Bistor「MARCASSIN」で イサキのポワレと大人のプディング

marcassin.jpgその紅い看板の前を通るたびに、ひょいとメニューを覗いてはふむふむとして、そのうちこ~よぉ~と思っていた「マルカッサン」でランチです。等間隔で額の掛かった白い壁を右手にして、左側に10卓ほどのテーブルが奥へと並んでいます。以前はなんのテナントだったのでしょう。白い壁は高い天井へと伸びていて、狭い間口を補って余りあるヌケ具合になっています。厨房とホールとを区切るのはその天井近くまでの高さのあるステンレス棚。ワイングラスがオブジェのように並んでいます。ランチメニューは、肉か魚かのメインを選ぶスタイル。お魚の方を選んでみました。新たに入ってきた女性客が「若どりの……」と口にした。ありゃそれって地下のお店のメニューじゃんと思ったと同時に、「そのメニューは地下のお店ですので、どうぞ」と、そちらに行かれてよろしいですのヨ的にさらりと応対している。同じビルの地下に自然派のレストランがあって、間違えて入ってくるお客さんが少なくないらしい。まず届いたオレンジ色のスープは、「北海道産有機人参のポタージュ」。人参独特のクセ味はなく、自然で優しい根菜の深みを思わす風合いがあって、美味しい。メインは、「長崎産イサキのポワレ 白いんげん豆の煮込み添え 香草風味」。お皿がテーブルに置かれた瞬間に薫るのは皮目の香ばしさ。白身は白身で別の香りを醸してくれていて、バジルを散らしたソースがあっさりながら皮目と白身のコントラストを支えるに十分な風味を添えている。イサキの身の下敷きになっているのが、白インゲンやレンズ豆の煮込み。ふむふむ。きれいーにいただいちゃいました(笑)。この日のプティ・デセールは、カップに収められたプディング。プリン自体の甘さが軽く、そして苦みが清々しいカラメルと相俟って、テイクアウトしちゃいたい大人のプリンだ。さてさて、ワインをタノシミに夜出掛けたら、なかなかハッピーなことになりそうな、そんな予感がいたします。 「MARCASSIN」 中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビジデンス1F 03-3564-0335 http://www.marcassin.jp/
column/02419

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*