創作料理レストラン「荒井商店」

araishoten.jpgペルー料理がいただけるというお店目掛けて、新橋・やなぎ通りを南下。そろそろ飲食店も疎らになってきたあたりに、ありました「荒井商店」。なんか乾物でも扱っていそうなネーミングです。その店名が欄間の一枚板に筆文字書きされている。そこだけ見ると、鰹節にだし昆布なんかも買えそうな感じです。で、店頭のスタンドには「おためしあれ!ペルー料理」とある。二品のランチが案内されていました。Aは「食べやすく小さく切った豚足とジャガイモ煮込みピーナッツ風味」で、Bは「骨付トリモモ肉オーブン焼き ピンクのサラダ添え」。前者を選んでみました。大き目の丸皿の奥に長粒米が盛られ、手前は色の浅いトマトベースっぽいソースの海が広がっています。ライスごと掬うように口に運ぶと、プニプニとコラーゲンを思わす豚足の食感がし、そしてコリっとナッツが歯の間で弾けます。独特の、意外に優しい味わいソースですが、ちょっとぼんやりした感じでもある。そこへ、添えられていた小皿の辛味(唐辛子と一緒に玉葱をすりおろしたものらしい)を全量投入すると、みるみる輪郭がしっかりして美味しさが際立ってくる。うんうん。お隣が食べているトリモモ肉も旨そうだ。アレンジしているんだろうし、ランチ一品じゃペルー料理のなんたるかなんて分かろうはずもないけど、なんかいい感じかも。また夜に来ること、ないかなぁ~。 「荒井商店」 港区新橋5-32-4 03-3432-0368 http://araishouten.gozaru.jp/
column/01847

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*