西洋御料理「小春軒」で かきフライにかきバタヤキ春さんの面影

koharuken.jpg「来福亭」の並び、「シェ・アンドレ」の向かいにある「小春軒」に久し振りのお邪魔です。 目当ては、店頭の品書きにみつけた「かきフライ」の文字。 いざいざと、白くてたっぷりとした暖簾をすっと潜ろうとしたら、何かが頭に引っ掛かった。 へ?と思って慌てて頭を上げると、どうやら暖簾の縁が解れて、輪っか状になってるところへ頭を突っ込んでしまったらしい。 恥ずかし混じりに改めて眺める暖簾。 そんな古いものではないだろうけど、数箇所見つかる継ぎ接ぎと半円を連ねた縁取りのデザインに、老舗の味わいを思ったりもします。
相席のテーブルへと手招きしてくれたおばちゃんに「カキフライ」をとお願いして、待つこと暫し。 届く簡潔なるお皿には、キャベツの千切りにポテトサラダにお約束の5片のフライ。koharuken01.jpgさっと檸檬を絞って、カプッと齧れば牡蠣の汁がひゃっと迸って、火傷の予感。 そのリスクと引き換えの、一瞬の旨味の迸りはマゾヒステックな歓びにも似て(?)。 koharuken02.jpgkoharuken03.jpg 揚げたてひと口めの醍醐味なのかもしれないね。 koharuken04.jpg「小春軒」には「来福亭」に同じく、牡蠣料理にもう一品「かきバタヤキライス」がある。 それを求めて今度は、奥のカウンター。 フロスト状の硝子越しにコックコートふたつが忙しなく動く様子を眺めつつ、再び待つこと暫し。 芳しくちょっと焦げたバターの香りと一緒にやってくるお皿。koharuken05.jpgこれをズルイと云わずしてなんと云おう。 koharuken06.jpgkoharuken07.jpg 頃合よくソテーした牡蠣は、牡蠣自身がひと廻り衣となって、自らの旨味を閉じ込める。 そこへ洋食の王道的味つけ風味づけをされちゃー、ご飯が進んで困るじゃんね(笑)。 koharuken08.jpg賽の目に刻んだ野菜が朗らかな「カツ丼」も人気という「小春軒」の創業は、明治四十五年。 「小春軒」の名は、創業した小島種三郎さんの奥様が”春”さんという名だったこと由来しているそう。 koharuken09.jpg そう云われてみるとふと、お店のホールで甲斐々々しく立ち振る舞う”小春”さんの姿が脳裏に浮かんだりしませんか(なんちゃって)。 口関連記事:   Cafe Bistro「CHEZ ANDRE」で シューファルシとママンの笑顔(08年11月)   西洋料理「来福亭」で カキバタヤキ最高のご飯の友(08年10月) 「小春軒」 中央区日本橋人形町1-7-9 [Map] 03-3661-8830
column/00327 reprise01 @1,250-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*