2-3-2 [Map] 03-3486-5577
http://tama2007.jp/

column/03505

大衆立呑酒場「富士屋本店」で 呑兵衛の風格ロの字のカウンター

fujiyahonten.jpgいつの春のことだったかな。 渋谷駅から246を歩道橋で渡った桜丘町。 急坂を登るは、通称さくら通り。 時季ともなれば、坂の両側の桜並木が咲き乱れ、 薄ピンク色の花弁舞う景色を魅せてくれる。 その情景を「Risotto Curry Standad」三階の、 額縁のような窓から眺めたことを思い出す。 その時、二軒目にと向かったのが、 桜丘の有名立ち飲み処「富士屋本店」でした。

季節は巡って、秋の夕闇迫る頃。 さくら通りを上がり切った処にある「大和田さくらホール」で催される、 還暦オーバーデュオBread&Butterのコンサートの前に。fujiyahonten01.jpgちょと一杯と寄り道しました。

階段の降り口に近づけば、 地階からのほんわりした喧騒の気配が伝わってくる。fujiyahonten02.jpg既に5分の入りの”ロの字”のカウンターは、 混み合うピークへのアイドリング中でありました。

入って左手の角辺りに陣取って、ホッピーを貰う。fujiyahonten03.jpg此処では、下町御用達の「亀甲宮」ではなくて、 「宝焼酎」25度の2合瓶だ。

左手の壁には、訪れたであろう著名人のサインがズラっと並んでる。fujiyahonten04.jpg類さんのサインの隣には、亡くなった大滝秀治の色紙が三枚。 「もう駄目だと思ったり、まだやれると思ったり」。 そしてその下に負けじとズラズラっと品札が並びます。 彼方此方に木札や短冊の品書きが貼ってあって、黒板メニューもあるので、 必然的にキョロキョロと挙動不審になります(笑)。 階段を降りた正面ではドアが開けたまんまになっていて、 そのドアの内側もびっしり品札が貼ってあるんだ。

「ハムキャ別」あたりも口開きにお似合いなのだけど、 触手が動いたのは、「ハムカツ」。fujiyahonten05.jpg注文と同時に年嵩のお兄さんが早速、フライヤーに流し込んでくれたヤツ。 揚げ立て熱々ってのが、なによりのご馳走でありますね。

あればどうしても反射的に注文してしまうのが、「〆サバ」。fujiyahonten06.jpgフレッシュな〆鯖が勿論ビビッドに美味しいけれど、 こうして酢〆がすっかり馴染んだヤツもオツなものです。

二杯目を作ったらお兄さんが氷をたんまり入れてくれた。fujiyahonten07.jpgこうなるとちょっと呑み難いのだけど、まぁいっか(笑)。

鰯はフライか天麩羅か。 そんなことを考えていた矢先に目に留まったのが「新さんまの煮付け」。fujiyahonten08.jpg塩焼きも勿論いいけれど、生姜風味で煮付けた秋刀魚も季節の恵み。 佳いではありませんか。

時折ややジャンクなヤツも挟みたくなり「スパゲティサラダ」。fujiyahonten09.jpgなんの変哲もないけれど、立ち呑みには必要なアイテムですね。

やっぱり貰っておこうと「いわしのフライ」。fujiyahonten10.jpg中羽鰯くらいのサイズはあるでしょか。 鰯特有の香り高く、食べ応え充分です。

2合の焼酎呑み切れずに時間切れ。 でもお腹くちくなって、しっかりほろ酔い。 ホールの暗がりで寝てしまわないか心配だ(笑)。

云わずと知れた渋谷・桜丘の大衆立呑酒場「富士屋本店」。fujiyahonten11.jpg其処いらのぽっと出のカウンターと違って、 ただ呑気に呑んでるひとさえも、 どこか一端(いっぱし)の風格ある呑兵衛にしてくれる度量がある感じ。 平日21時半までとだらだら深夜まで営らない潔さもいい。 さくら通り中ほどにある「富士屋本店ダイニングバー」にも寄り道したいな。

fujiyahonten12.jpgそうそう、大和田ホールでのブレバタのコンサートは、 なんとデビュー45周年を記念するもの。 村っちゃんが「一緒にはハモれない(笑)」という、 兄弟による独特のハーモニーは健在なり。 弟の二弓さんのシャイな感じが意外でありました。

