「たまにはカフェめし喫茶店」カテゴリーアーカイブ

古民家カフェ「蓮月」で蓮月丼焙じ茶プリン惜しまれ閉店した蓮月庵家屋復活の姿

rengetsu大田区の池上といえば、本門寺。
例年の人出が15万人とも云われる程、年明けの本門寺は初詣の参拝客で賑います。
日蓮宗の大本山、本門寺へは池上線の池上駅から総門に向かってゆっくりと歩き、96段の石段による此経難持坂を上り往く。
やや大股で辿る石段を一気に登りきると、日頃の運動不足を実感する瞬間が必ず訪れます(笑)。

石段の先でやっと平らになり、
その先に仁王門が迎えてくれる。rengetsu01rengetsu18そうそう、石段の途中や総門の柱の脇あたりにいる、
猫に挨拶するのもちょっとした習慣になっています。

参拝を済ませて、お札を納め、
ふたたびさっき登ってきた石段をくだる。
総門を出て振り返った後は、どふいふ訳か毎年、
足が参道から外れて脇の道へ行こうとする。

それは、急遽閉店してしまった甘味処「あらい」のあった道。
そして、「あらい」の向かいにあった蕎麦処「蓮月庵」が、
ご主人が高齢のため引退され閉店してしまったのが14年6月のこと。
本門寺を訪れる度に、どちらに入ろうか、いっそハシゴしてまおうかと、
悩ませてくれた両店がいずれもなくなってしまっていたのです。

1927年(昭和2年)に建てられたものだという「蓮月庵」の古家は、
その佇まいをじっと眺めていられるほど魅力のあるもの。
蕎麦店として活かされていた建物がひと気を失っている様子は、
とっても寂しいものでした。

そんな「蓮月庵」の建物が、
カフェとしてふたたび活かされることになったと知ったのは、
ロレンスさんの日記から。
そんなこともあって、
参拝後の足は「蓮月庵」のあった裏道へと向くのでした。

元「蓮月庵」の建物は、およそ往時のまま。rengetsu17横っ面の板壁は流石に草臥れているけれど、
入口前に提げられた真新しい暖簾の群青が、
旧くして端正な表情にしています。

案内されたのは、
いつぞやの小上がりへ土足のまま上がったところに据えられた、
ふたり用テーブル席。rengetsu02-01rengetsu03奥には裏庭に面してソファー席があり、
横手には4席のカウンターが設けられています。
この辺りは蕎麦店の頃には様子の窺えなかった場所ゆえ、
なんだかキョロキョロしてしまいます(笑)。

座った場所から入口側を振り返ると、
コカコーラの冷蔵庫が置かれていた場所の屋根が、
そのまま残っているのが判る。rengetsu04左手の長押の上に掲げられていたお品書き「停止価格」は今、
入口の頭上に場所を替えています。

テーブルの脇には、
重厚感たっぷりの古式床しい金庫がある。rengetsu05今何が収まっているのか、
こっそり覗いてみたくなります(笑)。

蓮月庵と透かしのあった硝子戸の脇には、
新たに誂えたと思しきレトロな硝子の給水機がある。rengetsu06例えば、純氷を突っ込んだ、
白くて青い縁のホーローの給水機もここに似合うかもしれないね。

お願いしていたのは、
お店の名を冠した「蓮月丼」。
炙り豚丼との副題がついています。rengetsu07女性陣営むカフェゆえの感じをなんとなく想像していたので、
ドンブリから食み出さんばかりの、
予想外の肉の大きさにはっとします(笑)。

こうきたか~とドンブリを横から眺めると、
さらに肉の厚みも負けてない。rengetsu08どれどれと箸で掴んだ厚みある豚に齧り付く。
甘味を含んだタレ味とともにこれまた意外な歯応え。
食べ口の全体感はモソモソする感じ。
それは、炙り豚丼だとメニューで読んでいたのに、
何故だか頭の中で豚バラの煮込み、
つまりは東坡肉のようなイメージで齧った所為もある。
ただ、ボリューム感は嬉しいのだけれど、
さらに半分の厚さにスライスしたお肉で枚数増やして焼いた方が、
より美味しくいただけるんじゃないかなと思ったりもいたします。

