そば「歌舞伎そば」で 大もりかき揚げ歌舞伎座脇の行列の意味

kabukisoba.jpg横目に見る歌舞伎座脇の行列がいつも気になっていました。 でも、今までそば屋に並んだ記憶がないので、その行列の意味が推し量れずにいたのです。 ふと見た今日の空席待ちは、4人さま。 ここはひとつ、並んでみましょう。
券売機で買うは、「大もりかき揚げ」。 すぐ前の常連風の真似っこです(笑)。kabukisoba01.jpg カウンターの中、ちゃっちゃと注文を捌くその影で、 リズミカルに体を上下させながら蕎麦を笊に盛るもうひとりのオッチャンの所作に”職人”を感じます。 大きな鉄鍋でジジと揚がったかき揚げが、ひとくち大に千切って笊の周囲に配され、やってきました。kabukisoba03.jpg凡そ揚げ立てのかき揚げ。 カリッと甘い旨味が弾けます。 kabukisoba02.jpgkabukisoba04.jpg kabukisoba05.jpg正に大盛りな風味あるそばとすっきりとしたかえしの辛汁の相性がいい。 なるほど、これで490円というところに、行列の理由があったのですね。 幕間に啜る、なんてこともできるのかな。


「歌舞伎そば」  中央区銀座4-12-15[Map] 003-3542-1028
column/02265

「そば「歌舞伎そば」で 大もりかき揚げ歌舞伎座脇の行列の意味」への4件のフィードバック

  1. ああ、ここここ!
    気になっていたんですの!
    でもほら、レデー1人では並びにくいでございましょう?♪
    歌舞伎座付近は、魅力的なスポット乱れ咲きなのでございます!

  2. Re;華麗叫子さま
    うん。オバチャンはへーきな顔、というより喜色な顔で並んでましたけど、レデェーおひとりさまは浮いちゃうかもしれませんね~。
    そう!裏歌舞伎町、じゃなかった裏歌舞伎座界隈は昼に夜に気になるエリアなのです。

  3. Re;くにさま
    いつ千切ったの?ってな感じにホントに手早くテンポの良い所作でそのかき揚げの配置なのですよ~。
    変わった店?ま、いい意味でね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*