「ローカル池上大井町線」カテゴリーアーカイブ

とんかつ「自然坊」で丁寧に揚げるロースにヒレかつ唐津焼の表情と安定感が齎すもの

jinenbo蒲田、蓮沼、池上、千鳥町。
蒲田駅を離れた池上線は、ゆっくりと右へ左へとカーブを描きながら大田区の住宅地を進みます。
千鳥町の次の駅が、久が原駅。
此処でも池上線の基本形であるところの相対式ホームで、ホームの端に踏切があり、そこで上下線を行き来するのも池上線でよくみる光景であります。

千鳥町駅から少し標高を上げてきたレールが、
ほんの少しカーブして久が原駅のホームに流れ込む。jinenbo01jinenbo02白いペンキでお化粧してしまったけれど、
旗の台駅のものと同じ造りの木製ベンチが此処でも、
次の電車への待ち時間を過ごす止まり木になってくれています。

踏切を渡って、駅の東側に出て、
その先の五叉路を右に折れ、
道に沿って緩やかに左へとカーブしてゆくと、
左手に目的地が見えてきた。jinenbo03パール様の空色のタイルを貼った、
三階建ての建物のその一階にあるとんかつ店。
ちなみに、この道をさらにずんずんと進むと、
「マウンテンバーガー」のある上池上通りに至ります。

休暇の平日のおひるにお邪魔すれば、
それ相応に落ち着いた雰囲気の店内。jinenbo04L字のカウンターの隅に佇んで、眺めるお品書き。
箸を包んだ帯に刻んだ文字は「自然坊」だ。

注文を終えて、いただいたお茶の器にオッ!となる。jinenbo05少なくとも100均辺りで誂えた湯呑みではないことは、
ド素人にも自ずと判る。
ただの重さとは違う”厚み”と石の中から削り出したような表情がいい。

ふと、目の前の状差しに置かれていたパンフレットが目に留まる。jinenbo06手にとって見る表紙が示すのは、
中川自然坊 遺作展とその会期。
とんかつ店「自然坊」の店名は、
唐津の陶芸作家、中川自然坊氏に由来しているのだという。
お茶を淹れてくれた湯呑みもきっと、
その中川氏の作なのでありましょう。

ゆったーりとした時間が流れて、
あ、なんで麦酒を呑まなかったんだろうと、
やっと気がついたそんな頃(笑)。
お願いしていた「ロースかつ定食」が届きました。jinenbo07丁寧に丁寧に揚げられた様子が、不思議と伝わってくる、
そんな表情の感じがいい。

その断面を拝むと、
みっしりと表裏一体一身胴体の衣と身肉。jinenbo08Wedページには純国産のやまとのみ使用とあるが、
それは程良い脂を含んだもの。
うん、美味しい。
ソースをぶっかけちまうなんて勿体ない。
前半は塩で、後半を醤油でイクのがよく似合います。

日を替えてまた同じ、カウンターの隅。jinenbo09正面の壁に据えた食器棚は、
中が素通し出来る硝子戸の仕様。
整然と仕舞い置かれているのも、
中川氏の唐津焼なのでありましょう。

電熱線に炙られて、南部鉄器と思しき鉄瓶が湯気を吐く。jinenbo10ありそうでいて、
なかなか目にすることが少ない光景なのではないでしょか。

ロースの次にはやっぱり、
「ヒレかつ定食」を所望する。jinenbo11半裁したヒレかつが載せられたお皿もたっぷりした厚みがあって、
その重厚なる安定感が、
その上の小さな宇宙の基盤となっているようにも映ります。

ロースに比べれば勿論、
さらっとした食べ口のヒレかつ。jinenbo12こちらは前半を芥子醤油で、
最終コーナーをソースでいただく。
ふむふむ、うんうん。
綺麗な油で揚げ上げる様子が想像できる透明感がふと過ぎる。
ゆっくり目に刻んだであろうキャベツに、
東銀座「にし邑」のそれを思い出しました。

定食にはお口直しの冷菓がついてくる。jinenbo13とんかつの〆にバニラのアイスが、
これまた不思議とよく似合う。
真夏であってもソルベではなくって、アイスがいい。
何故だか、そんな気がいたします。

大田区久が原の住宅地のど真ん中に、とんかつ「自然坊」はある。jinenbo14敢えて云うなら、”オトナのとんかつ”と謳いたい。
冬の時季の「牡蠣フライ」がどんな悦びを与えてくれるか、
それも試しに行かなくちゃだ。

「自然坊」
大田区久が原4-19-24 [Map] 03-5700-5330
http://www.tonkatsu-zinenbou.com/

column/03641

HAMBURGER「マウンテンバーガー」でBLTバーガー上池台と坂道とご近所人気と

mountain大田区に上池台という住所がある。
池井戸潤の小説「下町ロケット」の冒頭に会社の所在地として登場したりする。
その範囲は意外と広くて、環七の東側に品川区と境界を接する帯状のエリアを含み、北側は中原街道より東南側一帯を占める。
池上線の長原駅近くから中原街道に沿って、洗足池の信号までもが上池台。
つまりは、いつもお世話になっている洋食屋「クメキッチン」の住所も上池台。
環七を南に下ると夫婦坂で交差するバス通りの北側が上池台で、
南側は中馬込になる。
そのままバス通りの北側が上池台なのかと思ったら、
ピーコックの前で左手に曲がり入る道が馬込エリアとの境目である模様。
それが新幹線の高架のところまで続くのであります。

上池台はなかなかの急坂を抱えるエリアで、
洗足池の大池に対してそう呼ばれていたという小池公園の四方には、
補助動力のないチャリでは決して登れない坂がある。

上池上循環のバスが通る夫婦坂は、
貝塚坂からそのまま新幹線に向かっておよそずっと下り坂。mountain01mountain02荏原病院の前から新幹線に向かう道もなかなかの急坂で、
夫婦坂からやってきた上池上通りとY字に交差して、
新幹線の高架下へと向かう。
その交叉点にある紅い文字が、
「マウンテンバーガー」のサインです。

店先にはこんなアイテムも飾られている。mountain03色褪せ具合もよろしく、旧き良きアメリカの、
どこかのバーガーショップにあったもののようにも映ります。

人気を窺わせる混雑具合に驚きつつ、 しばし空席を待つ。mountain04やっとこ奥のテーブル席へとご案内。
ほとんどコーラを飲むことはないけれど、
ハンバーガーの時だけはどふいふ訳かコーラが飲みたくなるもので(笑)。

お願いしていた「BLTバーガーセット」がやってきた。mountain05トマトを蝶番にして上のバンズが浮き上がり、
パックリと口を開けたようにも見えて微笑ましい。

粗挽き加減と脂の加減、
なにより焼くことで生まれた芳ばしさが引き立てる、
肉そのものの旨味が感じられる、そんなパテがいい。mountain06そんな風に主役が主役の風格をみせると、
ベーコン、レタス、トマトなぞがきっちりと脇役を演じられる、
なんだかそんな感じがいたします。

その点は上下に挟むバンズも弁えていて、
具材の邪魔をしない軽やかさがある。mountain07それでいて、粉の風味をふふんと感じさせる瞬間があるのが、
ちょっとニクいのであります。

上池台の新幹線高架近くのY字路に、
HAMBURGER SHOP「マウンテンバーガー」がある。mountain09西馬込駅からも洗足池駅からも徒歩15分という立地ゆえ、
電車に乗って訪れるひとはきっと、なかなかの少数派。
この混雑を生んでいるのはご近所ファンが大勢を占めていることになる。
今度お邪魔した時にでも”マウンテン”と名付けた意味を訊いてみよう。
なにやら界隈に所用あり気なkimimatsu姐さんも訪れています。

「マウンテンバーガーMAUNTAIN BURGER」
大田区上池台5-37-2 [Map] 03-5754-5611

column/03629

喫茶洋食「MAGOT108」で街角のポークジンジャーにナポリタンオバちゃんの所作

magot東急大井町線と池上線が交叉する位置にある旗の台駅。
旗の台と聞いてすぐ判るひとは意外と稀で、幡ヶ谷?みたいなリアクションもあれば、えっとなんか五反田の奥の方?みたいな応えの場合もある。
東急の中でも妾の子みたいな扱いだったこともあって、そもそもがマイナーな存在の池上線。
営業距離10.9km、駅数15駅の池上線は、駅間の距離も短くてなんだかバスか路面電車みたいでもある。
でも、そのローカルな感じが実にいいのです(笑)。

旗の台の駅そのものも少々複雑な作りになっている。
大井町線と池上線が斜めに立体交叉し、
池上線によくあるように、
相対式ホームのホーム双方の端に改札があって、
そのどちらもが東口。
北口がなくなった今では、南口が反対側の出入口になっています。

南口改札を出て、
東急の賃貸住宅前を抜けると、
踏切で池上線を渡る稲荷通り。
Craft Beer Bar「TRANSIT」にやき鳥「鳥半」、
ピッツァ「リディア」にとんかつ「吾妻」の前を通って、
中原街道方向へと進む右手に、
「MAGOT108」と青地タイルの壁に示すお店があります。