テーブルの頭上の長押に小さな黒板が置かれていて、
デザートメニューなんぞが書き込まれている。rengetsu09ほうじ茶プリンなんて、いいかもしれません。

女性スタッフが運んでくれた「ほうじ茶プリン」をゆっくりいただく。rengetsu10しっかり甘くて、焙じ茶の香りもしっかりだ。

二階覗いてもいいですかと断って、
「蓮月庵」の頃からずっと気になっていた二階へと潜入する。rengetsu11rengetsu12rengetsu13表側からの階段を上がるとすぐに裏手に下がる階段がある、
そんな面白い造りになっている。
これなら大人数の宴会の際にも、
配膳するひと達や厠へと下りる客人たちなんぞで、
狭い階段が交錯するなんてことが或る程度防げそう。
階段の脇には大きな鏡が据えられていて、
鏡の右下隅には西宮酒造會社と焼き込みがあります。

二階は、打ち抜きで三間が続く、
広々として硝子戸も粋なお座敷、都合32畳。rengetsu14rengetsu15卓袱台が実に良く似合う純和風の座敷は、
レンタルスペースと利用することができるそう。
天井が特に高い訳ではないけれど、
落語の高座なんてのもきっとオツな催しになりそうだよね。

惜しまれて惜しまれて閉店した蕎麦処「蓮月庵」が、
取り壊されることなく復活した姿が、古民家カフェ「蓮月」。rengetsu16ひとまず「蓮月」を残したいと尽力した方々の想いと成果を讃えたい。
今度は、もうひとつのランチメニュー「温玉そぼろ丼」と、
のんびりした時間をいただきにお邪魔しとう御座います。

「蓮月」
大田区池上2-20-11 [Map] 03-6410-5469
http://rengetsu.net/

column/03652

MOZART WOHNHAUS「Cafe CLASSIC」で優雅な朝ごはんモーツァルト住居の下で

cafeclassicなんだかピリッと寒い感じがなくって、過ごし易いのがなんとも妙な気分のザルツブルクの年の瀬の朝。
東京も観測史上に残るような暖かい日があったし、独逸では桜の花が咲いちまったなんてニュースも聞いた。
こんなんでこの地球は大丈夫なんだろうかと矢鱈暑い夏よりも暖か過ぎる冬に今更乍ら危惧を憶えたりする。
そんなことをもぶつぶつ思いながら、2度も「サウンド・オブ・ミュージック」のツアーでもお世話になっているオーストリア国家資格ガイドsepp氏に誘われた場所へと、Mirabellplatzミラベル通りを歩きます。

やってきたのはマカルト広場。cafeclassic01そう。
ドップラー効果の物理学者、
クリスティアン・ドップラーの生家も面するこの広場は、
あの、Mozart-Wohnhausモーツァルト住居がある処。
二次大戦で大部分が破壊された後に、
第一生命保険のスポンサードもあって復元され、
二階部分を中心に博物館になっている。
Mozarteumのビューローの向こうには、
いつぞや、瑞々しいシュパーゲルをいただいた、
Delikatessen「FEINKOST KÖLBL」がある。

その「FEINKOST KÖLBL」とは逆サイドにあるのが「Cafe CLASSIC」。cafeclassic02さわさわとした静かな賑わいが店内に満ちています。

年末年始のコンサートのリハーサルを控えた、
lara姐さんとも一緒にメニューを眺め決めた、
Frühstück朝ごはんのご注文は「Das Herzhafte」。cafeclassic03ひと啜りしたカプチーノが実に美味いんであります。

小皿には、ハムにサラミ、チーズなぞ。cafeclassic04cafeclassic05それを手許のナイフで半裁した、
Semmelセンメルにのっけて齧り付く。
通常黒パンであるところをクロワッサンに替えてもらうのは、
seepガイドの常套手段であるらしい(笑)。

エッグスタンドの半熟茹で玉子をつるんといただいて、
カプチーノのカップを飲み干して。cafeclassic06優雅な朝ごはんが終演を迎えます。
カップの縁に刻まれた”Wien 1862″は、
なにを示す事柄なのでしょう。
改めてseppガイドにこっそり訊いてみよっと(笑)。

マカルト広場に面したモーツァルト住居の一階に、
「Cafe CLASSIC」はある。cafeclassic07しっとり落ち着いた店内は、
壁に絵画や写真を掲げてギャラリーとしても機能している。
こんなお店が身近にあるなんて、羨ましいね。

「Cafe CLASSIC」
Makartplatz 8 A-5020 Salzburg [Map] +43-662-88-2700
http://www.cafeclassic.at/

column/03639

喫茶洋食「MAGOT108」で街角のポークジンジャーにナポリタンオバちゃんの所作

magot東急大井町線と池上線が交叉する位置にある旗の台駅。
旗の台と聞いてすぐ判るひとは意外と稀で、幡ヶ谷?みたいなリアクションもあれば、えっとなんか五反田の奥の方?みたいな応えの場合もある。
東急の中でも妾の子みたいな扱いだったこともあって、そもそもがマイナーな存在の池上線。
営業距離10.9km、駅数15駅の池上線は、駅間の距離も短くてなんだかバスか路面電車みたいでもある。
でも、そのローカルな感じが実にいいのです(笑)。

