島料理「森の賢者」で ガチュンで南蛮漬け豚キムチ春巻賢者風

kenjya.jpg一年振りの石垣の夕べ。 新規開拓して夕食をと思案するも、 どうも気の利いた妙案に辿り着かず。 無理に気の向かない処で過ごすより、 もしも予約が叶うならと「森の賢者」に電話を入れる。 幸いにも、早い時間のカウンターに空きがありました。 レンタカーショップの送迎で、石垣中学校の坂へと向かいます。

他の席は予約で満席という「森の賢者」に一番乗り。kenjya01.jpg誠実なるご主人に久方振りの対面です。

まずはやっぱり「オリオン」をいただいて、 「もろみ豚でもつ煮込み」。kenjya02.jpg汁だくの下町煮込みとは趣を異にする、煮物の風情だ。

刻んだ長命草たっぷり載った「近海魚で南蛮漬け」が、旨い。kenjya03.jpg本日の近海魚は、ガチュン。 ガチュンは、八重山で云うところの目鰺である模様。 ぱりっと骨ごとやっつける唐揚げと南蛮ダレ。 そこに長命草独特の香気が重なる。 思わず、刮目してしまいます(笑)。

「森の賢者」では、おひとりさまには量の加減をしてくれるところもお気に入り。kenjya04.jpg「フーチバーとプリプリ海老の水餃子サラダ」も、 量をちょっと減らしたおひとりさま仕様にて。

「森の賢者」で泡盛と云えば、「請福」の。kenjya05.jpgkenjya08.jpgシークヮーサーでぜひとのおススメに従って、少々を搾り入れる。 ああ、なんて気の利いた呑み口になることでしょう。 そんな「請福」には、柚子とシークヮーサーで仕上げた泡盛もございます。

もうひと品をと、「豚キムチの春巻き 賢者風」。kenjya06.jpgkenjya07.jpgつまりは粗みじんに叩いた豚キムチの揚げ春巻き。 三角に包んだフォルムが愛らしい。 これもまた「島素材の天ぷら盛り合せ」などと並ぶ、 「森の賢者」の人気定番品なのでありましょう。

石垣の島食材を活き生きと、島料理「森の賢者」。kenjya09.jpgヤマトゥンチュだからこそ、 島の魅力を紐解き、島の食材・風土に向き合い続け、 島の食材をより活かしたいと思えるのかもしれないなぁ。 お店のファサードを眺めながらそんなことを想っていたら、 どこかでホホーっと梟が鳴いたような気がしました(笑)。

口 関連記事:   島料理「森の賢者」で 昇華する島食材の酒肴たち(07年09月)   島料理「森の賢者」で 請福の島の野草茶割り島野菜のてんぷら(12年08月)


「森の賢者」 石垣市新川49-2 [Map] 0980-83-5609  http://www.beeline.co.jp/moriken/
column/03404

「島料理「森の賢者」で ガチュンで南蛮漬け豚キムチ春巻賢者風」への2件のフィードバック

  1. ご主人は本土の方なんですね!
    こう言っては偉そうですが、垢抜けしたセンスを感じました。
    沖縄の料理は、茶色系が多く、出し方も素朴なものばかりの印象でしたが、こちらは美しい料理ばかりですね!

  2. Re:ねこさま
    島が気に入って住みついたマスターとその奥さま。
    色々とセンスあるお店の仕立ては、料理の構成にも活きています。
    でもかっこつけてりところはありません。
    ぜひ、石垣までお訪ねくださーい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*