Bar「MONDE BAR」品川で ポテサラサンドと夏の昼間のモヒート

monde.jpg昼下がりの品川駅。 新幹線の時間までちょっとあるなぁというそんな頃。 ふと、くにちゃんと訪ねた銀座のバーのことを思い出しました。 銀座の中にあっても老舗と呼ぶに相応しい「MONDE BAR」。 その兄弟店が品川の駅ビルにあるのです。
アトレの4階は、Lounge Foodium。 オイスターバーの「グランド・セントラル」品川店や、 「つばめKITCHEN」「ルビーカフェ」「マンジャ・マンジャ」といった飲食店が配置されています。 「MONDE BAR」品川は、その一角に。

ドアを押し開くと、 バックバーを背にしたオーセンティックな装いのカウンターが奥へ伸び、 その先にテーブル席がある。 インテリアのデザインは、駅ビルのバーということからか、 豪華列車の食堂車をモチーフにしているらしい。

駅港南口に面した硝子窓からは、 午後の陽射しが明るく店内を照らしていて、 真昼間のバーでのちょっと背徳な気分も明るく照らします。monde01.jpgと、磨き上げられたカウンターの頭上には、 大胆にもテレビモニター。 テレビのあるオーセンティック仕立てのバーって、そうないよね(笑)。 でも、あまり違和感のないのがなんだか不思議です。

まずはやっぱりサーバーからのビールを。monde02.jpg細やかで滑らかな泡が唇に心地よく、一気に呑んでしまいそう。

monde03.jpg 小腹を満たしてくれるようなものをつまもうと、メニューを覗く。 メニューの筆頭には、銀座の本丸「MONDE BAR」で初めて見知った、 「菊紋神戸牛」を用いたラインナップがある。 その下には、何故か築地市場からの鮮魚料理(黒板メニュー)のご案内。 右側には、銀座でいただいた「MONDE BAR」謹製「自家製ハム」も見つかります。 あれこれ悩んで、「ポテトサラダのサンドウィッチ」をお願いしました。

断面から覗くポテトサラダ。monde04.jpgmonde05.jpgじゃが芋の歯触り、トーストしたパンの香ばしさに、 マスタードの辛味と塩加減。 それらのバランスよく、なかなか美味しい。

新幹線の時間までもうあと一杯と、 硝子越しに見晴らす外界の暑さを思って、「モヒート」を。monde06.jpgこうしてみると、 「モヒート」って夏の昼間に呑むカクテルなんだなぁと想ってみたりします(笑)。

時計をちらっと見て、いまがタイミングとカウンターを離れます。 そのまま2階のコンコースへ出てすぐの新幹線乗り場へ。 カウンターから新幹線ホームまでの近さを実感する瞬間です。

きっと新幹線の改札に最も近いオーセンティック・バーのひとつ、 「MONDE BAR」品川店。monde07.jpgmonde08.jpg正統派バーにして午前11時から営むという一種のジレンマを抱えつつ、 敢えて様々なシーンでの利用に挑んだ気概を想う。 たまには、新幹線までの時間に余裕を持って、駅ビル4階の止まり木へ。

口 関連記事:   BAR「MONDE BAR」で 加水Balvenie花開き蝶来たる主水世界(11年01月)   「GRAND CENTRAL OYSTER BAR」品川で カキたま丼牡蠣フライ(10年03月)


「MONDE BAR」品川店 港区港南2-18-1 アトレ品川4F [Map] 03-6717-0923
column/03174

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*