Le Porc de Versailles「ベルサイユの豚」で イベリコ豚グリル

versailles.jpg錦糸町南口で待ち合わせて向かったのは、駅からすぐのビル5階。エレベーターの扉が開いた途端に眼に飛び込んでくるのは、ん?もしやマリーアントワネット?。豚を抱えているぞぉ。振り向いた右手の厨房前には豚のモニュメントがぶらさがっています。奥のテーブルに案内され、まずビール。ふと仰ぎ見ると豚がケツをこちらに向けている。失礼なやっちゃ~と笑いながら、「スペイン産ハモンセラーノ(西)」や「三元豚の冷しゃぶコブサラダ(米)」で前菜する。「豚トロのエスカベッシュ仕立て(仏)」は、つまりは南蛮漬けだね。インタな産地の豚でスタートを果したところで、ヴェネト州の赤「VALPOLICELLA CLASSICO」(伊)を開けて、「黒豚のメンチカツ(日)」「もち豚のゴーヤチャンプル(日)」と今度は日本の定番的素朴系のお皿をいただく。シラーの「LINDEMANS BIN50」(豪)に切り替えて、ベル豚ポトフの中から「白金豚ソーセージと芽キャベツポメリーマスタード添え(独)」選んでみる。パキッと折ったソーセージからの香り、ポトフらしい優しい味わいのスープがいい。ふと、ケツを向けていた豚を再び見上げると、あれ?今は横を向いている。訊いてみると、こっちのがアンドレでむこうのがオスカルなんですと。ま、いっか(笑)。お肉らしいのを!ってことでお願いした「スペイン産イベリコ豚のグリル(西)」は、がっしりした噛み応えの中から、濃密な風味が伝わってくる。ドングリが利いてるのかどうかは判らないけど。〆にとおススメの、10食限定「ローストオニオンポークカツとガーリックライスのミルフィーユ味噌カツ仕立て」。挟んだご飯を刻んであるカツもろとも掻き混ぜてただくのでありますな。世界あちこちの豚に着目して、あの手この手で仕立てて供してくれる「ベルサイユの豚」。反省を含めて思うのは、創作が匂うメニューはほどほどにして、豚肉の銘柄それぞれの魅力が極力ストレートに楽しめそうなメニューを選り分けていただくほうが満足度は上がりそうです。 「ベルサイユの豚」 墨田区江東橋3-13-6 KINSIAビル5F 03-5624-0320  http://www.diamond-dining.com/berubuta/
column/02414

「Le Porc de Versailles「ベルサイユの豚」で イベリコ豚グリル」への2件のフィードバック

  1. はじめまして♪いつも密かに拝見させていただいてます。
    私もこの店、半年ほど前に行きました。
    パフォーマンスの印象が強くて、評価も分かれるところですが、いろんな銘柄の豚肉を食べ比べできたりできるのはなかなか面白いですよね。
    私も、「創作料理はほどほどに・・・」と、まさに同様の感想を持ちました。
    席に案内されるときに「(手拍子)パンパン!セレブリティ、ご案内いたしま~す!」と大声でコールされるのがすんごい恥ずかしかった思い出がよみがえってきました(笑)

  2. Re;romyさま
    はじめまして~。コメントありがとうございます。
    そうですねー。
    「三豚テイスティングセット」なんてメニューもあったのにそれに気がついたのは食べ終わってからでした…。
    そこをイチオシしてくれればなー、ってね。
    席に案内される時、スタッフと距離があったので、
    なんかワーッと叫んでるなーとは思ったンですけど、
    そんなこと云われてたのですね。あいたたた~(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*