カリーレストラン「船場カリー」西天満店

sembacurry.jpg遅いランチにと、大阪界隈で一般に周知されているカレーショップのひとつと目される「船場カリー」に行ってみました。「ビーフカリー」か、「トンカツカリー」か。はたまたチーズののった「ビーフチーズカリー」か。いっそ、「ビーフ茄子カリー」「野菜カリー」か。おお、「すじネギカリー」ってのもあるぞ。うん、それにしよ~。楕円の白い皿には、向こう側7割ほどにご飯が盛られ、手前寄りにカリーのルー、向こう側に長ネギの小口切りをさらしたものがたっぷりとのっています。カリーは、けっこう黒い。どうやら烏賊墨を使っているらしい。見た目ほどしつこくはなく、適度なコクの中に旨味不足感に似た感覚も覚えてしまう感じ。一本調子になりそうなところへ、さらし葱がしゃくしゃく食感とスパイスとは違う辛味を添えてきて、なかなかよろし。うん、まぁ、悪くない。「インデアンカレー」をはじめ、独特のカレー文化が根付いていそうな、浪速の街。今度訪れる機会があったら、その時はどこに行こうかなぁ。 大阪市北区西天満4-3-19 06-6367-3623 http://www.curryhouse.co.jp/
column/01883

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*