「ビアの巣窟ヴィノの誘惑」カテゴリーアーカイブ

炭の屋「でですけ」で炭焼き鯖串にレバー串日本固有品種の赤マスAが良く似合う

dedesuke新橋のランドマークと云えばやっぱり新橋の駅前、SL広場にも面して建つニュー新橋ビルでありましょう。
昭和46年に開業したというニュー新橋ビルは、つまりは45歳ほど。
オリンピックの頃には、昭和の後半から平成までの半世紀を眺めてきたビルになる。
昭和の空気どころか戦後の闇市の残り香さえも思わせるような独特の風情を孕んだニュー新橋ビルに対しても再開発の動きがあるらしい。
耐震や防災対策の必要性は否定できないけど、あちこちでみられる古き良き建物の解体には、遣る瀬なさを想うばかりであります。

そんなニュー新橋ビルの裏手、週末の烏森通りは、
駅方向へ向かうひと達とそれとは逆に、
新橋三丁目辺りの店に向かうであろうひと達が、
行き交い擦れ違う賑やかさ。dedesuke01通りを照らす看板のひとつに、
今宵の止まり木、炭の屋「でですけ」の文字を見つけました。

案内されたのは、先客さん達の間を擦り抜けた先のカウンター。dedesuke02頭上には、焼鳥屋の佇まいを表す行燈が浮かんでいます。

口開きの麦酒をバーニャカウダ的お通しと、
「鶏のポテトサラダ」でやっつける。dedesuke03粗くマッシュしたタイプではなくて、
しっとり滑らかにさせたタイプのポテサラだね。

ここでメニューから選んだは、
今夜のお題”日本ワイン”のひとつ、
ジャパンプレミアム「マスカット・ベリーA2012」。dedesuke04グラスに注いだ時の明るめの紅が印象的だ。

マスカット・ベーリーAは、
日本固有の、日本を代表する赤ワイン用品種。
1927年(昭和3年)に”日本ワインの父”と呼ばれる川上善兵衛氏が、
ベーリー種とマスカット・ハンブルグ種とを交配して、
生み出したものだそう。

赤ワインを註文んでおきながら、
目の前の炭焼き台に載せられたのは、
縞模様も鮮やかな「サバ串」。dedesuke05dedesuke07程良く焼き上げられた鯖の串は、
キリっとした醤油タレが塗られて出来上がり。
脂がよーく乗った皮目あたりがめちゃ旨い。

そして、そんな醤油タレの鯖串に、
マスカット・ベリーAの軽やかなにして、
ふくよかな果実味が良く似合う。dedesuke06魚料理に合うのは一般に白ワインだと云われているけれど、
日本ワインはちょと違うと実感させる瞬間だ。

目の前の炭焼き台から続いて届いたのは、
串焼きの「こころ」。dedesuke08一瞬の弾力ある歯応えの後、
包みこんでいた旨みが一斉に弾け出る。
そして、こんな串にもマスAの、
華やかな香りがすっと馴染む。

正直なところ、
カベルネ・ソーヴィニヨンのチリワインあたりに代表される、
重さと濃密さ直球の赤ワインには縁遠くなっているけど、
こふいふ赤だったらもっと目線を向けてもいいかもと、そう思う。

「コショウ鶏」は、その名の通り、
胡椒味仕立ての鶏のソテー。dedesuke09齧ったピンクペッパーの香りに、
やわらかな口当たりの赤を追い駆けましょう。

さらに炭に炙られ、焼き上がったのが、
「レバー」に「つなぎ」。dedesuke10dedesuke11ふんわりと加減良い焼き具合のレバー。
醤油タレに包まれたレバーの甘さが解れ出して思わず唸る。
焼鳥には兎に角日本酒でなんて、
ステレオタイプしちゃっていたけれど、
渋味や重さの代わりに心地よい果実味のある、
日本固有種の赤ワイン、合うんじゃないでしょか。

もしかしたら鮪赤身のづけとか、
銀鱈の西京焼なんて酒肴の美味しさも、
より膨らませてくれるかもしれません。

新橋駅烏森口徒歩1分、
ニュー新橋ビル裏手の烏森通りに炭の屋「でですけ」がある。dedesuke12「でですけ」というとJRの車窓からも眺める、
饂飩も喰える恵比寿のお店だけかと思っていたら、
新橋・銀座にも展開していたのですね。

