釜揚げうどん専門店「根津 釜竹」で 妖艶熱々うどんにむほほほぉ

kamachiku.jpg帰りがけにふと思いついて、根津まで。言問通りから折れ入ったひっそりとした筋に、ちょっと不釣合いなモダンな灯りを映す建物は意外や老人ホームらしい。その奥の一角にある石蔵が目指す「釜竹」です。外装に煉瓦を廻した、明治43年築だという蔵に沿って進むと、一転抜けのいい硝子で構成されたお店の様子が窺える。そして店内右手の階段を登れば、蔵の中でも食事ができるってぇ寸法になっているのです。お品書きに、蕎麦前ならぬ麺前酒と記された行をみつけるともういけません。「紅豆腐」と題された豆腐よう一品を酒肴にグラスでいただく山口の純米大吟醸「東洋美人 一番纏」。すっきりした中に上品な甘い香りが抜ける、旨い酒だ。呑み干したところへ、ふん!と出汁の薫りが一閃。高さ30cmはあろうかというツボに熱々の出汁つゆが入っているのです。ぴかぴかとした湯掻き立てのうどんは、どんぶりになみなみとそよいでいる。ツボのひもを支えながら倒して注いでもらったつゆの器に、そのうどんを誘うように移して啜ります。むほほほぉ。どちらも熱々のめんとつゆ。噛み応えも口滑りも、なんというか、妖艶とでも云いたい艶かしさのうどんにきりっとしながら旨味と薫り溢れるつゆ。一種の興奮状態のまま半分まで一気に食べ進み、薬味の葱を追加してさらに後半も一気啜り。これもひとつの口福ってやつかもね。こうなると、太打ち、細打ちの「さるうどん」も気になります。


「釜竹」 文京区根津2-14-18[Map] 03-5815-4675
column/02098

「釜揚げうどん専門店「根津 釜竹」で 妖艶熱々うどんにむほほほぉ」への2件のフィードバック

  1. うわー、ここ宿題店なんだぁー。
    やっぱ美味そうだなぁ~。
    根津は讃岐うどんの「根の津」もあるし、うどん好きにはイイところだよね。

  2. Re:ヒロキエさま
    日本酒のほろ酔い加減も手伝いましたが、なんだか満たされた気分にしてもらったのですよ~。
    今度その「根の津」に行ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*