レストラン「ラ・ブリーズ・ドゥ・ヴァレ」

labrise.jpg平成通りの筋が築地方向へ抜けるあたりに、新富町~八丁堀界隈らしからぬ少々コジャレた佇まいを見せるお店があります。ピンクがかったベージュの壁にテントなど濃緑色のアクセントを配したファサードだ。1階は落ち着いたカフェ。2階へと奥の階段を螺旋に登ると、天窓から射す明かりがゆったりとした空間をさらに魅力的なものに演出していました。中央の円卓で「ニソワーズ」というランチコースを。アミューズは、ほうれん草・ベーコンがギュギュっと入ったキッシュ。トロリサクリとして美味しい。続く前菜が「新玉ネギのブランマンジェと新玉ネギのフリット 玄海灘で採れたメカブを添えて」。玉葱特有の甘味を香りが伝わるブランマンジェがこれまた美味しい。白金豚のバラ肉のコンフィ、となっていたメインを「豚バラのいいものが入らなかったので」という説明に素直に応じる形で、仙台の牛タンをローストしたものに。しっとり柔らかではなく、コリコリとした食感の残る仕立て。赤ワインのソースがぴったりとくる。添えられた椎茸の素揚げもいい。魚を選ぶと、「九州・玄海灘のホウボウのグリエ 菜の花とシジミのスープ仕立て」。失礼してスープをひと啜り。シジミのエキスに溢れたスープにしみじみとする。デザートに「大美伊豆牧場の牛乳のアイスクリームとマドレーヌのターバンと柑橘のコンフィチュール添え」(長い!)。柑橘のコンフィチュールとはいわばマーマレード、ですな。メインゲストのみ、「9彩のパレットデセール」に変更してもらった。厚手な硝子の、正方形の中に9箇所の窪みを作った特殊なプレートに苺を素材にした小さなデザート9片が載っているもの。オンナノコウケ、しそうだ(笑)。それにしても、なかなか日常使いはし難いと思われるのに、7割方席が埋まっているっつーのはどゆ訳だろね。 「ラ・ブリーズ・ドゥ・ヴァレ」は、奥沢の一軒家レストラン「ラ・ビュット・ボワゼ」の姉妹店にあたるそうです。 「ラ・ブリーズ・ドゥ・ヴァレ」 中央区新富2-4-3  03-3552-2155
column/01805

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*