そんな「炭の屋 でですけ」には、
サントリーの企画で訪問しました。
希少品を含むサントリーの日本ワインの幾つかは、
amazonから試すこともできるようですよ。

「炭の屋 でですけ」
港区新橋3-16-4 西原ビル1F [Map] 03-3431-3442
http://www.dedesuke.com/

column/03616

Weinbau「Zawodsky」でウィーン郊外の清々しい庭のテーブルと自家製ワイン

zawodskyアドリア海北縁に浮かぶ街グラドを離れて、ザルツブルクに戻ってきた。
幼少の頃日本から独逸に渡ったEちゃんに云わせると、ザルツブルクは正確に発音するとサルツブルクとなるらしい。
Eちゃんは、誰かがクシャミをした時に間髪入れずに、Gesundheit!(お大事に!)と叫ぶととっても喜んでくれるのです(笑)。
名残惜しくもそんなサルツブルクを離れる日程が近づいてきました。
翌日の早朝に発つ便のため前泊するウィーンへと、ふたたびWestbahnに乗り込んだのでありました。

ウィーン市街をウロウロっとしてから、
地下鉄U-Bahn Wienで北方向へ。

U4のHeiligenstadt Bfという駅で降りて、バスを待つ。
親切に教えてくれたおばさまと一緒に乗り込んだバスを降りると、
Wiener Tramwayがアーチを潜っていく光景に出会した。zawodsky01zawodsky02zawodsky03StraßenbahnのGrinzingという停留所。
うんうん、何処に行っても路面電車ってのはいいものですね(笑)。

路面電車の軌道を離れ、
住宅地をうねるように進むと、
開けた視界の右手には白い塔。zawodsky04zawodsky05zawodsky06Pfarramt Kaasgraben Maria Schmerzenという、
白い教会を右に折れて往くと、
右手のなだらかな丘に葡萄畑が広がっているのが目に留まる。

なんか、そんな雰囲気になってきたねと足を急がせる。zawodsky07目指す場所はその坂道Reinischgasseの突き当たりにありました。

ここでいいのかなと覗き込むように門の中へ。zawodsky08小高い丘の上にそれらしき建物が佇んでいました。

コンニチハ~と呟きつつ、ドアを押すと、
木肌木目を活かしたボックスシートがコンニチハ。zawodsky09zawodsky10zawodsky11zawodsky12そのすぐ脇にあるカウンターでおねえさんが迎えてくれました。

硝子ケースの中や黒板メニューからお惣菜の幾つかを選んで伝えてから、
奥の階段を上がる。
裏手に広がる緑豊かな庭にはテーブルが配されて、
先発組の皆さんは既にグラスやジョッキを傾けています。zawodsky13zawodsky14清々しい空気。
いやはや、いい雰囲気だ。

隅のテーブルに腰掛けて振り返ると、
さっき眺めた葡萄畑の波が見渡せる。zawodsky15zawodsky16頭上で茂る葉の間から青空を見上げます。

素敵なユニフォームの若きおねえさんにワインを所望する。zawodsky17思わず葡萄畑を背景にしてみたくなる、
Chardonayのグラスが美しい(笑)。

ううむ、美味しい。
ふくよかな滋味とキレを生む酸味の加減がいい。
そこへそよそよ流れる風が美味しさを倍加させてくれます。

強い紅で誘うビーツの根のサラダや、
ポテトサラダErdäpfelsalatなどを盛り合わせ。zawodsky18zawodsky19zawodsky20ラードや南瓜の種のスプレッドkürbiskernaufstrichにパン。
量り売りのお惣菜たちでテーブルさらに素敵な装いになりました。
葡萄の葉で包んだご飯は、ギリシャ料理であるらしい。