右手のカウンター席にも空きはあるけれど、
どうぞ広く使ってくださいと、気持ちのいいご案内。
然らばとお尻触りも心地いいソファの、
テーブル席へと滑り込みます。

腹ペコ状態はやはりしっかり目のご飯を求めるようで、
ぐるっと見回したメニューから選んだご註文は、
「ポーク・ジンジャー」。magot01magot02Gingerちんも勿論食べているハズの生姜焼きは、
焼き目の付き具合がなかなかよろしい。
生姜もたっぷりと利いていて、ロース肉の厚みも悪くない。
千切りキャベツもマカロニサラダもたっぷりなのも、
秘かに嬉しい生姜焼きです。

そして、喫茶店メニューの代表格でもある「ナポリタン」。
女将さんが丁寧に炒めてくれている音が、
奥のキッチンから聞こえてきます。magot03ナポちんも勿論食べているハズのナポリタンは、
ちょっとシャツに飛ぶかも系。
フライパンがこがこで炒めるのがスタンダードなのかもしれないけれど、
やっぱり「POWA」のように北京鍋で煽るくらいの”よく炒め”にすると、
もっと美味しくなるのかもしれないなぁと思ったりいたします。

こちら「マゴット108」では、
食後の飲み物との間に、
コーヒーゼリーの小皿を挟んでくれるのがプチ嬉しい。magot04それも出来あいのものとは違う、
珈琲の香りや苦みが生き活きとしたものであることに、
いつも小さく感心しています。

「マゴット108」のコーヒーは、
ネスレのマシンで作ってくれるもの。magot05この2月にTX「ガイアの夜明け」に登場して、
メーカーのマシンで活性化する、
街の喫茶店のひとつとして紹介されていました。
如何にもな風貌と雰囲気のオヤジが、
マニアックに淹れてくれる珈琲が気分の時もあるけれど、
十分に美味しいマシンのコーヒーも悪くないのであります。

旗の台の稲荷通りの真ん中に、
洋食供する喫茶店「MAGOT108」がある。magot06“MAGOTマゴット”はフランス語で、
“清らか”というような意味だそう。
後ろに添えた”108″は、
平成元年の1月8日にオープンしたことからのもの。
女将さんの気風もいい感じなのだけど、
ホールを担当しているオバちゃんのキビキビした姿も印象的。
何処かのホテルか格式のある料理屋での経験でもありそうな、
永く培ったよな接客の心得を滲ませる所作をみせてくれています。

「MAGOT108」
品川区旗の台5-3-4 [Map] 03-3781-3265

column/03623

PIZZA「VAN+P」で赤と白のマルゲリータVANで始めたピッツェリア

vanp池上線の長原駅周辺より馬込方向に急坂を下り、坂の底にある、その名もそのまま小池公園という池を囲む公園で暫し佇んでから別の急坂を上って小池小学校の裏手あたりを通り抜け、ファミリーロードなる商店街から洗足池に至る。
そんなルートも散歩コースのひとつとなっています。
そしてその道程で見つけたお店の一軒が、ガルバリウム鋼板の外観に紅いテントが映える、
ピッツェリア「VAN+P」であります。

店の外には、オリーブの木に並んで、
薪の束が積み上げられている。vanp01薪の塊が薪釜を構えていることを何気に知らせる、
そんな役割も果たしているようです。

ドアを引けば件の薪釜がすぐに目に飛び込んでくる。vanp02グレープフルーツジュースの細長いグラス越しに、
生地を伸ばし、具やチーズを盛り付け、
ピールに載せて釜の中へと置いて、薪の位置を整える。
そんな所作をぼんやりと眺めるのも愉しいひと時です。

まずはやっぱり「マルゲリータ」。vanp03ぷっくりしたコルニチョーネに焦げ色が浮かんでいい感じ。

粉の芳ばしさを含んだ乾いた旨味と、
トマトソースとチーズの旨味とが、
互いに変化しながら仲良く融合する、
釜の中での数十秒。vanp04生地の厚さの配置も絶妙に映ります。

地階への階段の上には、黒板が架けれている。vanp05どれにしようか迷わせてさらに、
Sサイズで我慢するか、Mサイズを奢るか迷わせます(笑)。

トマトソースによる”Rosso”カテゴリの「マルゲリータ」に対して、
“Bianca”と題した一群にも「マルゲリータ」がある。
「マルゲリータ ビアンカ」のランチもあっていいよね。

成る程、完熟トマトはソースとしてではなく、
刻んだ具として載せられている。vanp06モッツァレラの白がより主張するように、
いつもより多めに回しております感じ(笑)。
ビアンカでもイタリア国旗たるべく、
バジリコの緑は欠かせません。
味わいの軸は、水牛プーファラ。
うんうん、こんなマルゲリータもあっていい。

