てげてげ料理「極楽亭」

gokurakutei.jpg以前その前を通りかかって気になっていた「極楽亭」へ。東急ストアの横手からさらに、抜け道のような狭い通路に面しています。暖簾越しに横手に広がるカウンターを覗き込むと、常連サンらしい雰囲気の客たちでなかなかの賑わいだ。席を得るのは無理かなと思ったものの、「お待ちくださ~い」の声に待っていると、気をきかせてくれたらしい数人の客が席を立っていく。あ、いや、そんなツモリじゃないんですが、すいません。びしっとお化粧を整えた女将さんは、鹿児島・加治木のご出身。メニューにもところどころそんなエッセンスが感じられます。さつま揚げの「てげてげ天」を揚げ立てで、そして黒豚のモツを使ったという「白モツ煮込み」あたりから。「手造りポテトコロッケ」には、オリバーどろソース、という辛味しっかり旨味しっかりのソースをかけていただく。ソースタンクの1番下のどろどろとした部分で原料の野菜の旨み甘味を抱え込んだ、神戸発のちょいレアのソースだと云う。「ぎんなん包み揚げ」ってナニ?と注文んだら、ワンタン皮に銀杏の実を包んで揚げたものにゆかりがふりかけたものがやってきた。噛むとほんのり香るカレー風味が意外で面白い。あ。気が付いたら、今日からなのよと云う「おでん」も「熊本直送極上馬刺」も「人気のカレー」も食べなかったな。”てげてげ”というのは、宮崎・鹿児島方面で”適当に”とか”ほどほどに”といった意味だそうです。 「極楽亭」 目黒区自由が丘1-7-5-103 03-5701-1050
column/01667

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*