肉そば肉うどんのお店「南天」本店で肉うどん椎名町駅北口の味お巡りさん御用達

西武池袋線の椎名町駅は、池袋からすぐ、ひと駅目の小さな駅。
相対式2面2線のホームの上に橋上駅舎の載る、各駅停車の駅によくある構造の駅だ。
昔の駅舎の様子は覚えていないけれど、母の実家の米屋へと椎名町駅や東長崎駅から向かったことは記憶の断片にある。
母方の菩提寺が駅北口の目の前にある金剛院なので、椎名町に所用があるとすれば、ほとんどが法事であったりもする。

そんな椎名町駅にふと思いついて降り立つことがある。
その目的地は、橋上の駅舎の硝子越しに見下ろせる駅前にある。駅前のベンチには、ちょうどよい具合にベンチがあり、
どんぶり片手にゆっくり座って、
うどんやそばを啜るひと達の様子がよく見られます。

思い起こせば三年ほど前。
北口駅前に寄り道して初めてお願いしたのは、
やっぱり「肉うどん」でありました。粗く刻んだ長葱がいい。
そして案外、煮付けた豚肉のボリュームも悪くないのであります。
真っ先に「肉うどん」を註文してしまうのは、
武蔵野うどん土着の気質がゆえでありますね(笑)。

出汁とやや甘めにしたかえしのバランスやよし。
かえしが濃すぎないのに好感しつつ、
豚肉から滲んできたであろう脂とでいい具合の混然となる。うどんはと云えば、その断面やおよそ丸く、
京橋「恵み屋」的押し出し湯殿直落方式ではないかと想像が膨らむ。
つるるんとして、歯触りも心地よいぞ。

何処かからの帰り掛け、もう暗くなってから寄ることもある。駅前を行き交うひと達の様子をなんとなく眺めながら、
啜るのはやっぱり「肉うどん」であります(笑)。

似たような夜にお邪魔しても「天ぷらそば」な気分の時もある。蕎麦の食べ応えも立ち喰いとしてはなかなかのものなのだけれど、
ココではやっぱりうどんの方が好みであります。

常設メニューは、「肉」から「カレー」まで9種類でありましょうか。自前での製麺を示すかのように、
「南天」の店名の入った麺箱が積まれているのが確認できます。

「肉うどん」は、トッピングの肉をダブルにすることが出来る。うどんより豚肉の方が多いんじゃない?ってな感じになりつつも(笑)、
大満足で完食してしまうのでありますね。

駅北口のエレベーターを降りて左手すぐに交番がある。
いつぞやには、交番勤務のお巡りさんが、
自前の器を持って行って、そこへうどんをよそってもらい、
いそいそと交番へと戻っていく様子を目撃したことがある(笑)。
きっと日常的なことなのでしょうね。食べているベンチのすぐ近くに、
白チャリが停めてあったりするのも当然のこと。
「カレーうどん」に肉トッピングをお願いして、
「肉カレーうどん」にするなんて選択肢もまた、ありですね。

夏場の皆さんにおかれましては、
「肉うどんタブル冷やし」なーんて選択肢もまた、ある。なるほど、豚肉が硬くなっちゃうのはご愛敬。
冷たい麺にしても、独特の食感はその威力を勿論発揮するので、
ご心配なきようにお願いします。

椎名町駅北口の眼前に肉うどん肉そばの「南天」本店はある。“南天”と云えば、あの赤い実の植物を思い起こす。
音が「難転」即ち「難を転ずる」に通ずることから、
縁起の良い木とされているようだけれど、
果たして「南天」命名の理由はそんなことなのか、
今度寄った時にでも訊いてみよう。
ついでに、支店は何処にあるですか、ってところもね。

「南天」本店
豊島区長崎1-2-2 アクティスビル1F[Map]03-5966-3600

column/03830

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください