GINZA DINING「RONTAN」

rontan.jpg久々に海水魚ショップに寄った道すがら。手書きポスターにある”フカヒレフェア”という文字が目に留まりました。そのままふらふらっと、以前「つけタンタン麺」をいただいたことのある「RONTAN」にお邪魔してみることに。ビール呑んで即、麺類というのが割と苦手なので、ビールも注文まず「フカヒレ姿煮麺」。フェアらしく、2,100円のところ1,500円とおよそ3割引となっております。テーブルひとつに4名の先客があるだけの店内に、静かだなぁと思うところへ湯気と一緒に白いどんぶりが届きました。表面をぬらぬらとさせているのが、フカヒレさん。箸で掴もうとして気づくのは、そうするのにテクニックが必要ではと思うほどに薄切りなこと。ま、1,500円ですので、そういう工夫が施されてしかるべきと心得るべきでしょうが、これだったら姿煮じゃなくて解してくれちゃったほうが潔いかも、な~んて思いが一瞬脳裏を過ぎる。なんとか姿煮で供したいというお店の意図と裏腹な思いなのかもしれません。中華料理店にイメージする甘めあっさりのスープ。気仙沼産だというそのフカヒレをぺろんと食べちゃったら、素ラーメンになりました(笑)。いやいや、百合の蕾、金針菜が薬味的に美味しいのは発見です。お店の努力は真摯に受け止めねばいけませんが、やっぱ、1枚あたり100g以上あるフカヒレをじっくり煮込んでいるという「大フカヒレ姿煮込み」6,300円をいただいて醍醐味に浸りたいなっ。 「RONTAN」 中央区銀座6-16-9ビルネットB1 03-6226-6115 http://www.rontan.jp/
column/02395

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*