旗の台の駅そのものも少々複雑な作りになっている。
大井町線と池上線が斜めに立体交叉し、
池上線によくあるように、
相対式ホームのホーム双方の端に改札があって、
そのどちらもが東口。
北口がなくなった今では、南口が反対側の出入口になっています。

南口改札を出て、
東急の賃貸住宅前を抜けると、
踏切で池上線を渡る稲荷通り。
Craft Beer Bar「TRANSIT」にやき鳥「鳥半」、
ピッツァ「リディア」にとんかつ「吾妻」の前を通って、
中原街道方向へと進む右手に、
「MAGOT108」と青地タイルの壁に示すお店があります。

右手のカウンター席にも空きはあるけれど、
どうぞ広く使ってくださいと、気持ちのいいご案内。
然らばとお尻触りも心地いいソファの、
テーブル席へと滑り込みます。

腹ペコ状態はやはりしっかり目のご飯を求めるようで、
ぐるっと見回したメニューから選んだご註文は、
「ポーク・ジンジャー」。magot01magot02Gingerちんも勿論食べているハズの生姜焼きは、
焼き目の付き具合がなかなかよろしい。
生姜もたっぷりと利いていて、ロース肉の厚みも悪くない。
千切りキャベツもマカロニサラダもたっぷりなのも、
秘かに嬉しい生姜焼きです。

そして、喫茶店メニューの代表格でもある「ナポリタン」。
女将さんが丁寧に炒めてくれている音が、
奥のキッチンから聞こえてきます。magot03ナポちんも勿論食べているハズのナポリタンは、
ちょっとシャツに飛ぶかも系。
フライパンがこがこで炒めるのがスタンダードなのかもしれないけれど、
やっぱり「POWA」のように北京鍋で煽るくらいの”よく炒め”にすると、
もっと美味しくなるのかもしれないなぁと思ったりいたします。

こちら「マゴット108」では、
食後の飲み物との間に、
コーヒーゼリーの小皿を挟んでくれるのがプチ嬉しい。magot04それも出来あいのものとは違う、
珈琲の香りや苦みが生き活きとしたものであることに、
いつも小さく感心しています。

「マゴット108」のコーヒーは、
ネスレのマシンで作ってくれるもの。magot05この2月にTX「ガイアの夜明け」に登場して、
メーカーのマシンで活性化する、
街の喫茶店のひとつとして紹介されていました。
如何にもな風貌と雰囲気のオヤジが、
マニアックに淹れてくれる珈琲が気分の時もあるけれど、
十分に美味しいマシンのコーヒーも悪くないのであります。

旗の台の稲荷通りの真ん中に、
洋食供する喫茶店「MAGOT108」がある。magot06“MAGOTマゴット”はフランス語で、
“清らか”というような意味だそう。
後ろに添えた”108″は、
平成元年の1月8日にオープンしたことからのもの。
女将さんの気風もいい感じなのだけど、
ホールを担当しているオバちゃんのキビキビした姿も印象的。
何処かのホテルか格式のある料理屋での経験でもありそうな、
永く培ったよな接客の心得を滲ませる所作をみせてくれています。

「MAGOT108」
品川区旗の台5-3-4 [Map] 03-3781-3265

column/03623

Caffè「Boccaccio」で国境の街の麦酒国境の街Goriziaの市場のカフェでひと休み

boccaccioアドリア海北縁のラグーナに浮かぶ海辺の街、グラド滞在記もいよいよ大詰めとなってきました。
この日は、グラドを離れてスロベニアとの国境の町を訪ねようと、朝早くバス停に急ぎ足。
なんとか間に合ったバスは、グラドと本土とを繋ぐ長い橋を走り抜け、東寄りにと進路を取ってゆきました。

到着したのは、ゴリツィアGoriziaの街。
トイレを借りようと駅のホームに侵入して、記念写真一枚(笑)。boccaccio01日本の鉄道のように改札があるのがいいのか、
ないのがスムーズなのか、それぞれ一長一短ありそうですね。

