キッチン「ぼらぼら」で ナポリタン独特個性な手打ち自家製麺

borabora.jpgご無沙汰していた、キッチン「ぼらぼら」。 その前を通る度に、店の前でテイクアウトの品を待ちわびる人影がいるのを眺めていました。 改めて見る、コテで化粧した白い壁とパステルな印象の煉瓦で構成するファサードの意匠は、街のパスタ屋さんの風情によく似合っています。
メニューborabora01.jpgには、「カレーライス」2品に続けて、「スパゲッティ」が5つラインアップ。 で、やっぱり目が行くのは、「ナポリタン」。 自家製トマトソース使用と謳っています。 それぞれの席の正面にモレなく茹で玉子がちょんと置かれているのも「ぼらぼら」のお約束。 コンコンと殻をカウンターで叩いて、ツルンと剥いて、塩少々でペロっと平らげて、コールスローが半分ほどになったところへお皿が届きます。borabora02.jpg やや細い、という印象の麺をフォークで巻き取るようにすると、ゴムの弾力のような気配をさせながら決して伸びたりしない、不思議な手応えがする。 borabora03.jpgborabora04.jpg 適当な量の麺を口の中に滑らすと、クニクニとした歯応えとその芯に太いアルデンテの部分を保っているかのような剛性とが併存している、これまた不思議な食感のする。 もうちょっとケチャップ色が濃いのが「ナポリタン」らしいかもなぁと思いつつ、卓上の粉チーズをスプーンでふりふりして、またひと口。 あれ?ずっとこふいふ麺だったかなぁ。 borabora05.jpg和風かインド風かの「カレースパゲッティ」という手もあるけれど、 「ぼらぼら」の不思議食感の麺を愉しむには、 「タコのペペロンチーノ」や「たらこスパゲッティ」もまた面白い。 borabora06.jpgborabora07.jpg もっと茹でたらどうなるのだろうと想像しながら、麺同士がちょっと絡まる、時折みせる焼そばの麺的表情を愛でる感じに啜り、巻き、咀嚼する。 んー、個性だ(笑)。 独特麺の食感が今日も客を呼ぶ、キッチン「ぼらぼら」。borabora08.jpgステンレスのトレーの中で布巾に包まれた乾麺は、訊けば、自家製手打ちだという。 いつぞやの小麦高騰が切っ掛けとなって、この麺に辿り着いたらしい。 そっと扱う、その掌に慈しむような優しさを感じました。 「ぼらぼら」 中央区湊1-2-12 [Map] 03-3555-0132 [移転]
column/02912 @900-

「キッチン「ぼらぼら」で ナポリタン独特個性な手打ち自家製麺」への6件のフィードバック

  1. この麺の食感は食べてみないと分からなそうですねー。
    「クニクニ」って歯ごたえなんですよね!
    うーん、クニクニ(笑)
    富士宮やきそばの輪ゴム系食感とはまた違うんでしょうね。

  2. Re:蓮花さま
    うん、なんかねぇ、不思議なんですぅ。
    実は、富士宮やきそば食べたことないンだけど、そっか、輪ゴム系食感なんだ。
    輪ゴム啜ってるとしか思えないラーメンなら昔食べたことあるよ~(笑)。

  3. 「ぼらぼら」むかし頻繁に通ったものです。
    最近近くを通ったけど看板が見えないなぁと
    思ったら移転してたんですね。
    ここの「たこのペペロンチーネ」(イタリア語的には間違いw)
    は大好きでしたw

  4. Re:puzzさま
    移転が惜しいですが、今振り返ると、ここのぷにぷに麺には、タラスパが一番似合ってたかなぁ、なんて思います。

  5. puzzです。
    今は無き食堂シリーズで
    引用させて頂きました。
    移転先にも一回行ってみたい
    と思っています。
    まぁ、思っているだけですがw

  6. Re:puzzさま
    「ぼらぼら」も移転組ですね。そこになくなちゃうという意味では移転も寂しいですが、他所で活躍中と思えば、バッタリ閉店に比べれば寂しさも軽く思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*