酒肴処「うまいもん屋」で のれそれ刺しにしろうお踊り鍋は鮪アラ

umaimon2.jpg意外と先々まで予約で埋まっていると聞き、随分と先立って予約の連絡を入れると、これまた意外なつっけんどん具合で「2日前にも一度連絡して」とオバチャンの声。 うむ、リコンファームが必要な居酒屋だ。 予約時間のちょっと前に店の前に立つと、「準備中」の札が立て掛けてあり、それを見た先客のオヤジも怪訝な表情をしている。 この時間にまだ準備中ということはなかろうと暖簾の先へと進むと、既に小上がりでは酒宴真っ盛り。 どうやら、予約で満席なのでそのようにしているらしい。 もうちょっと上手な表示をしたらいいのになぁと思いつつ、引き戸に鍵をかけちゃう「浅草 鳥多古」を思い出して苦笑してしまった。
テーブルについてビールを注文んだすぐさま、先付け的品々がどんどんやってきます。 蓮根と鶏を甘辛く煮炒めたもの、里芋・牛蒡・人参などの根菜類の煮物、 umaimon2_01.jpgumaimon2_02.jpg 菜の花の辛子和え、蛸と胡瓜をキムチソースで和えたもの、きびなごの唐揚げ、 umaimon2_03.jpgumaimon2_04.jpg とドンドン食べちゃって~って勢いで器が届きます。 おまかせ3,500円をあらかじめお願いしてあったのをすっかり忘れていて、一瞬戸惑ったりして。 umaimon2_05.jpg刺し盛りに”のれそれ”が加わっているかと思ったら、”しろうお”は生きづくりだ。umaimon2_08.jpg小鉢の中を元気良く泳ぐ体長3cmほどをエイっと箸で掴むと、目一杯口を開いて苦しそうにする。 玉子の黄身ソースに浸して、南無ぅ、口へ。噛み砕くのが憚られて飲み込んでしまった。 旨い不味いよりも、季節の醍醐味を知るもののひとつとして解釈しておこうかな。 天ぷらは、たらのめ。 umaimon2_07.jpgumaimon2_06.jpg 煮魚は、眼張。甘過ぎずベタつかずの煮上がりがいい。 なんだかんだ酔っ払ってきたしお腹もそろそろ一杯だなぁ、と思ったところへ鍋がやってきます。 大蒜と生姜の利いた鍋に鮪アラのヅケを豪快に投入。骨からこそげるようにしてしゃぶりつきます。umaimon2_09.jpg水菜も入れて、はりはり鍋の様相も呈するけど、やっぱり主題はマグロだ。 独特の出汁味がでているぞ。 umaimon2_10.jpgはぁ苦しいとなったところへラーメン玉が届く。苦しいクセにするんと啜ってしまうんだから困ったものだ。 ん~、満足満腹。 ひと息ついた大将と話すと、いただいた酒肴たちの気取りのない実直さがこの大将の実直さから滲み出たものなんだということが自ずと分かってしまう。 たーんと食べてよぉという心意気とね。 「うまいもん屋」 中央区築地2-10-5 [Map] 03-3545-5455
column/01766 reprise01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*