口 関連記事:   BAL「RISOTTOCURRY standard」で ワイン越しの額に桜の借景(13年04月)


「富士屋本店」 渋谷区桜丘町2-3 富士商事ビルB1F [Map] 03-3461-2128
column/03478

BAL「RISOTTOCURRY standard」で ワイン越しの額に桜の借景

risottoc.jpg観測史上一二を争う早さで開花したという、 東京のソメイヨシノ。 桜祭りの類の日程と開花が噛み合わず、 困惑したイベント主催者が沢山あったことでしょう。 呑ん兵衛仲間も恒例の花見の予定を急遽繰り上げたりなんかして。 自らも月末に呑もうとの約束をぷち花見も兼ねちゃおうなんて目論みにしていたものの、こりゃ葉桜見物になりそうだなぁと半ば諦めておりました。

モヤイ像前から246を陸橋で渡り、さくら通りの坂へ。risottoc02.jpg3月の最終週になってやや気温の低い日が続いたためか、 満開は疾うに過ぎて緑色もちらほらしているものの、 ぷち花見にはなんとかぎりぎり間に合ったと云ってよいでしょう。

桜の花弁の向こうにある、角のビル三階が目的地。risottoc03.jpgビルの地階には、知ってるひとは知っている人気店、 「RISOTTOCURRY standard」があるところだ。

risottoc04.jpgところが、階段で登った三階の扉にも、 同じ「RISOTTOCURRY standard」の文字。 そうなのです。「RISOTTOCURRY standard」は、 この3月半ばから同ビル三階でも営業を開始したのでありました。

カウンターに腰を下ろしかけて気が付くのは、 隅切り部に開いた窓の借景の素晴らしさ。risottoc13.jpg額で切り取った様というのは、 こふいふことを云うのでしょう。

借景にも似合うグラスの白をいただいて。risottoc06.jpgそうか、ロゼがあったか訊かなかったな(笑)。

メニューをひっくり返した裏側に手書きされた、まさに裏メニューから、 「北海道産生ダコと新じゃがの大葉ジェノヴェーゼソース」。risottoc07.jpg大葉の香り清々しく、 じゃが芋にも蛸にも間違いなく合う万能のジェノヴェーゼソースとの協奏がいい。

ふつふつと沸いた油に海老の橙が浮かぶ。risottoc08.jpg以前もいただいた「エビのガーリックオイル煮 ガラムマサラ風味」だけど、 本日はややガーリックが控え目か。

ふたたび裏メニューから、「たっぷり牡蠣と菜の花の”あつあつ”グラタン」。risottoc09.jpgその名の通り、帆立型のグラタン皿にみっしりと牡蠣の身があって、 そこへ滑らかなベシャメルと菜の花の仄かな苦み。 はふほふするのが妙に嬉しかったりするのです(笑)。

オネエさんが扉からひょっこり顔を出して、ワインのボトルを置いていく。 なるほど、階下に所蔵のワインが融通されてきたのだね。 三階から地下のカウンターに回るボトルもあるのかもしれません。

半熟たまごとチーズ焼き風に仕立てるのが標準形の「トリッパのやわらかトマト煮」は、 玉子なしのシンプルスタイルで所望する。risottoc10.jpgこれまたその名の通り、煮崩れるちょっと手前くらいに柔らかで。 どんどん口に運んでしまうのは、たっぷりのパルミジャーノの所為でもあり、 トマトが引き出すトリッパの旨みの所為でもあり。

