季節料理と空間のお店「ginza香季庵」で 三位一体柚子香カレー

koukian.jpgランチに寄ろうとした鮨店が別のお店に変わっていて、アテが外れた東銀座の裏通り。ダイナー、という雰囲気の店内が見渡せるお店の前で立ち止まり、店頭メニューをチェック。「香季庵Kari-」にハラを決めて、突入してみました。左手のカウンターは2席ずつにセパレートされ、夜のカップル仕様的設え。でもお昼だったら、オジサンひとりでも、いいよね(笑)。“魚と肉と野菜の三位一体の必殺技炸裂!”って謳い文句はどうかと思うけど、届いたカレーのプレートは、ひと口めに魚粉ぽい香りがふんとして、さらっとしたカレーのベースに厭味のない肉出汁&野菜ストックが感じられ、そこへひりりとした程度のよい刺激&風味が添えられていて、いい。そして、時折柚子の薫りがすーっと挿してくるンだ。創作チックなお皿には、斜に構えて見がちだけれど、このお皿、なかなかイケてます。他には、「シェフバトルランチ」なんてメニューもあって、5人いるという料理人が週替わりで個性的なランチメニューを考案しているそう。ちなみに今週は、「厚切り大根とロールキャベツの味噌ポトフ」。和と洋の交叉が融合へと昇華しているのか、ただの交錯に終わっているのか。どっちだろね。 「ginza香季庵」 中央区銀座7-14-7共栄銀座7丁目ビル1・2F 03-5551-0006
column/02438

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*