「ぐるっと関東伊豆鎌倉」カテゴリーアーカイブ

家庭の味「だいこん家」で大根と角煮煮玉子目光唐揚げ銀鰈煮付けほっこり温もり

daikonya夏も真っ盛りになろうとしている或る日の夕暮れ時のこと。
いわき駅周辺の街中におりました。
いわき市が何処にあるかというとそれは、福島県浜通りの南側。
太平洋に面していて、県内で最大の面積があり、中核市に指定されているらしい。
郡山から行こうとしたらJRの磐越東線にちょうどいい電車がなくて、高速バスの方が便利なのだと知る。
初めて訪れたいわきの街は、意外と大きなものでした。

荷物を降ろしてから早速、
街中を徘徊しようとホテルを抜け出ます。
偶々ホテルの窓から見えていて目星を付けていた、
地魚料理「旬」へと足を向ける。
ところがどうやら人気の店らしく、
ほとんど予約で満席でと謝られてしまう。
席がないと知ると益々、後ろ髪が引かれるもので(笑)。

そのすぐ近くには、
復興飲食店街”夜明け市場”という看板を掲げた、
ひと筋の横丁がある。daikonya0110数軒の飲食店が並ぶ横丁の脇にある、
和楽「魚菜亭」に食指が動いて、
えいっと扉を開くも、こちらも満員御礼だ。

界隈にお店が少ない訳ではなくて、
そこそこに飲食店の灯りが点っている。
それでもやっぱり人気店にひとが集まるのは、
世の常でありますね。

すっと今晩の止まり木を得られるものと踏んでいたのは、
意外と甘い考えだったのじゃないかとちょっぴり焦り出し(笑)、
駅正面の磐城街道を渡った西側へも足を伸ばしてみる。

LATOVラトブという再開発ビルの裏手には、
スナックがメインの妖しい路地がある。
ここでも再開発の巨大な建物と、
旧来からの風情ある街並みとが、
微妙に切ないコントラストをみせています。

そこから陸前浜街道方向へ、
裏通りをぷらぷらと南下する。
酒菜「英」という間口の狭い店が気になって突撃するも、
なんとここも満席。
週の始めだと云うのに一体どふゆふことでしょう。

と、やや暗がりにぽっと灯りを点した店がある。
ここには空席がありますように!と祈るような気持ちで(笑)、
苔色の暖簾を払いました。

なんだかほっこり柔らかな空気に包まれつつ、
店内左手のカウンターへと案内いただく。
背後のテーブル席エリアからは、
さわさわとした賑やかさが伝わってきます。

目の前には、でんでんでんと惣菜を載せた大皿が並んでる。daikonya02暫くしてから気がついたのは、
お店のメンバー全員が女性であること。
店に入った瞬間に感じた空気は、
そんなことにも由来しているのかもしれません。

歩き回った所為もあり、
まずはやっぱり麦酒から。
「大根と角煮と煮玉子」をいただいて、
やっとこひと息つけました(笑)。daikonya03煮崩れずしてとっぷりと煮汁の沁みた大根が、
期待通りに嬉し美味い。

「目光の唐揚げ」は、
深海の暗がりに明かりを照らしたら、
束になって飛び出してきたような、
そんな盛り付けが面白い。daikonya04身柔らかく、ほろほろと脂が旨いんだ。

会津の蔵元のものと聞く、
「飛露喜」の純米吟醸をいただいて、
「銀ガレイの煮付け」。daikonya05ふっくらと柔らかな身をほじほじして、
グラスを傾けキュっと。
カウンターの中で忙しなく動く、
何処か鯔背な気風のお姐さんが、
それでも時折ひと言ふた言、
言葉を投げてくれるのが妙に嬉しい(笑)。

どんな感じかなと想像しながら、
「みそいも」の到着を待つ。daikonya06醤油のあんで絡めたようにもみえるけど、
齧ればまったりと味噌の風味に包まれる。
うんうん、こんなんも嬉しいお惣菜。
こっち方面の家庭料理なのでありましょか。

食事も済ませてしまおうと、
店の名を冠した「だいこん家茶漬け」。daikonya07たらこ茶漬けに刻んだ昆布と大葉を添えて。
四角く刻んだ板海苔を浮かべた感じも面白い。
どの女将さんのアイデアなのでしょね(笑)。