偶にはパスタもいただきたいと、
「しらすのシシリア風ぺペロンチーノ」。vanp07しっかり乳化したオイルに、
釜揚げのしらすとアンチョビの塩っけがよく馴染む。
刻んだ紫蘇の葉の青い香りも混ぜ込んで、
ピッツァばかりでなく、麺も旨いじゃないっすかと、
ぶんぶん頷いてしまいます(笑)。

階下は、間接照明に包んだ、
ちょっと可愛らしい設えのテーブル席。vanp08「MORETTI」のエンブレムも見つかります。

お店の名にある「VAN」の由来を訊ねたら、
入口ドア脇の棚にある模型を差し示された。vanp09店のスタート時には、VANに釜を積んで、
ピッツァの移動販売を行っていたのだそう。
「+P」の”P”は何かとさらに訊ねたら、
オーナーが単語を調べたところ、
琴線に触れる単語に”P”を頭文字とするものが多かったこともあって、
それらをひと纏めに表現するものとして添えたのだそう。
きっと勿論、VANでPIZZAの”P”も含んでいるのだろうね。

洗足池から南へ伸びる商店街沿いにPIZZA「VAN+P」がある。vanp10今度は、しらすと大蒜の「チェチェニエッリ」とか、
小海老とズッキーニの「ガンベレッティ」あたりを、
「MORETTI」の瓶を片手にいただきとうございます。

「VAN+P」
大田区上池台2-37-6 [Map] 03-5754-4323

column/03595

ピッツァ「リディア」でマルゲリータにラザーニャパンツェロッティ街角のピザハウス

lidia旗の台駅の南口駅前。
ローカルな駅ゆえ、朝のラッシュ時でも夕方の帰宅時間帯でも、通勤通学客でわさわさ混み合う様子はみられません。
池上線のダイヤがちょっと乱れて編成間の距離が縮まってくると途端に開かずの踏切になるのもまぁ、ローカル線の風物詩と思えば、イラつかなくて済むってなもの。
中原街道から荏原町方面目掛けて一方通行下り坂になっているので、稲荷通りを進んできたクルマが数珠繋ぎになっているのが踏切からよく見渡せたりします。

踏切のすぐ脇にあるのが、CRAFT BEER BAR「TRANSIT」への入口で、その並びに炭火やきとり「鳥半」がある。lidia01もう一軒並びにあるのがピッツァの店「リディア」の看板だ。
以前は「Andy」という店名が掛かっていたのだけれど、いつの間にか「LIDIA」という店名に書き換わっていたのです。

店内は「Andy」の頃のまま。lidia02壁に小さめの額が幾つも飾られていて、悪くない雰囲気を醸しています。

ランチメニューにセットしてもらったサラダがまず届く。lidia03メニューには「築地御厨さんから仕入れた新鮮野菜のサラダ」とある。
築地御厨(みくりや)というのは、湊にあるレストラン専門青果店であるらしい。
何気にしゃきっとして旨味のあるサラダだなぁと小さく合点します。

ランチのピッツァは、定番のマルゲリータかマリナーラに本日のピッツァのいずれか。
定番中の定番をお願いしましょう。lidia04店内に炭焼き釜がある訳ではなく、電気釜を駆使したピッツァ。
でも、粉の風味も焼きっぷりも悪くない。
28cmの一枚もぺろっといただけます。

ゆるゆるとした昼下がり。
そんな時には、グラスのワインをいただいての「ラザーニャ」。lidia05lidia06あんまり肉々しい感じじゃないのかもと思いつつ食べ進むと、重ねた生地の間からみっちりとミートソースが顔を出す。
ふーふー云いながら慌てずにいただきましょう(笑)。

時には奥のやや暗いカウンターに佇んで。lidia07酒瓶並ぶその上にも小さな額が折り重なるように掛けられています。

ふとそんな気になっての「パンツェロッティ」。lidia08熱いですので気をつけてと注意が促される包み揚げピッツァだ。
ナイフを挿し込むと湯気とともにチーズが零れ出す。
半円形ではなく、歪で素っ気ないお姿だけど、たまにはいいねと独り言ちます。

「Andy」転じて「LIDIA」となったピザハウスが旗の台南口駅前にある。lidia09「Andy」の前はさらに微妙に違う店名だったような気もするのだけれど、思い出せません(笑)。
白金店や三軒茶屋にも兄弟店があるようです。

「リディア」
品川区旗の台5-13-12 [Map] 03-3785-6672

column/03547