お代わりは、Riesling。zawodsky21繊細さと円やかさのトーンが一段Chardonayと違って、
また別の美味しさに愉しくなるのです。

たっぷりのザワークラウトを添えた豚バラのパリパリ焼き。
schweinsbraten乃至はKrustenbrat’lという郷土料理のお仲間。zawodsky22zawodsky23キャラウェイを塗しカリカリに揚がった縁が旨い。
勿論、スープにどっぷり漬け込んだような旨味滴る身肉も旨い。
それは伝統的に食べられてきているものの底力をいただいているような気分でもあります。

黒板の文字から拾ったラタトゥイユ。zawodsky24崩れ過ぎずにしてくたっと炒め煮た野菜たちの美味しきことよ。
白ワインによく似合います。

そうそう、マッシュルームのリゾットは、
黒板にしっかり書き込んであるのに、
今日はできないって(残念!)。

木々に囲まれたテーブルゆえ、
こんなお客さまも勿論やって(降って)くる。zawodsky25間違って潰しちゃったりしないよう気をつけます(笑)。

ひと心地ついたところで、テーブルを変えてみた。zawodsky26建物の横手はテラスになっていて、
そこもまた人気の場所のよう。

屋根越しに葡萄畑を見遣れば、
さっきの教会の塔が臨めます。zawodsky27zawodsky28庭先には、いずれ菖蒲か杜若。
鮮やかな紫色がさらに気分を癒してくれます。

もう一杯と運んでもらったグラスは、
Sauvignon Blancの。zawodsky29ひと口して思うのは、ああこれが”猫のおしっこ”かということ。
雑味という訳ではない独特の風味が、
思えば思うほどそう思えてくるのがなんだか可笑しい。
そんな意味でも印象に残る一杯でありました。

と、お隣のテーブルの犬がこちらにも愛想を振り撒いてくれる。zawodsky30フレンチブルドッグパグってことでいいのかな。

陽が傾いてきたのでそろそろとご馳走さまをする。
テーブルで清算を済ませて、外階段を降りたら、
今度は猫がずんずんこちらに近づいてきた。zawodsky31zawodsky32人懐っこいネコって、いいよね。

清々しい風の抜ける庭のテーブルで、
量り売りの惣菜と一緒に自家製のワインが愉しめる、
Weinbau 「Zawodsky」は、ウィーン郊外にある。zawodsky33こんな素敵な場所、よくみつけたね(笑)。
お薦めしてくれたシャンタールさんにも大感謝!

「Zawodsky」
Reinischgasse 3, 1190 Wien [Map] (+43-1) 320 79 782
http://www.zawodsky.at/

column/03604

OSTERIA「IN CONTRADA」で藤棚のテラスでいただくDOCGプロセッコと生ハムと

incontrada目抜き通りを離れて中に入ると、迷路と呼ぶには大袈裟だけれど、やや入り組むんだ石畳の路地のあるグラド。
ローマ時代には、建物や石畳を構成する石はどの辺りで採れて、どうやって運ばれてきたのかなんてことをチラッと考えながら歩くと、そんな路地にも飲食店の小さな看板が見つかったりしてなかなか愉しい。
下町のような密集感もまたグラドの街の魅力の下地なのでありましょう。

これぞ路地というような、建物と建物の間を斜めになって歩くところもあったりする。incontrada01突き当たりには、藤棚の緑が覗いています。

瑞々しくも爽やかな藤棚を抱えた家屋を眺めていたら、此処でひと休みしようということになる。incontrada02こんにちは、お邪魔します。

藤棚の下のテラスのテーブルがちょうど空いていて、いい感じ。incontrada03間近で見上げる藤の花の薄紫が陽射しに透けて綺麗です。

開け放したドアの中から店内のざわめきが微かに聞こえる。incontrada04どうやらお店の裏庭に入り込ませてもらったようです。

そんなシチュエーションでいただくとワインは大抵美味しいものですが、これはきっと何処で呑んでも美味しいプロセッコ。incontrada05エチケットが示すは「Merotto Colbelo Extra Dry “COLBELO”」。
ただDryなばかりでなく、ふっくらした香りの華やぎと甘みがある。
ヴァルドッビアーデネValdobbiadeneはプロセッコで有名な土地らしく、このボトルはDOCの上位D.O.C.G.であるらしい。
うーん、お代り(笑)!

