庄内の手打ちそばといろりの炭焼き「大松屋」銀座本店

ohmatusya.jpg古民家の一部を移築した様な佇まいと暗めの店内で囲炉裏を囲むというスタイルは他にあっても、ここほどしっとりと落ち着いて妙な創り込み感のないお店は知らない。山形のお店も茅葺きだったんですよ、と語るお女将さんのさり気無いサービスも、なかなかどうしてホスピタリティに溢れたものです。「大松屋 特別コース」から一部の内容をお願いしても、気持ちよく応対してくれます。小ぶりないくらの鮨、身欠きにしんなどの前菜、帆立などのお造りから。目の前の囲炉裏で焼く炭焼きは、黄身ソースでいただく鶏団子に蒟蒻の串焼き、地鶏に松茸だ。地鶏の皮目のところがじゅんとして旨い。さらにその網の上に朴葉が載せられました。中は、とろりとした独特のソースに包まれた牛カルビ。思い返して涎がでてきた(笑)。我儘云ったお願いしたきのこ鍋が、これまたしみじみと旨いんだ。〆の板蕎麦は、「乱切り手打ち蕎麦」。野趣たっぷりの力強い食感と香りが楽しめます。近くに「蔵」という支店あり。 「大松屋」銀座本店 中央区銀座6-5-8エルドールビル2F 03-3571-7053 http://www.omatsuya.com/
column/01662

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*