伝統と文化の味・京都肉「モリタ屋」で ステーキ御膳素直な美味

moritaya.jpg久々に丸ビルへ。 昼から気分はお肉モードだったので、35Fの「モリタ屋」へお邪魔してみました。 自前の牧場から自慢の”京都肉”を供するという「モリタ屋」は、文明開化の華開かんとする明治2年に京都で初の牛肉屋として創業したそうです。 窓からの光景を一瞥してからテーブル席へ。
ヒレの「和牛ステーキ」や冷しゃぶ「湯霜牛肉」、すき焼き「和牛鍋」などを横目に、お品書き末席の「ステーキ御膳」をミディアムでお願いしました。 150gに相当するという5mm厚のロースを2種類のタレに浸けていただきます。moritaya01.jpg違和感のない美味しさとでも云いましょうか。 塩胡椒だけでも旨味がしっかり伝わってきて、素直にご飯が進みます。 大枚叩いて、もっと肉厚のステーキに齧り付きたい衝動に駆られるね。 京都四条猪熊通の本店や鴨川に床を持つ木屋町店では、より風雅なひと時が過ごせるようです。 「モリタ屋」東京丸の内店 千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング35F [Map]  03-5220-0029  http://www.moritaya-net.com/
column/01474

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*