Gassenverkauf「Steirische Weinstuben」で シャンピニオンフライ

steirischeweinstuben新市街から線路を潜って、レーエナー橋へと通じるサンクト=ユリエン通りとの交差点。
古びたビルが交差点の角に向けた隅切りの扉。
額に載せた緑地の看板が示すのは、オーストリアを代表するビール「Gösser(ゲッサー)」。
うん、昼間っからビール呑みたい(笑)。
でも、外観から窺う雰囲気は、
地元常連色が濃そうで、ちと怪しい。
まぁ、昼間だから大丈夫でしょうと高を括りつつ、
恐る恐ると扉を開きます。

向かって左手にはカウンターがあって、
バックバーにはサーバーに逆さまに刺さったボトル幾つも並んでいます。
その手前に、なにやらわさわさと円を描くオブジェがある。steirischeweinstuben01steirischeweinstuben02なんだろうと近づいてみると、そのわらわらは、
「Jägermeister(イェーガーマイスター)」のボトルたち。
緑色した「イェーガーマイスター」のミニチュアボトルの空き壜が、
樽の上を埋め尽くすように、美しくもわらわらとディスプレイ。
すぐお隣、ドイツのハーブ系リキュールもおススメのひとつなンだろね。

「イェーガーマイスター」のボトルと同じく、腰壁や椅子に塗った緑色が印象的な店内の装飾。steirischeweinstuben03steirischeweinstuben04壁の絵は、かつての店の様子を描いているのかな。

まずは早速、ビールを所望。
スリムなジョッキで届いた「ゲッサー」は、すっきりクリアなピルスナー。steirischeweinstuben05steirischeweinstuben06苦み控えめで、スムーズにすいすいと呑めちゃう感じが、いい。

そのビールに最高にあう逸品が、
CHAMPIGNONS GEBACKEN MIT SAUCE TARTARE、「シャンピニオンのフライとタルタルソース」。
細かいパン粉をしっかり纏わせた衣がきつね色に染まって、なんとも旨そう。steirischeweinstuben07steirischeweinstuben08火傷しないようにふーふーしてからそっと齧れば、
中から弾けるジューシーなシャンピニオンエキス。
濃密な旨みと風味がそそり、堪りません。
牡蠣フライに勝るとも劣らない、魅惑のフライだ。

ビールをお代わりして今度は、
看板メニューのGRILLHENDL、チキンのグリル、半分。steirischeweinstuben09パリパリとした薄い衣がチキンの旨み汁が上手に閉じ込めていて、これまた旨い。
重ったるい脂の感じがないところにも感心です。

ちょこっと汁モノが欲しいなぁとお願いしたのが、
謂わばレバー肉団子スープ、LEBERKNÖDELSUPPE。steirischeweinstuben10スプーンを挿し込むとわらわらと崩れるレバーの肉団子がスープに解けて、
レバーの香ばしい風味とスープの温かい旨みにホッとします。

街角のGassenverkauf、
「Steirische Weinstuben(シュタイアリッシェ ヴァインシュトゥーベン)」。steirischeweinstuben11Gassenverkauf(ガッセン・フェアカウフ)というのは、
つまりは産直の酒屋さんみたいな形態を指すらしい。
Steirischeは、ウィーンの南の方にある、シュワルツェネッガーの出身地グラーツを州都とするシュタイアーマーク地方の、という意味。
つまりは、”シュタイアーマークの小さなワイン酒場”という店の名だ。
遅い時間まで営業する店の少ない街で、
年中無休で夜中までご飯できる数少ないお店のひとつだそう。
タクシーの運ちゃんの予約席があるとか、ないとか。
娼婦とその男が寄り添う時間帯は、妖しい感じになるらしい(笑)。

「Steirische Weinstuben」
Sankt-Julien-Str. 9 Salzburg [Map] +43 662 8747900

column/03081

「Gassenverkauf「Steirische Weinstuben」で シャンピニオンフライ」への6件のフィードバック

  1. 先日はありがとうございました~!
    素敵な素敵なシャンピニオンですね。
    しかもタルタルソースなんて最高です。

  2. このお店、ザルツブルク州の法律では、音楽祭など特別な時間以外本来認められていない、0時以降も普通に料理が出るので(色々な組織(苦笑)が関係あると問題ないなど、例外はどこでもあるものです)、昔から良く使っていました。
    昔は若かったので、夜中2時でもシュニッツェルとか食べたのが懐かしいです、今では20時以降には食事はしません(笑)。
    この建物の上とか近辺は、妙な服装をした女性が夜中にうろうろしているので、夜仕事帰りに車で通ったりすると、どこの国にいるのか?と思う事も(笑)。
    かと言って治安が悪い訳ではないのが、さすがザルツブルクなのです。

  3. Re:油谷さま
    おつかれさまでしたー。
    二次会には参加したのかな?
    あ、ここのシャンピニオンフライは、絶品な揚げモノでしたよ~。
    気軽に行ってみて~とも云えないけど(笑)。
    また、どこかでお会いしましょーー。

  4. Re:seppさま
    ありゃ、そんな法律があるのですね、びっくりー!
    でもいまや20時以降食べないなんて、うう、呑んだあとのラーメンはNGにしてますが比較になりませんね(笑)。
    ああ、やっぱりちょっと妖しいところなのですね。
    去りゆくトラックがなんだか気がつくのは、seppさんだけだと思っていたのですが…。

  5. (一部割愛、ごめんなさい)昔と違い、子供と居ると自動的に健康的な生活になっています。
    去りゆくトラック、訪問日時が特定されそうなので、あまり突っ込めないかと思っていましたが、クリスマス市撤去のトレーラーとトラクターですね!!
    ザルツブルク市内には、グラーツが本拠地のゲッサー社ビールを扱うお店があまり多くないのも特徴でしょうか?
    今月25日に地元Trummer Pils醸造所を仕事で訪問予定なので、ザルツブログにもご注目を(笑)。

  6. Re:seppさま
    あ、ザルツブルクでは、トゥルンマーかスティーグルとかなのかな。
    醸造所で呑る一杯、愉しみですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*