C.C.HOUSE「なかしま」で 三杯カナディアンクラブに囲まれて

nakashima.jpgお初天神東側界隈の味ある路地。 「北サンボア」のお隣に赤いメイプルのマークを看板に掲げたバーがあります。 “な”の一字が欠けてしまった壁の店名を横目に小窓から覗く店内は、少し妖しげ。 奥におかあさんの柔和な表情が見つかると急に安堵して、扉を押させてくれました。
年季の入ったスツールに滑り込んで見据えるバックバーには、 「Canadian Club」のボトルが並びます。nakashima02.jpgそう、ここ「なかしま」は、カナディアンクラブに拘ったバーなのです。 カウンターとバックバーに挟まれた城を守っていた元の主は小さな写真の中にいて、今はその息子さんがおかあさんの脇に立っている。 水割りをいただきました。 オヤジさんが自らサンドブラストで描いたのだという化粧が表情を添えるグラスが手に馴染む。nakashima03.jpgそっと口に含んだカナディアンウイスキーは、角のない滑らかで円やかな呑み口のまま、すっと喉を過ぎる。 2杯目、帰宅するおかあさんを「お疲れさま~」と送り出して、さらにもう1杯。 なんだかまったりと和んじゃう。 居心地のいいバーがここにもありました。


「なかしま」 大阪市北区曾根崎2-2-11[Map] 06-6312-2621
column/02235

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*