いわき駅南側、
磐城街道と陸前浜街道が交差する辺りの裏通りに、
家庭料理の店「だいこん家」がある。daikonya08「大根と角煮と煮玉子」が、
定番中の定番のお惣菜ではありそうだけど、
大根使った料理がずらっと並んでいる訳では勿論ない。
気取らない家庭の味と、
ほっこりとした店の雰囲気は、
店名にも相通じる温もりでした。

「だいこん家」
いわき市平二町目58-1 [Map] 0246-22-7015

column/03622

Restaurant Bar「馬酔木」でさらさら粒子のコクが旨い馬酔木カレーに出会う

ashibi京葉線に乗って千葉みなとまで下って、そこからモノレールでとことこ千葉駅まで。
タウンライナーと呼ばれる千葉都市モノレールに乗るのは果たしていつ以来のことかまったく思い出せない。
でも、初めてではないような気はする。
そこから外房線の高架に沿うように進むと、それ相応の賑わいのあるエリアを通ることになる。
千葉駅周辺の繁華街というのはこの辺りになるのだろうかと考えなら足を運ぶと、千葉街道と標識のある通りに出た。

交叉点を渡ったところでふと振り返ると、通りの向こうに大きくて無機質な三越の立体駐車場棟が目に映る。ashibi01その並びの木立の陰に、なにやらどこかの洋館のような煉瓦色の建物が覗いていました。

横断歩道を戻って正面に立ってみると、成る程フェイクでない煉瓦を積んだ建物には、周囲と一線を画すようなちょっとした風格がある。ashibi02意外や中央の階段の奥は「大将軍」という焼肉店のようですけれど(笑)。

左右にシンメトリーに設けられた地階への階段を覗くと、煉瓦の壁とカラフルな硝子を填めた窓辺が見える。ashibi03中央の階段の真下に地階のお店の入口があるようです。

煉瓦で囲んだ地階のアプローチを入ると、なにやら木彫りの御仁が迎えてくれる。ashibi04御仁が跨った樽の前のプレートにはこうある。
この像は、ガンブリヌスといい、ヨーロッパで“ビールの王様”と云われています。
彼が実在の人物であったかどうかは定かではありませんが、16世紀にそれまで薬草で香りをつけたグレートビールに代わって、ホップをつかったビールの普及に力を尽くした。
このガンブリヌスの像をみていると、心からビールを愉しんでいる様子が伝わってきます。

入り込んだ店内はやや暗く、しっとりした雰囲気のバーカウンターが目に留まる。
案内に従ってさらに奥へと進んで窓際のテーブル席へ。ashibi05改めて様子を窺うと、スピーカーやスポットライトの吊るされた辺りにアップライトピアノが置かれてる。
ちょっとしたライブも催されるのかもしれないね。

窓辺のテーブルには、外から眺めたカラフルな硝子の色を受けて、グラスが虹色を帯びる。ashibi06なんだか綺麗じゃんとオジサン、独りごちる(笑)。

「馬酔木」のランチメニューは、特選和牛ハンバーグステーキ、ドリア、シーフード、パスタなど日替わりを含めて8種類ほど。ashibi07セットの南瓜のポタージュスープには、出来合いのものとはちょっと違う、そんな美味しさが漂います。

ランチメニューから選んだのは、店の名を冠した「馬酔木カレー」。ashibi08ヤングコーンやサヤインゲン、皮目に包丁の細工のある茄子、パプリカといった素揚げ野菜のトッピングの向こうにしっかりした色目のサフランライスが顔を覗かせています。

やおらスプーンを動かすとこれが、意外といっては失礼なほど上等に美味しい!ashibi09さらさらとしつつ、しつこくないコク。
油脂の重たさがない代わりに、丁寧に炒めたであろう小麦粉やスパイスの粒子が旨味を孕んで優しく迫る。
いやはや、いままで食べた中でも特に印象に残る、旨いカレーだ。
千葉駅近くの街角の、専門店でもないレストランで、こんなカレーに出会えるとは思ってもいませんでした。

千葉街道と外房線の交差するあたりの煉瓦造りの洋館に、
レストラン・バー「馬酔木」がある。ashibi10何気なくWebサイトを眺めて愕いた。
こちらの創業者は、昭和40年に市場町にて「喫茶馬酔木」を夫婦二人でオープンし、昭和47年には螺旋階段のある店として有名となった2号店を新町に開き、千葉県下では初のジガーバーをもオープンしてしまう。
昭和52年に開いたシブい風情の酒場、串揚処「馬酔木亭」に続いていよいよ、ニューイングランド風と謳うこの煉瓦造りの洋館に移り、喫茶、ビアレストラン、バーの3つの異なった空間を供していたらしい。
今は焼肉店となっているところももしかしたら「馬酔木」の一部だったのかもしれませんね。