ちょこっとオツマミもしたいなと、でも届いたお皿は豊かなもの。incontrada06部位の異なる生ハムの香りや脂の感じのそれぞれをフォースラディッシュと一緒に愉しんでは、ワインのグラスを傾ける。
美味しい。
時折、ゆったりした風に揺らいだ藤の花弁が降ってくる。
チーズを囓ってまたひと口。
ああ、至福の時でありますね。

店内を覗いてみると、生ハムの肉塊がデンと置かれていて、ビールならコチラとMönchshofのアイコンがある。incontrada07ショーケースには美味そうなお惣菜あれこれも並んでいます。

グラドの路地に藤棚抱いたOSTERIA「IN CONTRADA」がある。incontrada08気さくで朗らかな地元の店が身近にある環境が羨ましい。
近くの壁には、晩年をグラドで過ごしたという詩人で作家のビアージョ・マリンBiagio Marinのプレートがある。
所縁の場所のひとつなのかもしれません。

「IN CONTRADA」
Calle Corbatto,3, 34073 Grado, Italia [Map] 0431 80928

column/03587

Osteria「Da Filomena」で時計塔見上げるオープンエアの白ワインの心地よさ

filomenaグラドGradoと聞いてすぐさま、どんな所かピンとくるヒトは恐らく、ほんのひと握りの方々ではないでしょか。
グラドがあるのは、イタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ゴリツィア県の南端辺り。
しばしばブーツのフォルムに喩えられるイタリア国土であるけれど、グラドがあるのは、ブーツではないところ。
イタリアの北東部、ベネチアVeneziaよりも更に東寄り、スロベニアとの国境も程近いアドリア海の海上にある。
ラグーナに向けて突き出した先端部の狭い土地に石造りの街が整然と広がる様子が兎に角素敵。
海に囲まれたこんな街で暮らしたいな、なんて想う気持ちが沸き起こってきても何の不思議もありません。

グラドの街にあって一番印象的な光景は、家屋と家屋の間から覗くサンテウフェミア聖堂Basilica di Sant’Eufemiaの時計台。filomena01filomena02写生の対象にもちょくちょくなりそうな、そんなロケーションだ。

教会の中庭には、附近で発掘された遺跡物がひっそりと飾られていた。filomena03filomena04filomena05屋内に閉じ込めないで、外壁に鏤めるように固定したり、回廊に沿って並べるスタイルが構えずにいていい。
ローマ時代のものたちでありましょか。

グラドの街の目抜き通りのひとつと思しきグラデニコ通りVia Gradenigoからも時計台の先端あたりを見上げることができる。filomena06通りには、レストランやカフェが散在していて、なかなかいい雰囲気なのです。
その中の一軒、Osteria「Da Filomena」で小休止と洒落込みましょう。

路上に面して広げた傘の下でグラスを傾けるデイリーな白ワインがなかなか美味しい。filomena07filomena08入口の脇に佇むオッチャンは如何にも毎日そこに座っていそうな雰囲気芬々で羨ましい(笑)。
冬の寒さが遠のけば、オープンエアの椅子に挙って繰り出す。
そこがひと味旨くて心地いい場所なのは万国共通なのでありましょう。
夏の海辺の街の開放感が加味されてくれば更にハッピーな憩いの場になるンじゃないでしょか。

グラドの街の目抜き通り、
グラデニコ通りに面して朗らかなOsteria「Da Filomena」がある。filomena09元々は、Filomenaオバサンが営む居酒屋であったのだけど、当のオバサンは既に引退されているんだそう。
その後を引き継いだひと達がそれまでの店名を替えることなく今に続けていることになる。
街のみんなにじっくり馴染んだ店だからこそ、それが相応しくて自然なことなんだろうね。

Osteria「Da Filomena」
Via gradenigo 7 34073 Grado Italia [Map]

column/03581

Oyster Bar「ジャックポット」汐留であれこれ牡蠣と海のワインVIONTA

jackpot久方振りにカレッタ汐留にやってきた。
以前お邪魔したのは彼此もう3年程前のことでしょか。
なんだか今はゴタゴタしてしまっているらしいのが残念な某牡蠣団体の往時の会長と某ワイン事業会社の方々とテーブルを囲んで以来のことに、やっぱり遠回りをしてカレッタ汐留の二階へ。
どうも広くて高い吹き抜けを真っ先に思い出す所為か、もっと高いフロアにあるものと思ってしまうのです。

