居酒屋「かんかん」で ナポリタン誘う膨満感とピーマンほの苦味

kankan.jpgランチ時の男性率98%のお店が新川の八重洲通り沿いにあります。 壁の看板には「居酒屋」と記されていますが、佇まいはまさに旧来の喫茶店。 昼のお食事メニューはというと、「ボンゴレ」に始まるスパゲティ4種類と「ドライカレー」以下ご飯モノ4種類kankan05.jpg。 ボリュームたっぷしのお皿たちを求めてやってくる野郎共の中には、いつ行っても座っているおデブくんの姿もある。 痩せる気はさらさらないのだろうなぁ(笑)。 そんなことを思いながら、「ナポリタン」をお願いしました。
やっぱり、盛りしっかりの「ナポリタン」。kankan01.jpg経験上、いきなりわさわさ粉チーズを振ったりすると後半がしんどくなるので、そのままフォークの先クルクルに勤しみます。 量感のある麺が、胃の腑にずんずんと溜まっていくのが分かる。 やや焦げたピーマンのほの苦味が妙なリズムを生んでくれる。 塩っ気がやや強いかなぁと咀嚼しながら、遮二無二一気に平らげるような勢いで食べ進む。 でも一気喰いはムリ(笑)。 ふう、とひと息ついて、パルメザンをちょいと振って、お冷のグラスを傾けてから、また遮二無二。 kankan02.jpgkankan03.jpg ああ、喰っちゃった。 kankan04.jpg正直、「うまいっ!」ってのとはちょと違うのだけれど、こんな炭水化物の膨満感は、どういう訳か定期的に欲しくなる。「ジャポネ」や「ハングリータイガー」、「エトナ」に足が向くのもそんなことが根っこにあるかなのじゃないかな。 日によってお皿の見映えが随分違うのが面白いね。 ご飯系メニューも勿論大盛りな「かんかん」。ホールの旦那は仏頂面だけど、怖くはない(笑)。kankan06.jpg以前は「洋風居酒屋」としていた看板が、今はただ「居酒屋」となっている。 ま、居酒屋使いしたことは今のところないのですけどね。 口関連記事:   洋風居酒屋「かんかん」で 太目の麺とほどよい辛さカレースパ(03年05月)   スパゲッティ「ジャポネ」 で久々のジャリコ大盛り(06年05月)   レストラン「ハングリータイガー」 でダニエルわしわし、なはは~(07年10月)   パスタハウス「エトナ」で コク味スパイシーな特選ミートソース(07年03月) 「かんかん」 中央区新川2-6-9 03-1234-4567
column/00659-reprise01 @750-

「居酒屋「かんかん」で ナポリタン誘う膨満感とピーマンほの苦味」への6件のフィードバック

  1. かんかんですかー。
    グルメですねー。
    かんかんを出されては書き込まずにはいられません。
    今度はカレー大盛りで!!

  2. Re;ヒトミンさま
    かんかんでグルメですと? なはは、でしょ(笑)?
    でも、かんかんで大盛りなんてそんな無謀なことはしませんよ~。
    ドライカレーも好きだけど、絶対普通盛りだもん。

  3. うわっ。居酒屋ナポですかっ!!
    「遮二無二」っていう言葉が、まさにロメスパ系!
    いつも少なめの私は食べきれるか心配です・・・嗚呼。
    居酒屋ランチなのに、焼き魚とか”しょうが焼き”が無いのがちょっと残念です。

  4. Re;eatnapoさま
    居酒屋的雰囲気は皆無なのですけどね(笑)。
    少なめコールにも対応してくれると思いますよ、たぶん…。
    しょうが焼きはあっても不思議じゃないのになぁ。夜にはあるかもしれませんね。なにかのついでに夜メニューみときます!

  5. そんな奇跡が起こったら、是非是非ご一緒しましょーね♪
    お店の名前だけで、いろんなへんてこなシナリオ浮かんできてやるきまんまんな私です

  6. Re;Gingerさま
    ありそな予感もしているのですよ~♪
    あ、そっか、なんで「かんかん」なのだか、それも訊きに行かなくちゃだ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*