牛汁牛そば「新垣食堂」で エキスひたひた牛そば牧場直営食堂

aragaki.jpg那覇から飛んで石垣島へ。 降り立ったのは、懐かしき石垣空港ではなくて、 この3月に開港した新空港だ。 開港を記念してJTAが就航した、 「南西航空」塗装機体を眺めながら、 そのずっと先に白保の海を臨むロータリーに立つ。 本島の街とはやっぱりどこか違う空気に包まれます。

そのままダイビング船の待つ港へというのも手なのだけど、 久々にのんびり島一周してみようと車を借りる。 白保地区を抜けて国道390号を北へと向かいます。

まず寄り道したのが玉取崎展望台。aragaki09.jpgアイスキャンデーを売るオヤジさんの、三線の音色を耳に小高い丘への小道。 そよそよと風の抜ける展望台からは、 伊原間(いばるま)のくびれを挟んで左に太平洋、右に東シナ海が見渡せる。 心地よさにぼーっと佇んでしまいます(笑)。

玉取崎展望台から眺めていた伊原間の集落に立つバス停前。aragaki02.jpgaragaki03.jpg「新垣食堂」の開店時間、11時半はもうすぐだ。

準備中の木札が営業中に裏返る。aragaki04.jpg手前にテーブル席があり、奥に小上がりがあるスタイルに「山原そば」を思い出します。

aragaki05.jpg牛さんのお顔と共に”当店牧場産”を明示する脇に、 お品書き三本立てが掲げられてる。 「牛汁(ライス付き)」に「牛そば」、そして何故か「カレーライス」。 「牛汁ライス」も激しく気になりつつ、「牛そば」の「小」をお願いします。

普通サイズと思しきどんぶりにお肉たっぷし。 麺が見えなくて、もしや「牛汁」かと一瞬訝るも、麺の一角を目にして合点する。aragaki06.jpgしっかりした出汁に牛の旨味エキスがひたひたと。 きっと牛骨もフィーチャーしてることでしょう。

麺はといえば、ある意味当然の丸い断面の八重山そば仕様。aragaki07.jpgこんな力強いスープにもすんなりとマッチして、いい。 どこの製麺所の麺かしらん。

石垣島北部のくびれ、伊原間集落に「新垣食堂(あらかきしょくどう)」はある。aragaki08.jpg黒毛和牛の新垣牧場直営の食堂で今度は、 「牛汁」ライスがいただきとうございます。

口 関連記事:   本場「山原そば」で 三枚肉そばソーキそばやんばるの中の洗練(10年07月)


「新垣食堂」 石垣市伊原間59 [Map] 0980-89-2550
column/03398

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*