ホルモン「在市」芝大門で旨い赤身肉とホルモンのごちゃ混ぜ焼きとジントニと

zaichiそれは、師走の平日の夜のこと。
大門駅から地上に上がって、第一京浜の横断歩道をてけてけ渡る。
この処、間置いて何度か通った芝神明商店街を北へと上がる。
両側に点在する飲食店の表情を眺めつつ、このまま真っ直ぐ往って商店街を抜けると老舗とんかつ店「燕楽」のところに出るなぁという辺りで、今宵の目的地の提灯を見つけました。

店先にはメラメラと囲炉裏の炎が揺らいでる。zaichi01その囲炉裏の背中の壁のディスプレイをよくよく見ると、
丸型の焼肉グリルが何枚も飾られている。
枡に突き刺したプレートの文字を辿ると「ごちゃ混ぜ焼き」と読める。
はて、「ごちゃ混ぜ焼き」って何でしょう。

寒い中お迎えいただいた方たちや、
先陣切って着座していた愛ちゃんにコンバンハ。zaichi02今夜は、円形の排気ダクトの傘の下、
焼肉グリルを囲んでの忘年会なのであります。

口開きは、武蔵野ビール工場での一杯も思い出す、
気品あるコク味「MASTER’S DREAM」から。zaichi04zaichi03蓮根なんぞのお通し的ナムルが手始めに控えています。

本日のメニューが予め配られて、
それは流れを知れて安心のカタチでもあると確かめる。zaichi05正肉コースのメニュー後段に店先で気になった、
「ごちゃ混ぜ焼き」もオススメアイコンと供に載ってるね。

メニューに則ってまずは「上タン塩」のお皿がやってきた。
濁りのないピンク色の上に粗挽きした胡椒の粒が踊ります。zaichi06zaichi07グリルにてさっと炙った上タンが、
想定以上に軽快な歯触りだったのは、
裏側に均等に施した包丁のお陰でもあるのでありました。

そして、メニューの下枠に大きなフォントで提示されていたのが、
「ジントニ」なるお呑み物。zaichi08“肉専用サワー”と謳う、
「ジントニ」専用のジョッキには、”ジンと肉”の文字。
ジョッキにガチャっと盛られた角氷の上にたっぷりと黒胡椒を盛る、
そんなスタイルのジントニックだ。
ん?”ジンと肉”? あれ(笑)?

そのジンが何かと問えばそれはご存知「BEEFEATERビーフィーター」。zaichi09zaichi10バックバーには欠かせない四角い透明ボトルは、
ロンドン塔を護る近衛兵の図柄がシンボル。
恥ずかしながら認識していなかったのは、
「BEEFEATER」の名前の由来。
それはつまりは、BEEF(牛肉)+EATRER(食べる人)。
その昔、国王主催のパーティーの後に、警護にあたっていた衛兵たちが、
パーティーで残った牛肉の持ち帰りを許されたことから、
“牛肉を食べる人”と呼ばれたという。

そうか”牛肉を食べる人”だったのか!と感心しているところへ、
ドドドンとジングルでも鳴りそうな威容で牛肉塊のお披露目。zaichi11zaichi12塩焼きでと運ばれてきたお皿には、
さらに艶めかしさの増した見映えのミスジにハラミ。
細やかにサシの入った様子は、
柔らかに蕩けそうなことを容易に想像させる。
こうしてまた、美味しく、牛肉を食べる人、になる(笑)。

醤油焼きにはリブ芯辺りのものだというzaichi13zaichi16サシの入り方がまたちょと違う。
包丁の入れ方も厚みも部位や食べ方によって、
当然のように変えているのでしょうね。

店内を精力的に動き回ってくれているスタッフが、
腰に巻いている前掛けが紅くてよく目立つ。
それは「ビーフィーター」の紅。zaichi15zaichi25檸檬半個分が基本レシピの、
「ビーフィーター」使った「ジントニ」であるそうなのだけど、
檸檬に代えて、グレープフルーツを使ったバージョンもなかなか旨い。
グレフルの苦みがオトナな味わいとなるのです。

紅い前掛けのお兄さんが今度は、
薄めにそして大判にスライスしたお肉たちを運んできてくれた。zaichi17zaichi18zaichi19zaichi20zaichi21それをグリルに載せてはすぐさまひっくり返し、
それはまるで鉄鍋の底でお肉を煽るかのように。
「サーロインすきやき風」は勿論、解した玉子でいただくスタイル。
なはははは、思わず哂っちゃうくらい旨いであります。

そしてそして、本日メニューの殿に控えていたのが、
名物にして看板メニューのひとつと思しき「ごちゃ混ぜ焼き」。zaichi26zaichi22九条葱もたっぷり盛られたお皿を、
グレフル・ジントニでの改めての乾杯で迎えます。

「ごちゃ混ぜ焼き」とはつまりは、
上質なホルモンあれこれに赤身肉も含めてやや甘めの味噌で、
その名の通りごちゃ混ぜにして焼いちゃうヤツ。zaichi23それってメッチャズルいヤツやん!と、
小さく叫んで(笑)、次々と箸を伸ばす。
たっぷりした旨味とコクと脂が混然となったグリルに、
ほろ苦いグレフル・ジントニがよく似合います。

芝神明商店街の北寄りに、
赤身肉もホルモンも旨い「在市(ざいち)」がある。zaichi24それなりに歳を重ねてくると(笑)、
少しずつのお肉を変化をつけながらいただくのが、
食べ方として美味しいのを再確認できた夜でした。
そのお供に洒落も含めた「ジントニ」が面白い。
そんな「ジントニ」を推すサントリーのWebページはコチラです。

「在市」芝大門
港区芝大門1-2-8 [Map] 03-3431-5233
http://zaichi-shibadaimon.com

column/03651

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*