とんかつ「キムカツ」銀座店

g_kimukatsu.jpg恵比寿店の行列に並んだのはいつのことだったかな。その後増殖を続けているらしい「キムカツ」の銀座店でランチしてみました。今となっては特段混み合うこともない様子の店内を横目に、案内された席へと収まります。目に留まった銀座店新メニュー「キム卵丼」は、残念ながら14時以降のサービスタイム限定版とのこと。それではと、”霜月メニュー”の「特製キムカツ ゆず胡椒」を炊きたてご飯セットでいただくことに。まずはなにもつけないまま口に運んでみます。おっ。重ねられた肉とその間から染み出す脂に柚子胡椒の香りと辛味がアクセントをつけて、なかなかいいじゃん。九州産の柚子と生青唐辛子をおろし、塩のみで練り上げたという柚子胡椒を挟み込んでいるらしい。テーブルに用意のない醤油を別皿でもらって、少し垂らしてからいただいてみる。これもいい。ご飯が進むってもんだ。ソースをかけてしまうと、ソースの味が強すぎて、折角のカツの味や柚子胡椒の風味が分からなくなるね。恵比寿でいただいた時は、余りに期待が大きすぎて肩透かしをくったような心持ちに陥ってしまったけれど、こうしてみるとやっぱりなかなかに悪くない。出来ますればお値段の方、も少しなんとかなりませんでせうか。 「キムカツ」銀座店 中央区銀座4-6-18銀座アクトビル3F 03-3567-1129 http://www.kimukatsu.com/
column/01682

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*