インド・ネパール創作料理「プラクリティ」でカレーセットのコク旨味

prakriti.jpgたん料理専門店「助六」の脇を入る路地。 お米屋さんが営むおこめカフェ「鈴木米店」の並び辺りでカレーの匂いを嗅いだのは、この4月半ばのことでした。 開店祝いの生花を飾る、 インド・ネパール料理の「PRAKRITI」。 スリットの間から店内を覗くと、あちらのヒトらしい人影がタンドールからナンを引き上げるところでした。 うー、カレーが呼んでます(笑)。
「カプリアティ」のランチメニューprakriti01.jpgは、「チキンカレーセット」から「プラクリティカレーセット」までの都合9本立て。 「マトンカレーセット」からいただいてみます。 辛さは、「中辛」くらいかな。 prakriti02.jpg サラダのあとに届いたのは、ナン、サフランライスとの一緒盛り。 焼き立てにバターオイルを塗ったナンをあちちと引き千切り、赤茶色いカレーを皿から掬って、垂らし載せるようにしてそのまま口へ。 prakriti03.jpgprakriti04.jpg うんうん、加減のいいコク味が素直に嬉しい感じ。 マトンの風味も柔らかで、そこへ針生姜が色を挿す。 相変わらず手がベタベタするのは、難儀なような、喰ったぞー感が増すような(笑)。 メニューの後段に「スペシャルカレーセット」というのがあって、それは選んだカレー2種類と「パパード」「チキンティッカ」も一緒盛りした豪華版。 チキンとポークとダブルに肉系カレーを選んで、迎えるお盆。prakriti05.jpg真ん中手前でナンの上に載っている丸いのが、インドのせんべい「パパード」。 そういや、長原の「MOON」では、パリパリとビールのあてにしたっけな。 赤く焼き上げた「チキンティッカ」を削ぎ取るように味わって、再びナンを引き千切る。 微妙に色合いの違うカレーをチキンから、そしてポークへ。prakriti06.jpg甘さに似たクリーミーさにとっぷりと含む旨味がいい。 やっぱり辛さは、中辛あたりがよろしいようで。 そんなに辛い訳じゃないけど、口腔のちょっとしたヒリつきはヨーグルトで鎮めてあげるンだ(笑)。 八丁堀の路地で営みはじめた、インド・ネパール料理の店「プラクリティ」。prakriti07.jpgおねえさん曰く、「PRAKRITI」とは「自然、という意味だそうです」という。 インド哲学的には、根本原理とか、母なる神とか、色々と深い意味合いがあるらしい。 インドで修行したネパール人料理長が厨房を取り仕切っているというのだけれど、インド料理とネパール料理に明確な違いはあるのかな。 今度また、訊いてみよ。 口関連記事:   たん「助六」で たんは焼かずにしゃぶに佳し唐揚げつくねに角煮(09年05月)   おこめカフェ「鈴木米店」で 穴子ご飯とお惣菜ご飯の甘さと和み(06年05月)   カレー居酒屋「MOON」でなかなかにソソる風景カレーチャーハン(08年10月) 「プラクリティ」 中央区八丁堀3-20-7 [Map] 03-3551-7828
column/02826 @900-

「インド・ネパール創作料理「プラクリティ」でカレーセットのコク旨味」への2件のフィードバック

  1. スペシャルカレーセットがすごくお得に見えますねぇ。
    そうそう
    フライパンで焼ける「ナン」セット なるものを見つけて
    思わず買ってしまいました。
    とは言っても・・・まだ作ってないんですけどね(笑)

  2. Re:lencaさま
    コメント、ありがとー♪
    へー、そんな「セット」があるんだー。
    もっちり香ばしくなるのかなぁー、やっぱりオーブン買えっていうのかなぁ、どっちかな。
    ん、でも、粉以外になにがセットされてるの(笑)?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*