食堂「Tete Dining Gallery」で 活き食材のおかずと雑穀ご飯

tete.jpg過日お邪魔したBistro「MARCASSIN」の地階にあるのが「TeTe Dining Gallery」です。コチラに行こうとして、1階の「MARCASSIN」に入っちゃったお客さんがいたっけな。階段の踊り場には、白いワンプレートに食菜が盛られ、ご飯にお椀、小皿に珈琲が並んだ柔らかいタッチのイラストtete01.jpgが木枠に掲げられています。卓上のリーフレットによると、「Tete」はそのまま「てて」と読み、つまりは「手手」。手作りの温かさ楽しさ、手仕事の大切さを大事にしたいという想いを籠めているという。より身近な産地の、旬の食材を仕入れるようにしているのだとある。野菜は八王子の鈴木さんから、に始まって、食材への力みのない拘りがそこに綴られていました。この日の日替わりTeteプレート「豚肉とキャベツのテンメンジャン炒め」をいただきます。玄米か雑穀米が選べるというので、雑穀を。今日の雑穀は、美白効果ブレンドだと黒板tete021.jpgにある(うふ)。最近どういうわけか、こんな素朴なご飯tete03.jpgに妙に和んでしまう自分がいる。tete04.jpg何が入っているか訊き損ねちゃったけど、上手に炊けてる雑穀めしに、菠薐草の胡麻和えや人参の金平。tete05.jpg決して強い味の仕立てじゃないけど、すっすとご飯を進ませる主菜tete06.jpg。いいね。店内は、雑貨家具的お店のカフェにありそうな雰囲気で、眺める限りすべての椅子が違うtete07.jpgもの。全体の基調は揃っているからすぐには気づかなかったけどね。キャビネットのカウンターには、主に岩手産だという雑穀11種が綺麗に環状に並んだ見本tete08.jpgがある。販売もしているみたいだ。美白効果ブレンドって、なにが入っているのかなぁ? 口Bistor「MARCASSIN」 でイサキのポワレと大人のプディング(過去記事) 「Tete Dining Gallery」 中央区銀座1-22-11銀座大竹ビジデンスB1 03-3564-2171  http://www.tete-mwc.com/
column/02443

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*