懐かしい顔ぶれにどーもどーもとご挨拶しつつテーブルに収まって、プレモルでまず乾杯。
スコール!お久し振りでーす。

今日の殻付き生牡蠣はなんだろなと思うところにやってきたのは、佐賀の「唐津」とお馴染み長崎は小長井の「華漣(かれん)」。jackpot01ジャックポットのスタッフのご指南は、「唐津」から先に召し上がれ。

さらっとしたミネラル感の中からコク味がすっと顔を出す「唐津」に続けて「花漣」をいただくと、そっと凝集したような嫌味のないジャストサイズな旨味が小さく弾ける。jackpot02この処、九十九島や五島列島、対馬など長崎の殻付き生牡蠣も定番になってきているけど、やっぱり「花漣」は美味しいなあとシングルシードの殻を眺めながらそう思う。
この小ささがキモのひとつなのですね。

そんな選りすぐりの殻付き生牡蠣の横に添えてくれたのが、今夜の主題「ビオンタVIONTA」。jackpot03スペインの北西の角っこあたり、ガルシア州はリアスバイシャスからやってきた魚介専用を謳うワインだ。
青林檎のような香りの後から柔らかな酸味と仄かなミネラルっぽさが追い掛けてくる。
おお、成る程殻付き生牡蠣にドンピシャ(古い?)なワインだ。

リアスバイシャスの”リアス”は、ご存知「リアス式海岸」の”リアス”。
三陸海岸や伊勢志摩あたりと同じように、大西洋に面して狭い湾が複雑に入り込んだ、潮風香る海岸エリアで栽培された葡萄でつくられたワインが「ビオンタ」なのだという。

そんな話を聞きながら、目線は沸々としたアヒージョの手鍋。jackpot04jackpot05トマトの欠片と油に軽く煮えた牡蠣をバゲットに載っけて、大口開けた口の中に放り込む。
いやー、美味いよね。
そこへ「ビオンタ」のグラスを傾ければ、その美味しさの余韻がまた愉しめるって寸法だ。

ピザには勿論、牡蠣が載ってくる。jackpot07オイスターバーならではのピザにうんうん首を縦に振る。
火の入り具合がアヒージョとはちょと違って、これもまたいい。

牡蠣は足りずにして過ぎない程度に火を入れると旨味が活性化する。jackpot08jackpot06フレッシュな殻付き生牡蠣の繊細な旨味とはまた別の美味しさがあるよねとグリルした牡蠣をいただきながら、そう思う。
こんな美味しさをもそっと受け取って、次を誘うようにちょと洗う感じが「ビオンタ」にはあるね。
硬さが気になるシャブリとかよりも断然似合う気がいたします。

まだまだ牡蠣フライがいただけるのがとっても嬉しい(笑)。jackpot09そう、時季があること自体は悪いことじゃないけれど、なにも3月下旬まで限定のものでもないのです。
そして、牡蠣フライにも小振りでかつ縮まない牡蠣がいいんだな。

そして、定番の蒸した牡蠣。
缶々じゃなくて、こんな鍋でサーブするのも成る程スマートだ。jackpot10jackpot11先を争うように「ビオンタ」との相性の良さを試した後は、卓上にあったBowmoreで悪戯してみる。
やっぱり牡蠣にBowmoreは、出来れば殻付き生牡蠣でやるのが一番似合うみたい(笑)。

カレッタ汐留の吹き抜けでテラスの気分が、
「ジャックポット」汐留の居心地の良さ。jackpot12仕入れの確かさと火入れ加減のバラエティで牡蠣の美味しさを愉しませてくれる場所。
そんな牡蠣料理をはじめとする魚介専用ワインとして「VIONTA」をグイと推す、サントリーの企画でお伺いしました。
「VIONTA」はブランドサイトがあって、amazonで買えるようですよ。

「ジャックポット」汐留
港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 キャニオンテラス2F [Map]
03-6252-3655
http://www.jack-pot.co.jp/

column/03568