総本家「永坂更科 布屋太兵衛」麻布総本店

nagasakasarashina.jpg久々に麻布十番に寄り道して、更科系老舗三店の一角で夕食を。「信州更科蕎麦処」の木版を横目に暖簾を潜るその先に、団体さん御用達の観光施設チックなガランと広いフロアが目に映りました。「どちらでもよろしいですよ~」の声に導かれて、唯一先客が占めているテーブルの脇を抜けて奥へ。広いが故に、微妙に所在ない思いがしてきます。さてさて、お腹の方はしっかりぺこぺこなので、とお願いしたのは更科にイメージするところの「御膳そば」に「かき揚げ生粉打そば」。薬味と一緒に、「お好きなほうで~」と「あま汁」「から汁」ふたつのつけ汁の容器が運ばれてきました。お蕎麦のつけ汁は、つまりは「から汁」なのだとばかり思い込んでいたのだけれど、「あま汁」ってつけ汁もあるのだと識って、少し呆然となる(笑)。両方のそばが同時に運ばれてきて、少々愕いたものの、気を取り直してまずは、純白なる「御膳そば」をから汁の方でいただいてみる。シャキシャキとした極細い麺に汁が纏ってきて、粉の極ほのかな風味を引き出してくれるようで、悪くない。けど、から汁といいつつ、甘いつけ汁だね、これ。するってーと?と「あま汁」の方を舐めてみると、当然のことながらもっと甘い。ふむ~。かき揚げには裏側の方に粉がダマになっているところがあって、生っぽい。田舎風の「生粉打そば」は、ムニッとした食感が野生的ではあるものの、粉の香りは意外と奥ゆかしいンだ。ひとまずは、更科では更科をいただくのが常道、と覚えておきましょう。笊を下げにきたオバちゃんによると、老舗三店のうちどこかが定休日だとその分ひとの入りは増えるのだそう。それってつまりは、どちらに行っても大差はない、ってことなのでしょうか。 「永坂更科 布屋太兵衛」麻布総本店 港区麻布十番1-8-7 03-3585-1676 http://www.nagasakasarasina.co.jp/
column/02398

「総本家「永坂更科 布屋太兵衛」麻布総本店」への2件のフィードバック

  1. 十番の三店、違いはありますね。
    記事にするつもりなのに最近行く機会がなくて・・・
    でもアップするのは二店かも(笑)

  2. Re;ロレンスさま
    ほほぉ、なるほど。
    ほか二店も遠い昔に行ったきりなので、
    改めて寄ってみようと思っています。
    いつになるかワカラナイけど(笑)。
    そうそう、向かいの「あべちゃん」にも行かなくちゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*