手打きそば手打きしめん「つる岡」

tsuruoka.jpgどこの街角にもありそうな極普通のおそば屋さん。ところが店の前に立つと、ふんふんとしたカレーの匂いに包まれます。暖簾には“おそば”とありますが、お品書きのメインはうどんで、しかも楽しいメニューが目白押し。照り焼いた鶏肉の串をトッピングした「照焼うどん」にかつとじがどんぶりを覆う「かつとじうどん」、ミートソースをかけちゃう「ミートうどん」などなど。カレー版だって、えびふりゃーの載る「えびカレーうどん」、揚げた鶏肉がお供の「磯揚げカレーうどん」、冷たい麺を温かいカレールーで啜る「カレーせいろ」などなどとバラエティー豊か。そんな中から笑ってしまったメニュー「カツカレーうどん」をお願いしました。どーん!とやってきた大ぶりなどんぶり。なみなみと溢れんばかりに注がれたカレーに浮かぶのは当然、カツ。揚げたてのカリッとした衣が悪くない。圧巻はなんといってもこのカレーそのもの。うどんつゆで溶いたような形跡はなく、どろんとまったりと、そして圧倒的に濃いぃンだ。辛さは尖がらずもスパイシーな風味はしっかり。くにゅんとしたうどんによーぉく絡む。ほらほら、雑炊状態にして食べようと注文んだご飯に廻しかければ、そのまま違和感のないカレーライスになっちゃうもんね。濃いぃ文化の発露をここでも垣間見ることとなりました。いいね~。 「つる岡」 名古屋市中区千代田2-8-17 052-261-4555
column/02224

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*