うなぎ「ひょうたん屋」一丁目店で 名残惜しむうな重の中

hyotanya1chome.jpg切ないことに遠からずその風情を失うことになるという「ひょうたん屋」に、名残惜しむべく足を向けました。「千ふじ」「さか田」のあった並びのビルを含めた再開発によるものなのだという事態。並木通りを進む足が何故だかだんだん早くなる。誰が急かす訳でもないのにね。看板が見え始めたところで、あの煙混じりの匂いが嗅げてひと安心。大丈夫、まだやっていました。出来れば焼台前でその臨場感を再び味わいたかったけど、通されたのはカウンターの一番奥。白木の天板の、面取りしてある角が長年に亘って擦られ拭かれしてさらに丸くなっているあたりをジッとみてしまう。足元を見れば、今やコンクリートの土間のお店も少なくなってきたもんね、と感慨する。「はい~、中の方~」。注文していた「うな重 中」が届きました。今日のうなぎは少々焼き目が強い。どうしても慌てて食べる感じになりそうなので、深呼吸ひとつして(笑)、落ち着いていただくことにします。この佇まいの中でいただくのは最後になるかもしれないのですから。香ばしさとともにそっと押し返してくるような歯応えの一瞬があり、すぐさま力強い旨味を迸らせてくれる。どこか野生的でありながら決して野卑じゃない。蒸さない蒲焼きの魅力を教えてくれた一丁目「ひょうたん屋」。今まで通り、黙々と団扇を扇ぐオッチャンの背中や右へ左へと走り回るオバチャンたちの、なにごともないかのような情景が妙に印象に残っています。やっぱり、も一度、夜に来ようかな。 &#8801取り壊し予定に残念の情を伝える「食い道をゆく」のヒロキエさん &#8801焼き台前でオヤジサンの所作を改め垣間見た「ひるどき日本ランチ日記」のtakapuさん &#8801界隈の不穏な空気にも接した「ゆる~り、ゆるゆると~」のkisakoさんひょうたん屋」一丁目店 中央区銀座1-5-13 03-3561-5615 口related column:>うなぎ「ひょうたん屋」一丁目店 で醍醐味な蒸さない鰻(過去記事) >魚「千ふじ」 でありそでなさそな素朴なるしらす定食(過去記事) >讃岐うどん「さか田」 で釜玉うどんの大盛りズルズル(過去記事)
column/01582再会

「うなぎ「ひょうたん屋」一丁目店で 名残惜しむうな重の中」への6件のフィードバック

  1. リンク&TBありがとうございます。
    ひょうたん屋さんはまだやってるんですね。
    まわりのお店が移転or閉店してしまって、さみしいですよねぇ。
    このところ新勢力がどんどんやってきて、銀座の古いお店や
    建物が気づくとなくなってしまい、やりきれないです。

  2. Re;ヒロキエさま
    ええ、あれ?ちょっとクロクナイ?って思いました。
    焦げ臭かったりはしなかったですけど…。
    気持ちが切れちゃってる、とは思いたくないっス(笑)。

  3. Re;Kisakoさま
    いまだ特に貼紙等での告知はないので、ホントになくなるの?って一瞬思わなくもないけど、なくなるんですよね~。
    あの一角に限らず、久々に歩く通りにでは驚かされることが少なくないです。古びた味わいはそうそう再現できないだけに、寂しいですぅ。

  4.  どうしても、ひょうたん屋のイメージはこの1丁目店なだけに、この外観と人がひしめくあの空間が失われるのは残念です。
     「旨そうな香り」って、ビルに囲まれた空間だと、絶対に生まれないじゃありませんか?視覚でごまかすお店ばかりが増えるのは、本当につまらないことです…

  5. Re;takapuさま
    街角や通りに素朴な存在感を示してくれているお店って、
    風景にすっかり馴染んじゃってるのだけど、
    いざそれがなくなるとなると、途端にオロオロしちゃうね。
    忘れないようにこうして日記に刻んでいくしかないのかなぁ。
    ねー?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*