甘味「茂助だんご」

mosuke.jpg昨春同様、花見酒のアテを仕込みに築地まで。まずは腹拵えにと寄ったのが、かつて一世を風靡した童謡「だんご3兄弟」のモデルになったということでも有名な「茂助だんご」。何度も店頭でお団子を買ったことはあるけど、店内のテーブルに座ったことはなかったのです。でも、お団子何本も食べて朝食代わりにしよーってワケじゃなくって、お目当てはこの「玉子ぞうに」です。澄んだ汁を啜ると、この一杯のためだけにひいたような濃い味の出汁が迎えてくれる。とじた玉子やお麩の陰から覗いたお餅は小さめな一片だけだけど、小腹を満たしつつ温めてくれる感じがちょうどいい。次から次へと売れていく店頭の忙しさを余所に、奥のテーブルでまったりしみじみしていると、なんだか河岸の男衆になったかのような錯覚が一瞬過ぎったりして面白い。一応、こしあん、つぶしあん一本づつもいただいて、さあ買出しです。 「茂助だんご」 中央区築地5-2-1魚がし横丁1号館 03-3541-8730
column/02166

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*