洋食工房「陶花」で デミソースとろ玉子チキンライスのオムライス

touka.jpg商店街としてはちょっと有名でも、意外にお食事処に乏しい戸越銀座。ただ、池上線を越えて中原街道方向へちょっと足を伸ばすと、下町ックな味わいのイイ表情をみせるお店たちがぽつぽつと見付かります。そんな中の一軒「陶花」さんにお邪魔してみました。2階への階段を登り、押したカウベルのドアの先は素朴な佇まい。ご近所学生かもと思わせる先客がテーブル2卓を別々に占めていました。さーて。洋風南蛮漬け「白身魚のエスカベッシュ」でグラスの白ワインとか、「鴨のスモーク」で赤とかいう展開もありですけれど、今夜は何故だか断然オムライスな気分。「オムライス・デミグラスソース」に「オニオングラタンスープ」を添えてもらいましょう。香ばしく焦げたチーズを裂いて挿し込んだスプーンからはふはふと啜るスープは、脳裏に描いたものとぴったしのお味。えへへ、旨いじゃん。続いて届いたお皿には、小山を覆うとろろんとした黄色。陶器のソースパンに別盛りされたデミソースをどどっと廻しかけて貪るようにスプーンを動かします。中身もきちんとチキンライスなのにひとまず感心。デミソース+とろ玉子+チキンライスが全体でくどさのない優しい味わいなのですね。ホールの女性も厨房奥のコックコートのおふたりからも飾らない実直な印象が伝わってくる。自慢の品だという「特製ビーフシチュー」、生後2週間ほどの「乳飲み仔牛のステーキ」あたりも気になります。ランチのオムライスは包むタイプ、らしい。

「陶花」 品川区平塚2-13-7 2F 03-3785-4410 http://touka.togoshiginza.net/
column/02210

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*