味噌らーめんの店「しなり丸」で甘め濃厚白味噌スープ赤味噌くっきり鶏がらスープ

八丁堀で市場通りを横切って亀島橋を渡った八重洲通りが、鍜治橋通りと斜めに交わる交叉点。
新川二丁目信号の角地近くには、「三好 新川本店」というラーメン店がありました。
味よし!値よし!愛想よし!と謳うオレンジ色のターポリン幕を回した外観が印象的でしたが、いつの間にか閉店してしまいました。

そんな新川二丁目信号のところに最近、
行列を作っているラーメン店があると、
会社の同僚から伝え聞く。成る程、「三好」があった建物の並び、
正に交叉点に面して面取りしたような建物に、
「味噌らーめんの店」と題した看板が掲げられていました。

券売機のボタンを覗けば勿論、
並んでいるのは味噌らーめんのあれこれ。
白味噌か赤味噌かを選べるとホールのお姐さんが知らせてくれます。

まずは「ネギチャーシューメン」を白でいただきます。二郎張り、とは云わないものの、
なかなかのこんもり盛りが目を瞠るどんぶり姿。
でも、どうだと言わんばかりの盛り付けではありません。

下地のスープが素直に旨い。
豚に牛に鶏と動物系主体の濃厚スープだというが、
札幌系を十分に髣髴とさせつつも、
しつこくないバランスに仕立てている感じ。信州味噌だという白味噌のコクと甘さが心地いい。
そんなスープにかん水が適度に利いたわしわし麺が似合います。

裏を返すようにして今度は、
「野菜盛りラーメン」を赤で所望する。その名の通り野菜たっぷし。
成る程、赤味噌仕立てのスープは白に比べて、
きりっとすっきりと輪郭のある味わいだ。

こふいふ時はと、
久方ぶりに”天地変返し”を繰り出してみたりする(笑)。こうすると、最初は野菜ばっかりにならず、
バランスよくより美味しくいただくことが叶います。

行列を避けるようにややフライング気味に、
新川にやってきて「豚唐揚げ盛りラーメン」なんて日もあって。パーコーちっくな唐揚げにガッツリ満足の後には、
眠気来襲必至の一杯とも申せましょう(笑)。

厨房には2台の圧力釜が活躍中。
麺箱には「麺の麻生」の刻印がある。
白味噌にはワシワシ太麺、
赤味噌にはシコシコ細麺、
スープに合わせた2種類の麺は、
麻生の麺であるようです。

「しなり丸」では定番のあれこれに加えて、
週替わりと思しき限定ラーメンもスタンバイ。例えば「あんかけ味噌ラーメン」なんて日もあれば、
白味噌で「担々麺」なんて日もある。
でもまぁ、結局ベーシックな「らーめん」か、
野菜たっぷしな「野菜盛りらーめん」あたりに、
戻っていくのですけれどね。

新川二丁目交叉点に行列のある光景を生んだ、
味噌らーめんの店「しなり丸」。メニューの隅には、”成”の文字を丸で囲んだアイコンがある。
カウンター越しに店の名の由来を訊ねたら、
“しなり”は、有志竟成(志ある者は事竟に成る)の”志成”から、
当てたものだそう。
柔らかそうな響きの店名は、
何気に想いと意気込みの滲んだものだったのですね。

「しなり丸」
中央区新川2-12-12 [Map] 03-6222-1175
http://www.grast2009.co.jp/

column/03715

「味噌らーめんの店「しなり丸」で甘め濃厚白味噌スープ赤味噌くっきり鶏がらスープ」への2件のフィードバック

    1. Re:puzzさま
      ご無沙汰しております。
      あ!そうかもしれないです。
      なんかラーメン店だったよなぁ?と思っておったのですよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*