江戸前寿司処「銀座すし栄」本店

sushiei.jpg東武ホテルの向かい、パスタハウス「エトナ」の並びにあるのが老舗すし店「すし栄」さんです。創業嘉永元年といい、150年以上(!)の歴史を持つ現存最古の寿司処なのだという。店頭のお品書きを見定めてから、すいっと暖簾を払うと、あれれ、そこにお客さんの姿はない。気の早いご隠居は二階のカウンターあたりにいらっしゃるのかもしれませんね。真ん中ってのもなんなので、カウンター一番奥へ。読んだまんま「サカエでお願いします」と云うと、中へ「エイ、いっちょ!」と伝える。あ、そっか、スシエイ、だもんな、サカエじゃないよな、と慌てると、カウンター越しのニイちゃんが「いえ、サカエで合ってます(笑)」とフォローしてくれた。へへ。ゲタでも平皿でもなくて、折箱のような容器に収まって「サカエ」が届きました。シャリは、酢が尖り気味。タネとの一体感なく、ずるっと剥がれる感じがちと切ないか。1,000円ちょっとのランチだもの無理云っちゃいかんよと自らを諭しながら真鯛あたりを頬張る。そうだよね。ちょっとしたとこを期待するなら、せめて「特」か「特上」あたりに張り込まないといけないのかも。「穴子尽くし」なんてのもある。ん、でも、酢飯は一緒かなぁ。「すし栄」は、地階に別館、そしてデパート5軒ほどに支店を構えているようです。 「銀座すし栄」本店 中央区銀座7-13-2すし栄ビル 03-3541-5055 http://www.ginza-sushiei.com/
column/02220

「江戸前寿司処「銀座すし栄」本店」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*