麺香房「天照」で しっかりボディきりっと醤油スープに開化楼麺

tensho.jpgふと気が向いて、日頃割と縁遠いぃ葛飾区は堀切菖蒲園までやってきました。 なんとなく漂う下町な空気に和みながら目指すは、 駅からも程近いラーメン店「天照」です。 通りの向かいに見える「糀や」と書いた暖簾を眺め、「ラーメン 大」と大きく記した黄色い看板を目にして「蒲田のそれと同じかなぁ」などと考えているうちに、角の信号まで来てしまった。
あれ?通り過ぎちゃった?と引き返すと、あったありました。 お店のファサードが醸す雰囲気が所謂ラーメン店のそれとは微妙に違っていて、アジアンな装いであることも通り過ぎちゃった理由なのかもしれません。 店内も外観と同じトーンで、黒褐色が基調。tensho01.jpg幕板に竹を使っていたり、テーブルトップにはタイルを埋め込んだりと、そんな装飾が施されています。 開くメニューに「トムヤムらー麺」「タイカレー」「タイ風春雨サラダ」などとあることから、タイ風エッセンスを織り込んだお店のようですね。 オーダーは素直に、「天照らー麺」。そこへ「天然塩の味玉子」「三味ネギ」トッピング。 初見で印象的なのは、スープの醤油色がなかなか濃いぃこと。tensho02.jpgそのスープを蓮華で啜ると、見た目ほどの塩辛さはなくて、しっかりしたボディと魚介系出汁の風味、その後を追うように醤油の酸味風味が届いてくる。 ほほ~、いいかもしんない。 三味ネギは、長葱と浅葱と玉葱の三種ネギで、玉葱のみじん切りと深い醤油味のスープの組み合わせに、かつての「醤屋」を思い出す。 引き揚げた麺は、ゆるいちぢれに太さの割に力強い量感を湛えてる。tensho03.jpgスープによ~く馴染みながら、麺自身の旨味を伝えてきて、いいなぁと思ったら開化楼謹製だという。やっぱやるなぁ、開化楼。 tensho04.jpg太く柔らかい大判なめんまも、いい。 どんぶりの中でのバランスも取れてるしね。 うん、満足、「つけ麺」も気になるなぁと思う「天照」。 どうやら、かつて「二郎」だったお向かいの「ラーメン 大」、そして並びのうどん・麺処「糀や」の店主が展開した別ブランドなのだそう。 饂飩とラーメンスープのコラボ的どんぶりもあるという「糀や」tensho06.jpgまでも気になっちゃうじゃん、困るなぁ(笑)。 口関連記事:らーめん「醤屋」 で黒紫白からうすくち醤油の白玉葱みじん切り(02年11月) 「天照」 葛飾区堀切5-3-1 03-5680-3328
column/02586

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*