SEAFOOD「TOKYO OYSTER BAR」

oysterbar.jpgかつて予約もせずにノコノコ出掛けていったら満席の店内の様子に驚かされてしまった。そんな学習をした今回は、あらかじめ予約をして。入ってすぐのカウンター席へ案内されました。硝子ケースの中にも上にも牡蠣がずらりと並べられ、なかなかに壮観です。早速やっぱり生牡蠣から。まずは宮城の女川、浜市に三重の的矢と国内産のものをワインビネガーっぽい酸味のソースを垂らして。続けて食べてみると、的矢のものが比較的味わいが濃厚でいいかも、と思う。米国産の”幻のクマモト”は、意外に小ぶりだ。どうやら熊本の種が逆輸入されたカタチになっているらしい。ミュスカデの辛口白をお供にしつつ、生牡蠣にひと区切りつけたら、フランス直輸入ヴロンをノルマンディ風クリームソースで包んだという焼き牡蠣「サン・ミッシェル」やソースに包まれた半生の牡蠣の身がにゅるんとして、旨い「カキのホワイトソースグラタン」をいただく。ソテーした牡蠣も欲しいなとメニューを捲って見つけた「カキのステーキ鉄板焼」は、それ用の牡蠣の用意がないのか残念ながらNG。然らばと、ちょっと変化球ではと、「カキのギョーザ」。豚肉とカキのミンチを包んだ餃子からは、ジューシーに脂が溢れ、ほのかな牡蠣の香り。濃い目の味つけのサーモンとのネギマ、「カキのピンチョス エスパニョーラ」を食べ終える頃には満足な腹持ちになってきました。「ジャンボのカキフライ」や「カキのリゾット」はオアズケです。2階の席もすべて満席。予約のないヒト達は謝られて帰っていきます。やっぱりなかなかの人気のようですね。近くに「Links Oyster Bar」というセカンドショップもあるそうだけど、これからの国産ものの最盛期にはもっと混み合うに違いない。日本が夏を向える頃には、その頃に最盛期となるオーストラリアから直輸入の「アクアマリン」が楽しめるようです。 「TOKYO OYSTER BAR」 品川区東五反田1-11-17 03-3280-3336 http://www.oysterbar.jp/
column/01664

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*