「馬酔木」
千葉市中央区富士見2-5-5 B1F [Map] 0432-22-3838
http://www.ashibi.co.jp/

column/03564

手打ち蕎麦「彦」で挽きぐるみの手打ち蕎麦彦と書いてげんと読む

gen富士屋ホテルの本館から国道1号線を隔てた別館は、旧御用邸であられるところのホテル別館「菊華荘」。
凛とした空気にも触れつつ、雅な朝の定食をいただいて、チェックアウトまでの時間を梅の木の絵のお部屋でまったりと過ごします。
もう一度お湯に浸かるなんてのもよいかもしれません。
時間ぎりぎりまで粘ってから(笑)、前日やって来るときに繭を潜めた箱根湯本までの一本道の渋滞を懸念しつつ、ホテルを後にする。
たった一泊だけれど、お世話になりました。

前日駅伝のランナーが駆け下りたであろう東海道を下りゆく。
平行して走る箱根登山鉄道の宮ノ下駅や太平台駅の脇を通過する。
そんな頃から案の定、少々の渋滞に嵌り乍ら、塔ノ沢温泉を通って無事、箱根湯本まで下りてきましたた。

フロントの姐さんおススメのおひる処のひとつがやっぱり、いつぞやの蕎麦処「はつ花」。
でもきっと、混雑しているのだろうなと思いながら早川を渡る湯本橋の向こうを眺める。
これまた案の定、店の前に行列がある。
新館に廻っても一緒だろうなと合点して、行き先を変更しました。

そのまま箱根湯本の駅前から橋を渡り、湯本富士屋ホテルの前を通って、旧東海道に抜ける。
そこから須雲川の川縁方向へとぐるっと廻り込んだ滝通り。
あ、ここだと車を停めたのは、手打ち蕎麦処「彦」の前です。

ストーブの焚かれた店内は暖かで、先客の品のいい老夫婦がそばを啜っているところ。
その並びの隅のテーブルに落ち着きましょう。

「鴨汁蕎麦」や「とろろ蕎麦」あたりを奢っちゃう手もあるけれど、ここはひとつ、店名を冠した「彦」を大盛りで所望したい。
「彦」は、一日30食限定と謳う二八蕎麦。gen01北海道の音威子府(おといねっぷ)産の蕎麦を挽きぐるみした粉を使っているそうだ。

届いた膳は、江戸の粋、なんて詠んでしまいそうな端正な佇まい。gen02じっと見詰めると、仄かに翠色がかった蕎麦に挽きぐるみの蕎麦殻の破片が均一に混ざり込んでいて、なかなか佳い風景だ。
挽きぐるみを敢えて二八に仕立てたところに一種の気風を想います。

さらっとしつつ、出汁とかえしがぎゅっと凝集した感じの辛汁にちょいちょいと浸してズズと啜る。gen03汁の旨味と蕎麦の風味とが一気に鼻腔と味蕾に押し寄せて嬉しがらせる。
うんうん、美味しいね。

わざわざ仕立てたものとは違う風の蕎麦湯を汁に注いでいただく。gen04打ち粉の妙な濁りもなく、すっきり旨い。
美味しい蕎麦は蕎麦湯も旨いのは、およそ当たり前のことですね。

実は、「白海老かきあげ」のオーダーもしていたのだけど、一向に届く気配がないので訊ねたら、注文が厨房に通っていなかった模様。
じゃあ結構ですと断って、そんなことも気にならぬまま、蕎麦三昧に満足のおひるどきでありました。

旧東海道が抜けゆく箱根湯本茶屋の滝通りに手打ち蕎麦「彦」がある。gen05屋号の「彦(げん)」は、店主、野方治彦の「彦」の音読みだとWebサイトにある。
駅からちょっと距離があることが、落ち着いた雰囲気を生んでいていい。
「はつ花」に行列を認めたら、散策するように足を延ばしてみるのも一手だと存じます。

