とんかつ「河金」

kawakin.jpg入谷のとんかつ「河金」は、駅に極近くも、通り掛かりにふらりと入ることはそうそうありそうもない、そんな路地にあります。先客は、右手の小上がりにおふたりさま。新聞や雑誌が散らばっていて、どこか雑然とした印象のする中、奥のテーブルまで進みます。隣の座卓の座布団の脇には、黒い猫がすやすやと就寝中。そんな情景を微笑ましく眺めながらお願いしたのは、店名を冠した「河金丼」です。何気なく卓上のスポーツ新聞の文字を目で追っていると、背中の方からジジと油に揚げる音。そして、どんぶりが届けられました。「河金丼」というのは、つまりは、カツカレー丼。濃い色に揚げられたカツに、如何にも小麦粉をたっぷり使った見映えのカレーがどろんとかけられています。揚げ立ての衣の香ばしさがうどん屋的カレーと素朴にマッチ。カツもカレーも特にどうということもないものの、なんだか下町ックな魅力があると思いたくなってくるのが不思議だ。見上げた壁の上部に、「あさくさ河金 支店」の文字。大正の頃、屋台を牽いていた初代が発案し、浅草に開いた洋食のお店「河金」から分家したのがここ入谷「河金」ということらしい。元祖カツカレーは「河金」の、ということなのか。「トンカツ」の品書きをよく見ると、50“匁”とか200“匁”とかという表記になっている。一匁が3.75g。あれ? ってことは、200匁は、750gのトンカツってこと!? 見間違いかな(笑)? 「河金」 台東区下谷2-3-15 03-3873-5312
column/02347

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*