若鳥焼「鳥樹」蒲田店で 大胆肉厚切りの鳥料理たち

toriki_kamata.jpg

時折通る京急蒲田とJR蒲田との乗り換え徒歩ルートにあって、気になっていた「鳥樹」の蒲田店に行ってみました。 真向かいにはピンサロが並び、お隣近所にはキャバレー「ミカド」(閉店)がある。 そんな、東口中央通り沿いでも特に妖しい一角toriki_kamata01.jpgに、毅然と佇む表情toriki_kamata02.jpgをみせています。

縄暖簾を払い、予約の名を告げると、「ご予約席」を示したtoriki_kamata03.jpgすぐ目の前のテーブルに招かれました。小さなテーブルですが、これで実は4人掛けらしい。 カウンターは満席。2階席も既に一杯だという。予約しといてよかった~。 口開きは、あらかじめお願いしてあった「レバ刺」に「砂肝刺」。 今や定番となったレバ刺ではあるけれど、この滑るような澄んだ食感とエッジの立った切り口は鮮度ゆえのことなのだろうね。 toriki_kamata04.jpg 砂肝は、サクと軽く歯の先が刺し入る感覚が、なは、楽しい。 toriki_kamata05.jpg さらに定番の「煮込み」toriki_kamata06.jpgあたりで季節もの(?)「柿サワー」を呑ってるところに焼き物がやってきました。 たっぷりとした量感の「レバ焼」toriki_kamata07.jpgに、鳥樹逸品のひとつ「ももたたき」。 パリッとした皮目とほどよくジューシーに火の廻った身肉自身の旨味を回しかけたタレが引き立てる。さぁ、どんどん食べるぞ(笑)。 toriki_kamata08.jpg 一方、「ささみ焼」は特製な”わさマヨ”で。ここでも、”大胆に肉厚に切る”「鳥樹」の本懐が窺えます。 toriki_kamata09.jpg 目先を変えて「鳥樹風きのこ焼」toriki_kamata10.jpgtoriki_kamata11.jpg最後にもう一品と、「なんこつ揚げ」をお願いすると、既に売り切れだという。もうないと聞くと余計に欲しくなるのは何故(笑)? 「ささみでもできますけど~」「あ、じゃ、それでお願いします」。で、やってきた、つまりは「ささみ揚げ」。ほほぉ。ぱさついたりせず、ささみとしてはジューシーかつ繊細な身質がナイス。だけど、なんだか注文がダブっちゃったね(汗)。 背後に空席を待つひともいるので、ここいらでお会計をお願いする。うん、お安い感じ。お愛想が安心なのも、「鳥樹」の人気の所以なのでしょうね。 人気と云えば、今やさらに大きな支持を得ている五反田「庭つ鶏」の店主は、ここ「鳥樹」蒲田での修行を経て自らの店を構えたのだそう。なるほど、「庭つ鶏」の洗練された鶏料理の端々にも、一羽から捌く「鳥樹」の実直な仕立てがみられるのも、自然なことなのですね。 今宵のご同席多謝は、「美味しいもの大好き」の恵比寿婦人さん。ありがとう。 口関連記事:  若鳥焼 「鳥樹」本店 でこれを食べれば鳥樹を全部(過去記事)  鶏料理 「庭つ鶏」 で洗練鶏料理の行方を想う(過去記事)


「鳥樹」蒲田店  大田区蒲田5-18-11 03-3739-3955 http://www.toriki.jpn.org/
column/02450

「若鳥焼「鳥樹」蒲田店で 大胆肉厚切りの鳥料理たち」への2件のフィードバック

  1. 蒲田・鳥樹、最近ですが内臓刺身(予約)なくなりました。
    庭つ鶏で充分なんですが・・・。

  2. Re;sakura.Tさま
    はじめまして♪
    あれ?そうですか。数量限定ではあると思うのですが、一羽一羽捌くのに予約もできないなんて、困っちゃいますね~。
    比べてしまえば、「庭つ鶏」の洗練が際立ってしまうと思いますが、いかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*