そしてやっぱり此方のメインテーマもいただかなければいけませんと、「リゾットカレー」。risottoc11.jpg均質にチーズを纏ったリゾットと鶏肉煮込みのトマトカレーソースのツートンカラー。 トマトベースのこのカレーは、カレー風味のトマトソースと呼んでしまってもいいような、 もうひと口すると、ああやっぱりカレーかと思い直したり。 そんなボーダレスな感じもこのお皿の魅力です。 リゾットと軽くまぜまぜしながらいただきましょう。

同じビルの三階に新たな止まり木を設けてくれた、 大人気バル「RISOTTOCURRY standard」。risottoc12.jpg敷地が同じなのだから当然ではあるけれど、三階のカウンターも絶妙なこじんまり感。 窓の開口が齎してくれる抜けあるゆとりは、明るい時間のささやかな贅沢。 そして、束の間の桜の借景の素晴らしさ。 通常17時からの営業時間をこの時期の土日のみ15時からの営業としてくれたお陰で味わえたひと時でありました。 来年また予約できるかなぁ。

口 関連記事:   BAL「RISOTTOCURRY standard」で 妙に嬉しい5杯目のグラス(11年12月)


「RISOTTOCURRY standard」 渋谷区桜丘町16-8 桜丘ビル B1F・3F [Map] 03-6416-3604 http://www.risottocurry.com/
column/03360

煮干ラーメン「凪 煮干王」渋谷店で もりもり麺の煮干しラーメン

naginiboshi.jpgラーメン「凪」といえば、 渋谷から六本木通りを上がった渋谷二丁目信号近くのかつての本店か、 狭い狭い階段を上がり狭い狭いカウンターで煮干しの香りに包まれるゴールデン街のあの店か。 特級煮干し中華そばと謳っていた西新宿のお店が今は、「凪 煮干王」となっている。 そんな「煮干王」に渋谷店ができたというので、渋谷の東口に降り立ちました。

渋谷警察署方向に歩道橋を渡りながら、 12年04月に商業スペースを開業したという「渋谷ヒカリエ」の外観を見上げます。naginiboshi01.jpg気になるのは、泡盛と琉球料理の「うりずん」くらいかなぁ(笑)。 お世話になるのは、意外と少なそうな、そんな予感がいたします。

さて、件の「煮干王」がどこにあるかというと、それはつまりは「すずらん」のある裏道。 「すずらん」に行こうとしていた巷のラーメンフリーク達が、 その手前で網に掛かるという、そんな立地であります(笑)。

電球が回りを囲む、クラシックなスタイルの看板越しに見上げるのは、 ずっとずっと屋上にまで続く煙突。naginiboshi02.jpg煙と香りと匂いと湯気を出す商売には、今や求められてしまうアイテムなのかもしれません。

GLからはちょっと高い場所にある扉を引き開けば、券売機の前。 「煮干王ラーメン」のボタンをポチッとします。

naginiboshi03.jpg 天井を見上げれば、さっきのダクトが赤く塗られた存在感。 壁には、「凪」らしいイラストが描かれてる。naginiboshi04.jpg青木さんの手になるものなのかなぁ。

チケットを渡すと、麺の硬さ、味の濃さ、油の加減を訊かれます。 まずはすべて、普通、オリジナルでお願いしましょう。

naginiboshi05.jpg 手元へと降ろしたドンブリには、厚目のチャーシューが4枚載っていて、 微塵切りとは違う、独特の形に刻んだ長葱の薬味。naginiboshi06.jpgnaginiboshi10.jpg右隅に覗いているのは、麺のお刺身的、ワンタンの皮的アイテム。 ゴールデン街で初めて出逢ったことを思い出します。