「彦」
神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋183-1 [Map] 0460-85-3939
http://www.teuchisoba-gen.com/

column/03518

旧御用邸「菊華荘」で御用邸の凛とした残り香とお正月気分の和朝食

kikkaso富士屋ホテル食堂棟の地下にあるバー「VICTORIA」に潜入したりなんぞしたのは、夜半近くのことでした。
梅の木の絵の掛かる花御殿の一室で目覚めた朝は、やや薄曇りながらもすっきりとしたいい天気。
十分空いた朝のお腹を満たすには、三度メインダイニング「THE FUJIYA」のお世話になる手もあるものの、やはりちょっと路線を変えようと正面玄関に向かいました。

車寄せを離れて到着したのは、ホテルから国道一号線を隔ててお隣にあるところ。kikkaso01格調ある門が構えるのは、知って納得の旧御用邸であるがゆえ。

注連縄・注連飾りを飾ったこじんまりとした玄関先にも凛とした空気が漂っている。kikkaso11大振りな表札だけが真新しく目に映ります。

案内いただいたのは、紅の絨毯の先。kikkaso02kikkaso03左手に伸びる硝子戸の向こうには、落ち着いた佇まいの庭園が薄く雪化粧していました。

この雰囲気なので、朝食は勿論、和のもので(笑)。kikkaso04お正月気分も洩れなく、御膳がテーブル一杯に並びました。

菊をあしらった烏賊そうめんがねっとり甘く旨い。kikkaso05kikkaso06牛蒡や筍の炊き合わせは、実直な美味しさだ。

お重には、炊いた青菜や紅白なますなどの小鉢、そして伊達巻、蒲鉾、搗ち栗・栗金団、昆布巻きなど。kikkaso07kikkaso08鯵の干物の載った角皿には、お多福豆を添えてくれていました。

そして、ご飯には梅色のお粥を選んでみる。kikkaso09ほんのりと香る梅干の上品な酸味風味がさらに食欲を誘って困ります。
決して前夜呑み過ぎてのお粥ではありません(笑)。

ミントの葉鮮やかな水菓子には、キウイやグレープフルーツなぞ。kikkaso10硝子越しの庭園を眺めながら、ほうじ茶のお代わりをゆっくりといただいて、ご馳走さまとふたたび手を合わせます。

旧御用邸の風格を携えてしっとり佇む富士屋ホテル別館「菊華荘」。kikkaso12「菊華荘」は、明治28年(1895年)、明治天皇の内親王、富美宮内親王の避暑のために造営された由緒ある純日本建築の建物と庭園からなる。
高松宮家別邸となった後、昭和21年(1946年)に払い下げを受けたものだそう。
数奇屋風書院造りといわれる建物は、つまりは120年の歴史を刻んでいることになるね。
「菊華」と名付けたのはまさしく、長押などの随所に菊の紋が残されていることによるものだ。
そうそう、席が整うまでの間暫く待っている間に湯上り風の女性客が通り過ぎた。
一日3組限定で別館「菊華荘」に泊まれ、総檜造りの温泉にも浸たれるようです。

「菊華荘」
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359 富士屋ホテル [Map]
0460-82-2211
http://www.fujiyahotel.jp/restaurant/kikkaso/
column/03517

BAR「VICTORIA」でマウントフジ無垢の天板と80余年の時間

victoria富士屋ホテルのメインダイニングルームは、その名も「THE FUJIYA」。
ロワールの白ワインを嗜みつつ、肩肘張らない伝統の料理をいただいて、梅の木の絵の掛かるお部屋でまったりとする。
敷地内の徘徊や館内ご案内ツアー、そして花御殿地階の史料展示室の散策と一気に巡った富士屋ホテルのあれこれが脳裏をぐるぐる巡る(笑)。
夜も次第に深まる中、さらなる探訪を果たそうと策を練り始めました。

窓を開けて部屋に少々冷気を入れる。
すると、向かいの山になにやら瓢箪型の灯りが描かれているのが目に留まって身を乗り出してみる。victoria01ほうほう、と眺めると赤い紐の下に「みやのした」の文字もある。
宮ノ下では例年8月に「太閤ひょうたん祭り」が開催されるようで、「ひょうたん」は、太閤、つまりは秀吉の馬印に由来しているそう。
その際にも明星ヶ岳中腹にひょうたんの象りが夜空に浮かび、花火が打ち上げられるらしい。
宮ノ下が秀吉に所縁のあることが判る光景でもありますね。

