レストラン「たいめいけん」で牡蠣フライにポーク生姜焼丼海老ナポ老舗の暖簾を思う

永代通りと昭和通りが交わる交差点が江戸橋一丁目の信号。
そこから間もなくの日本橋交差点の角に建つコレド日本橋は、いつの間にか、グランドオープンから10余年が経つらしい。
コレド日本橋の裏手、江戸橋周辺にある老舗洋食店と云えばそれは勿論、日焼け真っ黒三代目シェフでもお馴染みのレストラン「たいめいけん」だ。

10月へとカレンダーを捲ったその週に訪ねて訊いてみた。
カキフライありますか?
さも当然のように頷いて、
コールスローは付け合わせにありますからと云い添えてくれた、
ホールのお姉さんの笑顔に安堵して、暫し。正調を素直に思わせるお皿がやってきました。

頃合いのいいサイズの牡蠣フライが4個。玉子玉子していないタルタルを横から添えるようにして、
今季初めて!と心中に呟きながらそっと歯を立てる。
あ、あああああ!
旨い。
何も衒うこともないそのままの牡蠣フライが、
思わず大きく頷かせるほど、旨い。
そうだ、老舗の暖簾は伊達じゃないのだ(笑)。

コールスローと一緒にたっぷり盛り付けられた素ナポもいい。ケチャップやトマトソースの水分をちゃんと飛ばしてある、
その加減が何気に絶妙なのであります。

「コールスロー」に並ぶサービスメニューのと云えば、
それはご存知「ボルシチ」。大鍋で作るから美味しいという側面もきっとあるはず。
学校併設の給食室で作った汁物の美味しさにも似ているかも、
なぁんて思ったりもする。
マヨネーズを使わないコールスローもなんだか正しい気がします。

ナポちんも絶対食べてる「たいめいけん」のナポリタンは、
メニューの最後に具材を語る「スパゲッティナポリタン海老」。ノーモアアルデンテな素ナポの出来に対して、
ややシャツに飛びそうな仕上がりは賛否の分かれるところか。
ちなみに、海老があるなら「ナポリタン蟹」もあるようです。

「特選ランチメニュー」の中から見つけたのが、
ジンジャーちんも絶対食べてる「ポーク生姜焼き丼」「たいめいけん」の丼物メニューは他に見当たらない。
飾らない盛り付け具合を愛でつつやおら箸の先をドンブリの頭に伸ばす。
キリッと利いた生姜の風味が実にいい。
食べ終わったところでお隣のテーブルのご婦人が声を掛けてきた。
「それって何です?メニューに載ってます?」
それとは別の註文を済ませてしまったものの、
隣の芝生が妙に興味深く見えたようです(笑)。

「たいめいけん」一階のテーブルで食事をしていると、
厨房の右手の隅からカウンターに立つひと達の姿が覗ける。お久し振りにそのカウンターに立つと、
こんなに明け透けに厨房の中を覗けてよいのだろうかと、
そんな気にさえさせるシェフズカウンターである。
もっともここで三代目シェフの真っ黒なご尊顔を拝する機会は、
今のところないのだけれど(笑)。

券売機に「三代目おすすめら~めん」とテプラで示しているのが、
「ローストポークら~めん」。チャーシューの代わりにローストポークを浮かべるのはやはり、
これまた老舗洋食店としての心意気でありましょか。
麺もまた、フェットチーネかタリアテッレかという平打ちタイプ。
まぁ、ねぎチャーシュー麺バターのせ、
あたりの方が好みですけどね(笑)。

夙に知られた老舗洋食レストラン「たいめいけん」此処にあり。一階フロアや麺屋コーナーは幾度となく訪ねているものの、
どうも敷居が高くって、未だ二階へは足を踏み入れたことがない。
どなたか連れていってくれませんでしょうか(笑)。

「たいめいけん」
中央区日本橋1-12-10 [Map] 03-3271-2465
https://www.taimeiken.co.jp/

column/03736

「レストラン「たいめいけん」で牡蠣フライにポーク生姜焼丼海老ナポ老舗の暖簾を思う」への2件のフィードバック

    1. Re:ジンジャーちんさま
      あれ?そうでやんす?
      またまたぁ!
      リンクした記事にそのようのご様子が窺えるのですけれど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*