啜るスープは、なるほどの煮干し醤油スープ。 当然の煮干したっぷしのスープに鶏でコクを添えている。naginiboshi07.jpg幕板の解説によると、小豆島の杉樽醤油をベースに、 アゴの煮干しや昆布、そして牡蠣を煮出して、熟成させた醤油タレを用いているそう。

立川から電車で運ぶ自家製麺は、 もっちりもりもりつるつるの太めにしてしっかり縮れた個性派。naginiboshi08.jpgストレート細麺が似合うストイックな煮干し中華も好みだけれど、 こうしてパワフルな麺も魅力的。 タレや醤油を強くしたり、辛味噌をドンブリの底に潜ませたりするのも、 力強い自家製麺とのバランスを考えてのことなんだね。

素朴系仕立てで「煮干王」を愉しんだらどうかなぁと再び渋谷警察署裏。 ポチッとしたのは、「煮干王ラーメン」ではなくて、「ラーメン」。 麺を硬め、味を薄め、油を少なめでお願いします。 さらに、辛味噌汁をなしとするのもポイントだ。

あれ、これでただの「ラーメン」?って思う具沢山。naginiboshi09.jpgnaginiboshi11.jpgでも、スープは煮干しの旨味風味の輪郭が引き立って、 こっちの方が断然いい感じ。 後半戦にキレを与えてくれていた辛味噌も、 敢えて外した方が素直に煮干しスープを愉しめる。 お試しあれ。

ゴールデン街の煮干「凪」のDNAをしっかり携えた、 煮干ラーメン「凪 煮干王」渋谷店。naginiboshi13.jpgひょっとして「塩ラーメン」もイケるんじゃないかと秘かに次の機会を窺っています(笑)。

食べ終えて渋谷駅への歩道橋を渡ると、 正面に東横線のホームが見えてくる。naginiboshi12.jpg副都心線と東横線が繋がるとこの光景もいずれ観れなくなってしまうのですね。

口 関連記事:   古酒琉球料理「うりずん」で 琉球料理居酒屋ドゥル天に血イリチイ(10年07月)   らぁめん専門店「凪」 でガツンと一杯特製メガ豚(07年11月)   新宿煮干「凪」で 特煮干ラーメン煮干出汁の野趣とぶりぶり麺(09年04月)   特級煮干そば「凪」西新宿店で 特級煮干と動物出汁巧みな融合(09年11月)


「凪 煮干王」渋谷店 渋谷区渋谷3-7-2 [Map] 03-6427-4558
column/03288

BAL「RISOTTOCURRY standard」で 妙に嬉しい5杯目のグラス

risottocurry.jpg連れられるまま渋谷西口から歩道橋を渡り、 楽器店のディスプレイを横目に桜丘の急坂を登る。 春には桜並木となる、さくら通りだ。 この辺りの寿司屋に寄ったことがあったっけなぁと思いながら、えっちらおっちらと(笑)登る坂道。 その坂の中頃のビル地階にあるのが、 「RISOTTOCURRY standard」。 カレーリゾットか、はたまたリゾットカレーか。 あれ?今夜はカレーハウスで呑むのかな。
地下への階段を降りていくと、壁に店名の切文字。 ワイングラスとスプーンのシルエットが添えてあります。

訊けば、「RISOTTOCURRY standard」は、代田にある「世田谷BAL」の2号店。 “リゾットカレー”は、その「世田谷BAL」が町内のバーで競うカレー大会に優勝して名を広めるきっかけとなったお皿らしい。

入口から右に向かってカウンターが奥へと伸びる。 ガランととせず、このくらいの小じんまり感がいいのだよね。 混雑の予感から入れておいてくれた予約に配慮をいただいて、 入ってすぐのカウンター角っこに席を得ました。

まずは辛口スプマンテで口開き。risottocurry02.jpgrisottocurry01.jpgメニューには野菜を軸に山のもの海のもの、 豚や鶏を織り交ぜた酒肴がラインナップ。 素直に、上に下にと目が泳ぎます(笑)。

