らーめん「麺好」

menko.jpg環七を北上する途上でお昼を啜ろうと中野富士見町へ寄り道。通り沿いに何気なくある「麺好」は、10席ほどがカウンターに並ぶ、シンプルな設えのお店です。頭上の下り壁に留められた品札から「チャーシューメン」を選んでみました。貼紙には「当店のスープは海の幸山の幸を煮込みうま味を出しております、化学調味料はいっさい使用していません」とある。なるほど。と、とん、とドンブリが眼前に置かれました。ふむふむ、見た目はシンプルな中華そばだね。どれどれ、スープはどうかなと啜ってびっくり。は~、うまひ~。魚だしが突出することなくひたひたっと味蕾を攻める。でもベースには牛豚直球とはちょっと違うクセのない滋味があり、それらが一体となってバランスよく、そしてしみじみと広がる。感心して、誰も見てなきゃドンブリを前にして腕組しちゃいそうだ(笑)。スープが美味しいので、その分そこを泳ぐ麺の取り合わせがちょっと残念に思えてしまった。しゃきしゃきしていそうでちょっとぽそぽそするところもある細麺は、それ自体悪くはない。でもこのスープにはやっぱり、ちょい細めの中太麺を固めに湯掻いた感じのむっちりさも合いそうだなってね。それにしても、スープが旨いと、麺、スープ、スープ、って循環の食べ方になってくる。こうしてスープと麺や具が同時に減っていくのが、ラーメンの理想的な食べ方なのかもしれないね。ご馳走さま。 「麺好」 中野区弥生町2-52-8 03-3382-3132
column/02217

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*