夜の探索隊は、改めて花御殿を抜け出して、通路を忍び足(笑)。
灯りの落ちたティーラウンジ「オーキッド」の脇を抜け、静まり返ったロビーをそっと小走りにやり過ごす。victoria02victoria03「THE FUJIYA」の扉と宴会場「カスケードルーム」との間にある階段をふたたび忍び足で辿る。
屋内の階下が朱塗で、欄干に擬宝珠を飾っているホテルなんてなかなかそうあるものではありません。

通路を辿るとそのコーナーには、フロントの所在を示す板張りのサインがある。victoria04それは同時に逆方向に「酒場」があることを知らせてくれています。

レトロな味わいの厠に感心しつつ用を足して(笑)、いざ「酒場」へ。victoria05BAR「VICTORIA」と刻んだ硝子越しにカウンターの様子がぼんやりと覗きます。

止まり木に収まって、梅の木の絵のある大判なキーホルダをカウンターに置く。victoria06victoria07ごつごつした縁取りにして厚手の一枚板の天板がどっしりと迫ります。

振り返ったフロアは想像を超える広さで、隅にはグランドピアノ。victoria08暫くしてこのピアノの前に女性が現れて、インプロビゼーションな音を奏でてくれました。

見上げた天井は、極彩色のアクセントを織り込んだ不思議なデザイン。
白塗りの天井に鮮やかな色合いのタイルが埋め込まれてる。victoria09victoria15カウンターの並びには、ビリヤード・キューのラックがあるのだけれど、ビリヤード台は見当たらない。
バーテンダー氏に訊ねると、元々はビリヤード場であったところをバーに転用したもので、今はもうビリヤード台はバックヤードにもないという。
あ、天井のデザインは、ビリヤード台を表現したものなのだね。

改めバックバーに正対して、メニューを捲ってみる。victoria10victoria11バックバーにはこれまた和装の屋根が載っているのが素晴らしい。
酒瓶が富士山を模しているようにも映ります。

やっぱりこれをいただかなければと、オリジナルクラシックカクテル「マウント フジ」を所望します。
ジンをベースにして、卵白にパイナップルジュース、そしてレモンジュース、砂糖少々をシェイク。victoria12victoria13メレンゲ状に表層を覆うクリーミーとグラスを傾けて喉に辿る仄甘い酸味とパインの風味がいい。
昭和12年(1937年)のメニューに既に掲載されている由緒あるカクテルであるようです。

そう云えば、ホテルから”マウント・フジ”は見られるのだろうかとバーテンダー氏に何気なく訊ねると、大変申し訳なさそうにちょっと訳知り顔で、「実は、見えないんです!」と仰る。
えええー!と大袈裟にびっくりしてみたりして(笑)。
その代わりにバックバーに”マウントフジ”があるのかもしれません。

では何かちょっと変わったものをとバーテンダー氏にお願いしてみる。
ニヤリとした氏が手にしたのは、ケンタッキー・バーボンの「OLD GRAND DAD」の100 proof。victoria14ただし、ボトリングされたそのままのバーボンでないのがミソで、一度取り出して松の葉を漬け込んでからボトルに戻したものだそう。
口に含むと成る程、松の葉を連想させる青みが薫って、バーテンダー氏にニヤリと応えます。

今ではきっと入手困難であろう立派なカウンターの天板の全景を改めて拝み見る。victoria16カウンターの板なんてただの板切れだろうと思うなかれ。
無垢材であるのは勿論のこと、耳付きであるかどうかや全長、木目の表情や色合い等々によって価値が変わり、意外とびっくりするような値段であるらしいんだ。

富士屋ホテルの食堂棟の地階に潜むBAR「VICTORIA」。victoria17BAR「VICTORIA」のオープンはなんと、昭和5年(1930年)のことだという。
明治45年に”バー”の名を掲げたという浅草「神谷バー」には及ばないものの、80余年にもなる時間の積み重ねがここにあることになる。
そうそう、花御殿の各客室に名付けられている「花」をイメージした、43種類の「花御殿カクテル」もいただいておくんだったなぁ。
梅のリキュールを使ったカクテルは、ショートかなロングかな。

口関連記事:
メインダイニング「THE FUJIYA」で花御殿の佇まい素敵なコンソメ優しきカレー(15年02月)
メインダイニング「THE FUJIYA」で継承してきたことを丁寧に供する感じがいい(15年02月)
デンキブラン「神谷バー」で電氣ブランと牡蠣フライ浅草の夕暮れ(12年02月)

「VICTORIA」
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359 富士屋ホテル [Map]
0460-82-2211
http://www.fujiyahotel.jp/restaurant/victoria/

column/03515