定番の野菜のトマト煮込み「いろいろ野菜のラタトゥユ」は、risottocurry03.jpgとろんとした野菜たちの食感と優しい酸味。

続いて届いたこんもりは、 「フレッシマッシュルームのアンチョビビネガーオイルがけサラダ」。risottocurry04.jpg八丁堀のイタリアンワインバーでは、フレッシュなマッシュルームをそのまま囓る愉しさを教えてくれたけど、それをここではビネガーオイルでわしわし食べちゃう仕立て。 面白うまいぞ。

ワインのグラスをもらうには、あまり小難しいことは勿論考えず、 ちょい辛口でとか、酸味ほどほどのヤツでとかをおねえさん、おにいさんに伝えればよい。 たまたまそのボトルの5杯めになったなら、ボトルの残りすべてをグラスなみなみに注いでくれるラッキーが待っている。 「世田谷BAL」と同じ、なんてことはないけど妙に嬉しい瞬間だ。

フルーティな感じの白を所望してむかえるは、 「ほうれん草とチーズのフワフワオムレツ」のお皿。risottocurry05.jpgチーズが芳ばしくもふわりと迫る逸品です。

risottocurry06.jpg グラタン小皿で登場は、 あつあつ「ひよこ豆とソーセージのチリビーンズ」。risottocurry07.jpg熱々のチーズの蓋の奥から湯気と一緒に探り出したひよこ豆のほっこり。 あんまり沢山でないのが、逆に良かったりもするのがココの料理の表情だったりするのです。

気がつくと、20席弱のカウンターはみっしり満席。risottocurry08.jpg次から次へとやってくるひと達が店内を覗き込んでは、 皆一様に、うわ〜一杯ぃ〜という表情をするのが面白い(笑)。 ちなみに、連絡先を伝えれば、席が空いたところで知らせてくれます。

きっと誰もがむほほと笑顔になるのが、 「エビのガーリックオイル煮 ガラムマサラ風」。risottocurry09.jpgrisottocurry10.jpgrisottocurry11.jpgrisottocurry12.jpg 沸き立つガーリックオイルを沁み沁みにしたバゲットに海老を載せてカプリとすれば、 ああ、旨い(笑)。 他にも「くるみとレーズンの冷製ミートローフ」や「豚肩ロースのとろ〜りチーズとバジルのカツレツ」なんかを平らげて、ワインのお代わりを繰り返す。 うん、いい感じ。

そろそろ一旦シメましょうかと、店名に冠したお皿をいただくことに。 「カレーリゾット」というと黄色いカレー粉を織り込んだリゾットだと思うところ、 お皿を目にして「そーきたか!」。risottocurry13.jpgお皿に表現されているのは、純白と赤褐色のコントラストだ。

片やパルメザンチーズのクリーミーリゾットで、 その一方は、鶏肉トマト煮込みのカレーソース。risottocurry14.jpgリゾットの部分だけを掬っても愉しめるし、 勿論酸味の利いてさらっとコク味のカレーソースと混ぜてイケる。 しかもコレをツマミにまた呑めてしまうという(笑)。

人気バル「世田谷BAL」が気取らず驕らず繰り出した2号店、 その名も「RISOTTOCURRY standard」。risottocurry15.jpg お皿としての鮮度を思う料理たちに気の置けないグラスのワイン。 柔らかな応対のシェフ、スタッフとのカウンター越しの距離の近さが心地いい。

その足で、本店とも云える代田の「世田谷BAL」の片隅へ。risottocurry16.jpg小さな小さなバルの狭さが及ぼす凝縮した空間とその一体感がこれまた心地いい。 渋谷のバルの空気感は、ここの雰囲気が活かされたものだったのですね。


「RISOTTOCURRY standard」 渋谷区桜丘町16-8 桜丘ビルB1F [Map] 03-6416-3604 http://www.risottocurry.com/
column/03208