漫ろ歩くゴリツィアの街並み。boccaccio02舗道で憩うカフェなんかもあり、
なんだかゆったりと時間が流れている気がします。

横断歩道の路盤も石畳で表現されていて、いい感じ。boccaccio03どこもかしこもアスファルトを敷設してしまうのが、
無粋に思えてしまいます。

目抜き通りのひとつと思われるCorso Italiaから、
その先のCorso Giuseppe Verdiへ。
日本のように突出看板がなく、街並みがすっきりして美しい。boccaccio04boccaccio05郵便局の建物から右手を覗いたら、
その奥やや遠くの丘の上に、
小さなお城Castello di Goriziaが目に留まったりする。

郵便局の斜向かいのブロックには、
幾つかの商店が並ぶ長屋があって、
その中の一軒は、つまりはワイン屋さん。boccaccio06ボトルが居並ぶ様子ではなくて、
なんと計り売りがメインな様子。
地元産の白ワインをペットボトルに詰めて貰います。

そしてその並びの門が市場の入口。boccaccio08boccaccio09どこかの小学校の入口のようでもありますが、
その門扉には錆色が素敵なエンブレム。
丘の上のお城をモチーフとしているのでありましょか。

建物に入ってすぐには、色々な果物が並んでる。boccaccio11初めて目にするような野菜たちを横目に進み、
そのまま建物の裏手に抜けて、
一棟奥の建物に闖入するとそこが魚市場。
そこでなんとグラドで魚を扱うひとに会ったりするのでした。

ちょっと歩き疲れたねとその脇に立つカフェに立ち寄ってみる。
Caffè「TUBINO」とサインがあるのは、
イタリアのコーヒーブランドのひとつであるらしい。
「illy」のライバル、といったところでしょうか。

カウンターの女性がひとりで切り盛りする、コンパクトな店内。boccaccio12みんな、勝手知ったる風情で、
それぞれがそれぞれに常連であるように映る。
店の隅にあった、建具に囲まれたとても小さな空間が、
トイレであるか否か、今でも謎のままです(笑)。

いただいたのは「Villacher」のボトル。boccaccio13ドライというよりは、どことなく硬質感のある吞み口が面白い。
軽やかでいて苦味がしっかり利いている。

フィッラッハVillachというのは、
イタリアと国境を接しているオーストリアのケルンテン州、
その一番南の街のことであるらしい。
イタリアのひと達にとっては、隣の国のビールということになるんだね。

スロベニアとの国境の町ゴリツィアGoriziaの、
ジョヴァンニ・ボッカッチョ通りの魚市場の入口に、
地元のひと達が集うCaffè「Boccaccio」がある。boccaccio14カウンターのお姐さんと冗談のひとつも交わしながら、
エスプレッソをくいっと舐める、 ベッカムカットでジローラモ風御仁の後ろ姿も印象的です(笑)。

「Boccaccio」
Corso Giuseppe Verdi, 28 34170 Gorizia GO Italy [Map]

column/03598

bar「MANZONI」でGradoの街の入り江とヨット眺めいただくカプチーノ

manzoniイタリア北東部のフリウリ洲Udineの石畳の路地にある食堂「FRASCA DI CITTÀ」で、ウディネ近郊の郷土料理をワインと一緒にいただいてから、時間に間に合うようにダッシュして駅前のバス停へ。
wi-fiフリーのバスは、およそ真っ直ぐに南下し、そのまま海中道路の上をひた走る。
両側に海が広がる光景は、沖縄の伊計島へと繋がる道路とはまた趣を異にしてかつ魅力的。
いつか訪れたいと思っていた海辺の街、グラドGradoにやってきました。

荷物を降ろして早速辺りを散策する。
街中まで入り江が入り込んでいて、そこに沢山のヨットが停泊していてイイ感じ。manzoni01manzoni02manzoni03対岸には、時季ともなればラグーナを巡る船も横付けされています。

入り江の導入部辺りへと向かう途中には、魚市場(つまりはグラドの築地)があったりする。manzoni04漁船の上には、海猫や鴎が優雅にとまり、鳴き声を上げては羽ばたいてを繰り返しています。

入り江に沿って戻ってきて、ひと休みしようかと腰を降ろしたのが、係留されたヨットも目の前のバール。manzoni05manzoni06カプチーノでもいただいましょう。

カップには「MATTIONI」の文字とGoriziaの地名。manzoni08manzoni07「illy」のトリエステTriesteも近いけど、ゴリツィアのCAFEÈを選んでいるのですね。

グラドの街の真ん中のヨットバーバーに面して、
bar「MANZONI」がある。manzoni09建物の横の通りの名も「MANZONI」。
通りの名が先か、バールの名が先か。
さて、どちらでしょうね(笑)。

「MANZONI」
Via Alessandro Manzoni, 5 34073 Grado GO Italia [Map]
+39 0431 80025

column/03578