SPAGHETTERIA「Hungry Tiger」でやはりダニエルそしてバジリコワシワシ麺がいい

随分と前のことになりましたが、虎ノ門駅前辺りに日参する時季が割りと永くありました。
虎ノ門界隈は、オヤジ天国なお隣新橋とは違って、落ち着いた街並みの中に少々格式にも配慮していそうな店が点在するという印象がありました。
官庁街・霞が関も近いということもあり、そちら方面のニーズもあるためだったのかもしれません。

今を遡ること10数年前の虎ノ門一丁目の横丁。
現在ビストロ「CENT GRAMMES」となっているビルにあったのが、
ご存知「ハングリータイガー」

その後2012年にそのすぐ近くに移転開店。
とってもお久し振りに訪ねるとそこには、
サーモンピンクに外壁を塗った、
イタリアンレストランらしい佇まいの建物がある。路地に降り注ぐ陽の光とともに仰ぎ見れば、
其処はナポリかアマルフィか、はたまたシリチアか(笑)。

行列の先頭を切って店内に雪崩れ込む。トリコローレの三色をベタに用いたのが味だった、
古く懐かしい以前のお店とは違って、
ちょいと洒落たインテリアたちだ。

「ハングリータイガー」といえば、
まずはやはり「ダニエル」でしょう。ハムとベーコンの具材を玉子で炒るようにして仕上げた逸品は、
ハングリータイガーオリジナルのカルボナーラ風。
2.0mmを軽く超える極太パスタにまったりと絡むソースと玉子。
それをわしわしと咀嚼するのが、
まったくもっての愉楽のひと時だ。

「バジリコ」もここでは、オリジナルパスタのカテゴリーにある。バジリコなんだからバジルでしょ、
ペスト・ジェノベーゼでしょと思うなかれ(笑)。
刻んだ大葉とオイルとで仕上げるのが、
ハングリータイガーオリジナル。
ご存知「ジャポネ」の「バジリコ」もこの路線でありますね。

カウンターに用意されているフォークをよく見ると、
先端の右側が波型に括れている。パスタ専用のフォークなんだねと思いつつふと、
サウスポーな方用はあるのかななんて思ったりして(笑)。

カウンター越しに失礼して、
目の前の厨房を覗き込む。
角地の棚に置かれた大振りのバットに、
茹で上げた麺がたんまりと用意されている。“ノーモア・アルデンテ”。
ナポちんが提唱するイケてるナポリタンの魅力の要素のひとつが、
ここでも当然の如く実践されているように映る。
強めの火力で煽るようにソースと和えるのも王道の手立てだ。

三品あるオリジナルパスタのもうひとつが「パンナ」。ソースの具は仔牛の挽肉にマッシュルーム、玉葱なぞ。
“パンナ”はパンナ・コッタのパンナで生クリームを指すらしい。
クリームソースだからそのまま「パンナ」。
そんな理解でよろしいでしょか。

「ダニエル」か「バジリコ」か。
どうしてもそんな註文になりがちなのだけど、
偶にはトマトソース直球の「ポモドーロ」なんて選択も悪くない。トマトの甘みと酸味がそのまま伝わっていそうなソースに、
いつものワシワシの麺が絡んで迫る。
粉チーズをたっぷり掛け回していただきましょう(笑)。

虎ノ門の裏路地にSPAGHETTERIA「Hungry Tiger」健在なり。創業1967年と云えば、
古株どころか老舗と呼んでしまいたいお年頃。
いつからその冠に”SPAGHETTERIA”と置いたのか知らないけれど、
厳然と存在するそのカテゴリーの最古参であることは、
間違いないのではないでしょか。

「Hungry Tiger」虎ノ門本店
港区虎ノ門1-11-12 [Map] 050-5872-8359
http://www.hungry-t.com/

column/03796

「SPAGHETTERIA「Hungry Tiger」でやはりダニエルそしてバジリコワシワシ麺がいい」への2件のフィードバック

  1. 色んなブログで見て、関係ありそうだけど確証のなかった乃木坂店が
    以前はなかったと思うHPのHistoryで支店だと確認できてスッキリ
    新人の頃、ランチで乃木坂店によく行ってました。
    私にとっての残像はオイリーで独特の香りのバジリコ

    1. RE:ロレンスさま
      ごぶさたです。返信遅くなりました。
      そうですか、今はなき乃木坂のお店へですか。
      残念ながらそちらにはお邪魔したことがないのですけれど、虎の門の移転前と同じ雰囲気だったのでしょか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください