Pizzeria「in Piaseta」で美味しいピッツァはトマトか赤ピーマンかパプリカか

piaseta数日滞在したグラドGradoは、海辺の街。
アドリア海北縁の潟湖ラグーナに浮かぶ島々のひとつ。
島の先端にローマ時代から築き上げた街がある。
春先ではまだ観光シーズンとしてはオフであるようで、夏場のバカンスの時季ともなれば可也の賑わいをみせるようです。

通りからちょっと歩けばすぐ、海に出る。piaseta01ほとんどひと気のない砂浜は、
パラソルも閉じていて、来る夏を控えて準備中。
いずれレスキュー達の雄姿もみられるのでしょうね。

改修されて広くなったという海岸線沿いの通りが、
とっても居心地のいい素敵な場所。
ベンチに腰掛けて瓶ビールでも手にしていると誰ともなく、
Buon giorno!、Buona sera!、Ciao!なんて言葉が行き交います。
こんな風に通りすがりに朗らかに挨拶を交わす感じは、
日本人も見習わなくてはなりません。piaseta02そんなことを考えていたら、
飛行機雲の交叉した空の下へと日が沈んでいきました。

海辺を離れて向かったのは、いつぞやのお魚屋さんの近く。piaseta03路上に幾つもの、白いクロスを飾ったテーブルが並んでいるところです。

グラスのワインをいただいて、まず乾杯。piaseta04いつもの!ぐらいの勢いで、ピッツァのご註文を済ませます。

届いたのは、お店の名を冠した「alla Piaseta」。piaseta05おおお、これぞポモドーロ!ってな見映えのピッツァであります。

ジューシーなトマトの豊かな甘味と酸味とが交叉する感じが実に旨い。piaseta06と思う一方でトマトだよね?という一抹の疑念が沸き上がる。
え?赤ピーマン?
なはは、正直そうとは判らんかった。
トマトと赤ピーマンの合わせ技ってな感じでしょうか。
所々に顔を覗かせているのは、黄ピーマンかパプリカか。
なんか、リコピンたっぷしな美味しさに、
ただただうんうん頷いてしまうばかりでありました。

グラドGradoの街角にあるPizzeria「Piaseta」。piaseta07薪釜を見せてもらおうよと厨房を覗いたら、
それが大きな電気釜に更新されていた。
電子レンジみたいな釜とは違う大振りの鉄の箱。
それでも美味しいピッツァが焼けるものなのですね。

「in Piaseta」
piazza XXVI Maggio, 20, Grado, Italia [Map] 43183477

column/03590

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*