せいろ蒸し料理「三原」で 三色せいろきざみ焼き穴子せいろ蒸し

mihara.jpg大阪高裁もほど近い西天満の一角。 通りすがりにみた「せいろ蒸し料理」というフレーズに惹かれて暖簾に向き合います。 きっとカウンターだけのお店だろうことが窺えるコンパクトな間口。 その幕板に立て掛けた一枚板には、「三色せいろ」云々といった文字が並んでいます。
ずずずいっとカウンターの奥へと廻り込んで、厨房を横から眺めるポジションへ。 厨房の真ん中にデンとあるのは、布巾を横へ垂らして湯気を上げる蒸籠の親分。mihara01.jpgその前には、枡状の蒸籠の子分が10段にまで積み上げられています。 「三色せいろ」は三色といいながら、四色にも映る。mihara02.jpgそれは、対角に並んだあさり、鮭、鶏そぼろの両脇を錦糸玉子が飾っているから。 そのまんま杓文字で掬って、フーフーして、ハフホフとすると、 じわんじわんと滋味が沁みてくる。 mihara03.jpgmihara04.jpgmihara05.jpg 脂っけの甘さとはベクトルの真逆な、ホクホクしながらしっかりした味わいがいい。

その2ヶ月後に再訪する機会に恵まれました。 今度は、「きざみ焼き穴子せいろ蒸し」。 mihara06.jpg 一見、刻んだ竹輪がわらわらと盛られているようにもみえる、長方形の蒸籠。 それは、たっぷりとした量感が嬉しい穴子の身たち。mihara07.jpgふっくらとした食感でなく、ぐっと締まった身質の焼き穴子は、一片一片がホレホレと実直な旨みを主張してくる。 タレの味の濃さみたいなところは、その下のご飯に仕込んであるんだ。 胃の腑がホカホカとして、額に汗が滲んできて、身体全体が温まっているのが判る。 寒空の冬場にはもってこいだよね。 お昼どきにはせいろ蒸しご飯があれこれいただける、せいろ蒸し料理「三原」。mihara08.jpgお品書きにはこれら以外に、「すき焼き」「牛肉そぼろ」。 Gingerちゃんには、「豚ロース生姜」のせいろ蒸しをリコメンド。 鹿児島霧島産の鰻を使った「鰻せいろ蒸し」はまたの宿題だ。 「三原」 大阪市北区西天満4-10-24 不動ビル1F [Map] 06-6364-4970
column/02910 @900-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*